セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

新登場  Veeam Agents for Microsoft Windows, Linux,
IBM AIX
& Oracle Solaris

価格とパッケージ

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux

Veeam® Agents for Microsoft Windows & Linux は、WindowsとLinuxのワークロードのハイパー・アベイラビリティを確保するために設計されたバックアップ・エージェントです。パブリック・クラウドまたはオンプレミスのどちらで運用されている場合もご利用いただけます。御社のビジネスニーズに最適な機能と柔軟性を提供できるよう、Veeam® Agents for Microsoft Windows & Linux では、ワークステーション・ライセンスとサーバー・ライセンスの他にも、複数のライセンス・オプションを用意しています。

初期費用を抑えるサブスクリプション・ライセンス

Veeamでは、技術的にも予算的にも皆様の要件に応えられるよう、Veeam Agents for Microsoft Windows/Linux用に柔軟な価格体系とライセンス・モデルを用意しています。各ライセンスには、24時間365日の保守サポート(テクニカル・サポートと製品アップデート)が含まれます。

サブスクリプション・ライセンスに関するFAQ(Veeamエージェント)

  • Veeam Agent for Microsoft Windows
  • Veeam Agent for Linux
機能
FREE
ワークステーション
サーバー
メモ
バックアップの種類
コンピュータ全体
      ゲスト上からファイルレベルとボリュームレベルの 両方でイメージベースのバックアップを実行でき ます。
システム状態      
ボリュームレベル
     
ファイルレベル
     
ベアメタル復元
同一のハードウェアまたは異なるハードウェアへの復元
      システム全体を同一のハードウェアまたは異なるハ ードウェアに復元します。
小容量または大容量ディスクへの復元
      圧縮と拡張の両方のオプションがサポートされ、 復元時にボリューム・サイズを変更できます。
ボリュームレベルの復元
ボリュームレベルの復元
      故障したドライブまたはパーティションを復元し ます。
ファイルレベルの復元
ファイルレベルの復元
      個々のファイルを数分で復元します。
Veeamリカバリ・メディア
ブータブル・リカバリ・メディア
      コンピュータが起動できなかった場合に活用できる 復元ツールを含む、ブータブル・リカバリ・イメージを 作成します。
元のOSからのドライバの収集
      元のオペレーティング・システムのドライバを含める ことができます。
パスワード消失からの保護 NEW
      復号鍵をリカバリ・メディアに含めることにより、暗号 化されたバックアップからシームレスなベアメタル復 元を実現します。
アプリケーション認識処理
アプリケーション認識処理 NEW
      トランザクション・ログの切り捨てを含む高度なアプ リケーション認識処理により、アプリケーション整合 性バックアップを作成します。
ファイルのインデックス作成および検索 NEW
      個々のファイルを簡単に検索できるファイルのカタ ログによって、ファイルの正確な場所やファイルの 削除日時がわからなくても、ファイルを検出して復 元することができます。
トランザクション・ログのバックアップ NEW
      Microsoft SQLとOracleデータベースにおける短い RPOを達成します。
バックアップ先
ローカル・ストレージ
      ローカル接続されたストレージにバックアップし ます。
USBメディア
      バックアップ・ファイルを複数の外部ハード・ドライブ に保存できます。
共有フォルダ
      SMB共有にバックアップします。
Veeam backup repository 4
      Veeam Backup RepositoryをVeeam Agent for Microsoft Windowsバックアップ・ジョブの保存場所と して最大限に活用できます。
Veeam Cloud Connect repository NEW
      お客様が選択したVeeam提携のサービス・プロバイ ダーを通じて、クラウドへのバックアップとクラウドか らの復元を完全に統合された高速かつ安全な方法 で実行します。
Microsoft OneDrive 5 NEW
一部サポート
    Microsoft OneDriveに直接バックアップすること で、Windowsベースのワークステーションと物理サ ーバーのワークロードに適した安全なクラウドベー スのストレージに簡単にアクセスできます。
モバイル・ユーザー向けのエンドポイント保護
バックアップ・キャッシュ NEW
      指定のバックアップ先が使用できない場合にローカ ル・キャッシュへバックアップし、接続が再確立され てから、キャッシュしたバックアップと同期します。
バックアップ・オプション
合成フル NEW
      永久増分バックアップを作成することで定期的なフ ル・バックアップの取得を不要にし、時間とストレー ジを削減します。
アクティブ・フル NEW
      バックアップ・ジョブの設定で定期的なアクティブ・フ ル・バックアップをスケジューリングすることにより、 企業ポリシーに対応します。
スタンドアロン・フル
      世代管理の影響を受けることなく、いつでも任意の 場所にフル・バックアップを保存できます。
ソース側での暗号化 NEW
      ソース側での暗号化により、バックアップ処理に悪 影響を与えることなくバックアップ・データとネットワ ーク転送を保護します。
圧縮と重複排除 NEW
      組み込みの重複排除により、バックアップ・ストレー ジ要件とネットワーク・トラフィックを削減します。複 数の圧縮オプションにより、パフォーマンスとストレ ージ使用量のバランスを調整することができます。
CBT(変更ブロック・トラッキング)ドライバ 5 NEW       バックアップ・パフォーマンスを最適化し、Windows ベースのサーバー・ワークロードのRTOを低減し ます。
保持世代
コンピュータが使用された日数
      コンピュータが稼働していた日数に基づく使いやす い世代管理を提供します。
リストア・ポイント NEW
      サーバーベースの世代管理ロジックを活用して、 最も重要なサーバー・アプリケーションを保護し ます。
スケジュール
日次のスケジュールとバックアップ・イベント
      毎日、またはバックアップ・イベントを介したユーザ ーのアクティビティに基づいてノートPCとデスクトップ PCを保護します。
継続的、日次、週次、月次のスケジュール NEW
      重要なアプリケーション・サーバーを必要な頻度で バックアップできるよう設計された柔軟なオプション から選択できます。
バックアップ・ウィンドウの調整 NEW
      バックアップ・ジョブの間隔を定義して、稼働中の アプリケーションの不要なオーバーヘッドを回避し ます。
ジョブの進捗と状態
トレー・アプリケーション
      UIに触れることなく、バックアップ・ジョブの最新の状 態を追跡します。
組み込みの電子メール通知
      バックアップ・ジョブのステータス・レポートを電子メ ールで受け取れます。保護されたWindowsインスタ ンスの保護状態を確認するために、それぞれのイ ンスタンスにログオンする必要はありません。
導入と構成
サイレント・インストールとアップグレード
      無人モードでエージェントの展開やアップグレードを 実行できます。
構成API NEW
      シンプルなコマンドライン・インターフェイスを利用し てエージェントを構成できます。
Veeam Backup & Replicationとの統合™ 1,3,4
Veeamエージェントの一元的な導入と管理 2,5 NEW       Veeamエージェントの検知、導入、および集中管理 により、すべてのVeeamバックアップおよび復元の 可視化や、ミッションクリティカルなMicrosoftフェー ルオーバー・クラスター、SQL Serverベースのフェー ルオーバー・クラスター、SQL Always On Availability グループ、およびExchange Database Availabilityグ ループのトランザクション・レベルの整合性を保持し た保護が可能です。
管理ジョブ
      サーバーとフェールオーバー・クラスターのバックアップ・アクティビティを制御および管理します。
管理ポリシー
      ラップトップおよびデスクトップ間におけるバックアップ・ジョブの設定の作成と分配を行います。
アプリケーション・アイテムの復元
一部サポート
一部サポート
  Veeam Explorer™を利用してMicrosoft Active Directory、 Exchange、 SharePoint、 S Q L Server、Oracleのアイテムの検索と復元を実行でき ます。
仮想ディスクとしてエクスポート
      VMDK、VHD、またはVHDXファイルとしてコンピュー タ・ディスクを復元できます。 
Microsoft Hyper-V VMへのインスタント・リストア NEW
      Veeam Agent for Microsoft Windowsのバックアップ・ ファイルから直接仮想マシン(VM)を起動すること により、ユーザーへのサービスを短時間で再開しま す。
Veeam Restore to Microsoft Azure NEW
      オンプレミス、Windowsベースの物理サーバー、ワ ークステーション、エンドポイントをMicrosoft Azure に直接復元または移行します。
検索およびワンクリック・リストア NEW
  一部サポート
  Web UIからワンクリックだけで、ゲスト・ファイルと VMを復元します。
セルフサービス・ポータル NEW
一部サポート
一部サポート
  バックアップ自動検出機能と、ローカルの管理者グ ループ・メンバーシップに基づく自動委任機能を備 えたファイル復元ポータル。
サポートされるOS
Windows 7 SP1、8、8.1、10、および10 April 2018 Update
      最新のMicrosoftオペレーティング・システムを完全 にサポートしているため、安心してアップグレードで きます。
Windows Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2、2016、1803
     
テクニカル・サポート
24時間365日のテクニカル・サポート NEW
ベスト・エフォ ート
    必要なときにエンタープライズ・クラスのテクニカル・ サポートをご利用いただけます。

1 Veeam Backup & Replication 9.5 Update 2以降が必要です

2 Veeam Backup & Replication 9.5 Update 3以降が必要です

3 Veeam Backup & Replicationの同じインストール環境内において、無償ライセンスを有償ライセンスと同時に使用することはできません

4 Veeam Backup Repositoryを保存場所として使用するためには、Veeam Agent for Microsoft Windows FREEに有効なVeeam Backup & Replicationライセ ンスが必要です

5 Veeam Agent for Microsoft Windows 2.2をワークステーションのオペレーティング・システムにインストールする必要があります

機能
ワークステーション
サーバー
バックアップ
コンピュータ全体
   
ボリュームレベル
   
ファイルレベル
   
組み込みのボリューム・スナップショット
   
組み込みのCBT(変更ブロック追跡)ドライバ
   
復元
ベアメタル復元
   
ボリュームレベルの復元
   
ファイルレベルの復元
   
仮想ディスクとしてエクスポート
   
Veeamリカバリ・メディア
ブータブル・リカバリ・メディア
   
復元メディアへのファイル追加 NEW
   
元のOSからのドライバの収集
   
バックアップ先
ローカル・ストレージ
   
共有フォルダ
   
Veeam backup repository 1,2
   
Veeam Cloud Connect repository 3  NEW
   
Veeam Scale-out Backup Repository 3  NEW 
   
バックアップ・オプション
複数ジョブのサポート
   
ソース側での暗号化 NEW
   
ファイルのインデックス作成および検索 2
   
圧縮
   
プレスクリプト/ポストスクリプトのスナップショット・スクリプト
   
プレ/ポスト・ジョブスクリプト
   
スケジュール
   
導入と構成
あらかじめ組み込まれ、デジタル署名されたバイナリ 6  NEW
   
コンソールUIまたはコマンド・ラインを使用した構成、バックアップ、復元
   
Veeam Backup & Replicationとの統合 1,2,3
集中管理 NEW
   
ライセンス配布サーバー
   
仮想ディスクとしてエクスポート
   
Direct Restore to Microsoft Azure
   
検索およびワンクリック・リストア
   
サポートされるディストリビューション
Red Hat Enterprise Linux 6.0 – 7.5
   
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4, 12 (SP1 – SP3)
   
SUSE Linux Enterprise Server for SAP 11 SP4, 12 (SP1-SP3)
   
Oracle Linux RHCK 6.0 - 7.5
   
Oracle Linux UEK R1 - R4 U7
   
Debian 6.0 – 9.4
   
Ubuntu 10.04 – 18.04
   
CentOS 6.0 - 7.5
   
Fedora 23 – 28
   
openSUSE 11.3 – 15
   
openSUSE Leap 42.2, 42.3
   
テクニカル・サポート
24時間365日のテクニカル・サポート
   

1 Veeam Agent for Linux FREEでVeeam Backup Repositoryを保存場所に使用するには、Veeam Backup & Replicationの有効なライセンスが必要です

2 Veeam Backup & Replication 9.5 Update 2以降が必要です

3 Veeam Backup & Replication 9.5 Update 3以降が必要です

4 Veeam Backup & Replicationの同じインストール環境内において、FREEライセンスをWorkstationライセンスおよび/またはServerライセンスと同時に使用することはできません

5 自動展開でサポートされるすべてのディストリビューションの一覧については、Veeam Backup & Replication 9.5 Update 3のユーザー・ガイドを参照してください

6 Fedora、openSUSE 11.3~13.2、Oracle Linuxディストリビューションではバイナリは提供されません

ご購入について:

small_enterprise.svg
中小企業のお客様:
既存のVeeam Backup Essentials™にVeeam Agent for Microsoft Windows/Linuxの追加をご検討ですか?
current_customer.svg
すでにご使用中のお客様:
既存のVeeam Backup & ReplicationまたはVeeam Availability Suite™にVeeam Agent for Microsoft Windows/Linuxの追加をご検討ですか?
service_providers.svg
サービス・プロバイダーのお客様:
Veeamでは、ホスティング、マネージド・サービス、およびクラウド・サービスのプロバイダー向けに特別価格のライセンスを提供しています。

ライセンスと更新

Veeam Agent for Microsoft Windows/Linuxは、導入先がパブリック・クラウド、物理サーバー、またはワークステーションのいずれであるかを問うことなく、導入されるエージェントごとにライセンス供与されます。ライセンスは事前に購入することも年単位で料金を支払うこともでき、24時間365日の保守サポート(エンタープライズ・クラスの技術支援と製品アップデート)が含まれます。保守サポートは、1年間から5年間のサブスクリプション期間中有効です。Veeam Agent for Microsoft Windows/Linuxの無償ライセンスについては、Veeamの無償製品サポート・ポリシーに従ってサポートが提供されます。

更新の時期ですか?複数年更新を購入すると、Veeamライセンスの更新費用を最大10%節約できます。サポートの更新オプションと割引価格については、担当営業にお問い合わせください。