セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

新登場 Veeam Agents for Microsoft Windows, Linux, IBM AIX & Oracle Solaris

Veeam Agents for Microsoft WindowsLinux

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxについて教えてください。

Veeam® Agents for Microsoft Windows & Linuxは、WindowsとLinuxワークロードのハイパー・アベイラビリティを実現するために設計されたシンプルなバックアップ・エージェントです。物理ベースおよびクラウドベースのサーバーやワークステーションだけでなく、リモート・ユーザーが使用するエンドポイント・デバイスにもバックアップと復元を提供します。
Veeam Agent for Microsoft Windowsはスタンドアロン製品です。Veeam Backup & Replication™やVeeam Availability Suite™には含まれていません。

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux(すべてのバージョン)はVeeam Backup & Replicationとの統合も可能ですが、他のVeeam製品を購入しなくても機能するスタンドアロン製品です。Veeam Availability Suite™* と組み合わせることにより、Veeam Agents for Microsoft Windows** & Linuxは、仮想、物理、クラウドのすべてのワークロードを一元的に管理し、保護できます。

Veeam Agent for Microsoft Windowsを使用して物理サーバーをバックアップできますか?エンタープライズ物理サーバーのバックアップ用ツールとして使用できますか?

Veeam Agent for Microsoft Windowsの無償版では、Microsoft Windowsベースの物理サーバー(Windows Server 1803を含む)、ワークステーション、パブリック・クラウドのワークロードをバックアップできます。

Veeam Agent for Microsoft WindowsのすべてのバージョンでWindows Server 1803がサポートされていますが、サーバー・ライセンスには、サーバー特有の機能(アプリケーション認識処理、ファイルのインデックス作成と検索、サーバーに適したスケジュールおよび保持期間の設定など)が含まれており、エンタープライズレベルの物理サーバーのバックアップに最適です。

Veeam Agent for Linuxを使用して物理サーバーをバックアップできますか?エンタープライズ物理サーバーのバックアップ用ツールとして使用できますか?

Veeam Agent for Linuxの無償版では、Linuxベースの物理サーバー、ワークステーション、およびパブリック・クラウドのワークロードをバックアップできます。ただし、無償版にはサーバー特有のバックアップ機能は含まれていません。

Veeam Agent for Linuxでは、WorkstationおよびServerライセンスもご用意しています。WorkstationおよびServerライセンスには、24時間365日のテクニカル・サポートが含まれます。Serverライセンスには、さらにサーバー特有の機能(アプリケーション認識処理、複数ジョブのサポートなど)も含まれるため、エンタープライズ環境でのご使用に適しています。

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxの無償版を使用する場合、Veeamリポジトリにバックアップできますか?
はい、できます。Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxの無償版を使用する場合は、ライセンス供与されたVeeam Backup & ReplicationサーバーでサポートされるVeeamリポジトリにバックアップできます。ただし、Veeam エージェントの無償版と有償版を同時に使用してVeeamリポジトリにバックアップすることはできません。無償のエージェントを使用するのか、有償のエージェントを使用するのか、いずれかを選択する必要があります。
Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxのライセンスに最小購入要件はありますか?
Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxのワークステーション・ライセンスは、5ライセンス以上でご購入いただく必要があります。サーバー・ライセンスには、最小購入要件はありませんので、必要な数だけライセンスをご購入いただけます。
Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxに関するVeeamのサポート・ポリシーについて教えてください。

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxの無償ライセンスは、Veeamの無償製品サポート・ポリシーに基づいてサポートされます。Veeamはこのポリシーに従ってユーザーにサポートを提供するように努めますが、このサービスでは最終的な回答の提供や対応は保証していません。無償版製品で問題が発生した場合は、確認のため、製品画面からサポート・ケースを送信するか、専用フォーラムVeeam Agent for Microsoft WindowsまたはVeeam Agent for Linuxをご参照ください。

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxのワークステーションおよびサーバー・ライセンスには、1年間または5年間のライセンス期間中ご利用いただける24時間365日のテクニカル・サポートが含まれています。

Veeam Backup & Replicationとの統合で問題が生じた場合はどうすればよいですか?

問題がVeeam Agent for Microsoft WindowsやVeeam Agent for Linuxに起因するものでなく(一般的なVeeamバックアップ・リポジトリの問題など)、かつお客様が有効な保守契約を締結されている場合は、その問題がVeeam Agent for Microsoft Windows、Veeam Agent for Linux、Veeam Backup & Replicationのいずれに起因するものでも、通常どおりサポート・ケースをオープンすることができます。

問題がVeeam Agent for Microsoft WindowsやVeeam Agent for Linuxに関するもので、無償ライセンスをご利用の場合は、専用フォーラムVeeam Agent for Microsoft WindowsおよびVeeam Agent for Linuxをご参照いただくか、製品画面からサポート・ケースを提出してください。

Veeam Agents for Microsoft Windows & LinuxでVeeam Cloud Connectを使用できますか?
はい、できます。Veeam製品を使用したサービス・プロバイダー経由で、Veeam Cloud Connectリポジトリに物理環境およびワークステーションのバックアップを送信できます。

Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solaris

Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solarisとは何ですか?
Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solarisは、物理サーバーのバックアップとリストアを実現することにより、IBM AIXおよびOracleのワークロードのハイパー・アベイラビリティを確保するために設計されたバックアップ・エージェントです。両製品はスタンドアロン製品です。Veeam Backup & ReplicationやVeeam Availability Suiteには含まれていません。
Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solarisに最低購入要件はありますか?
サーバー・ライセンスには、最低購入要件はありませんので、必要な数だけライセンスをご購入いただけます。
Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solarisに関するVeeamのサポート・ポリシーはどうなっていますか?
Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solarisのサーバー・ライセンスには、購入されたライセンス期間分(1年~5年)の24時間365日対応のテクニカル・サポートが含まれます。
これらのエージェントをVeeam Backup & Replicationと統合することはできますか?
この初期バージョンはスタンドアロン製品であり、他のVeeam製品とは統合できません。また、Veeam Backup Repositoryにバックアップもできません。