Veeam Backup & Replicationによる3-2-1バックアップルールを適用する方法

どんなシステム管理もバックアップを必要とします。この原則は、どんな仮想環境(VMware、Hyper-V、その他何でも)にも当てはまります。つまり、バックアップは非常に重要だということです。

どんな障害シナリオにも効果的に対処できる永遠のルールの1つは、3-2-1バックアップ ルールです。このアプローチは、「いくつのバックアップファイルを保持すべきか?」、「バックアップファイルをどこに格納すべきか?」という2つの重要な質問に答えるのに役立ちます。

3-2-1バックアップ ルールとは、次のことを意味します。

  • データのコピーを少なくとも3つは作成する。
  • コピーを2つの異なるメヂアに格納する。
  • 1つのバックアップ コピーをオフサイトで保管する。
続きを読む