Veeam Backup & Replicationによる3-2-1バックアップルールを適用する方法

どんなシステム管理もバックアップを必要とします。この原則は、どんな仮想環境(VMware、Hyper-V、その他何でも)にも当てはまります。つまり、バックアップは非常に重要だということです。

どんな障害シナリオにも効果的に対処できる永遠のルールの1つは、3-2-1バックアップ ルールです。このアプローチは、「いくつのバックアップファイルを保持すべきか?」、「バックアップファイルをどこに格納すべきか?」という2つの重要な質問に答えるのに役立ちます。

3-2-1バックアップ ルールとは、次のことを意味します。

  • データのコピーを少なくとも3つは作成する。
  • コピーを2つの異なるメディア格納する。
  • 1つのバックアップ コピーをオフサイトで保管する。

3-2-1-JP

それでは、これらの鉄則を1つずつ詳細に説明しましょう。

1. データのコピーを少なくとも3つは作成する。

「3つのコピー」とは、プライマリ データ以外に少なくとも2つのバックアップを作成しなければならないという意味です。1つのバックアップだけで十分ではないのはなぜでしょうか。オリジナルデータをデバイス1に保存し、そのバックアップをデバイス2に保存しているとしましょう。両方のデバイスは同じ特性を持ち、統計的にそれぞれの障害は独立しています。例えば、デバイス.1の故障率が1/100であれば、両方のデバイスが同時に故障する確率は、次のようになります。

1/100 * 1/100 = 1/10,000

つまり、プライマリ データをデバイス1に保存し、2つのバックアップをそれぞれデバイス2とデバイス3に保存する場合、3つのデバイスすべてが同時に故障する確率は、次のようになります。

1/100 × 1/100 × 1/100 = 1/1,000,000

これが、データの複数のコピーがあれば、災害が発生してもデータを消失する危険性が低減する理由です。

2. コピーを2つの異なるメディア格納する。

上記のセクションでは、データのコピーを保存しているすべてのデバイスには、共通する故障原因がないことを前提としていました。しかし、プライマリ データとそのバックアップ゚を同じ場所に保存すると、この前提は明らかに成立しません。例えば、統計的に、同一のRAIDグループ内のディスクは独立していません。さらに、同じストレージでディスク障害が何度も発生することは珍しくありません。

これが、3-2-1ルールで、少なくとも2種類の異なるストレージにデータのコピーを保存することを提案している理由です。例えば、内蔵ハード ディスク ドライブリムーバブル ストレージ媒体 (テープ、外付けハード ディスク ドライブ、USBドライブ、SDカード、CD、DVD、またはフロッピー ディスク) に保存するか、または設置場所が異なる2台の内蔵ハード ディスク ドライブに保存します。

3. 1つのバックアップ コピーをオフサイトで保管する。

重要なのは、コピーを物理的に分離することです。外付けストレージ デバイスを運用ストレージと同じ場所に設置するのは、賢明な方法ではありません。万一火災が起これば (そうならないように)、すべてのデータを失うことになります。

中小企業の場合、バックアップファイルをクラウドに保管するのが賢い選択かもしれません。また、オフサイト テープも、あらゆる規模の企業で一般的に採用されている方法です。

3-2-1バックアップルール

3-2-1ルールは、非常に一般なルールであり、あらゆる種類のデータ (個人データと企業データ) 、およびあらゆる種類の環境 (物理環境と仮想環境) に有効です。

VMware/Hyper-V環境に対応するVeeamを使用している場合、このルールは「3-2-1-0バックアップ ルール」になります。0は「エラーなし」を意味します。なぜなら、VeeamのSureBackupがすべてのバックアップの復元可能性を自動的に検証するからです。

Veeam Backup & Replication™は、3-2-1バックアップ ルールのすべての要件を満たすのに役立ちます。

  • データのコピーを少なくとも3つは作成する。各VMware/Hyper-V仮想マシンについて複数のバックアップを作成するようにBackup Jobsを設定します。
  • コピーを2つの異なるメディア格納する。テープ、ディスク、およびクラウドなど、ここにリストした媒体にバックアップを格納することができます。
  • 1つのバックアップ コピーをオフサイトで保管する。組み込みWANアクセラレーションを使用して、バックアップをオフサイトにより速く転送するようにBackup Copy Jobs(バックアップコピージョブ)を設定するか、またはVeeam Cloud Connectを使用して、サービス プロバイダーのインフラストラクチャにバックアップを転送ます。

あなたは、ご使用の環境に3-2-1ルールを適用していますか?

関連するその他の製品・ソリューションはこちら

Microsoft 365のデータの包括的なバックアップをサポートする「Veeam Backup for Microsoft Office 365」。製品概要や利用シーン、成功事例はこちら。

Windowsベースのシステム、物理サーバー、クラウドインスタンス向けの包括的なバックアップおよび復元ソリューション「Agent for Microsoft Windows」。製品概要やエディション比較、成功事例はこちら。

SharePointのオブジェクトを迅速かつ簡単にリストアできる「Veeam Explorer for SharePoint」。製品概要や新機能、エディション比較、特長はこちら。

投資対効果が高く安全で、エンタープライズにも対応している、Microsoft Azureのバックアップ専用製品「Veeam Backup for Microsoft Azure」。製品概要や成功事例などはこちら。

Maria Levkina
Maria Levkina
Veeam Softwareのコミュニティ マネージャーであるMaria Levkina氏は、多種多様な分野で5年以上のIT経験があり、特に仮想化に重点的に取り組んでいます。Levkina氏は、過去数年間、データ保護の研究に深く携わり、仮想化がもたらすチャンスと課題に関して議論することを楽しみにしており、ITコミュニティにも積極的に参加しています。
More about author
Rate the quality of this Article:
5.00 out of 5 based on 1 vote
Please wait...
V10

Better Backup

Faster. Stronger. Smarter

Learn more