セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

Veeam Availability Console for Service Providers

Veeam Availability Console for Service Providersに関するFAQ

Veeam Availability Console for Service Providersとは何ですか?

Veeam® Availability Console for Service Providersは、サービス・プロバイダー向けのクラウド対応プラットフォームです。Veeam Cloud Connectフレームワークを活用するこの管理コンソールにより、以下を実現します。

  • お客様の仮想、物理、クラウドベースのVeeamアベイラビリティ・サービスをプロビジョニングして管理することで、売上を伸ばし付加価値を創出
  • お客様のバックアップとレプリカをマルチテナントのWebベースのポータルで一元的に管理、監視して、生産性と効率を最大化
  • マネージド・サービスおよびクラウド・リポジトリの使用量に関する、すぐに使える課金および請求機能により、ビジネス全体を詳細に把握
どのようなユーザーを対象としていますか?
Veeam Availability Console for Service Providersは、Veeam製品を使用したマネージド・バックアップ・サービスの提供を希望するサービス・プロバイダーだけでなく、マネージド・バックアップ・サービスを立ち上げようとしているリセラーを対象としています。
どのような機能が搭載されていますか?

Veeam Availability Console for Service Providersは、サービス・プロバイダーのビジネスの管理と維持を容易にするさまざまな機能と特徴を備えています。

  • 容易なセットアップ— プロバイダー独自の環境でもパブリック・クラウドでも、複数の顧客環境を容易に登録、区別、一元管理できます。
  • 柔軟な検出および導入オプションにより、顧客の環境内のすべてのコンポーネントを容易に識別し、Veeamによる仮想、物理、およびクラウドベースのアベイラビリティ・ソリューションを展開。
  • VPNを使わずに、単一の強力なWebベースUIによって、顧客のVeeamベースのバックアップとレプリカをリモートで強力に監視および管理。
  • 合理化されたレポート機能と課金機能により、顧客の環境、ワークロード、使用状況、課金をリアルタイムで完全に可視化。
  • RESTful APIによってVeeam Availability Consoleのデータを既存のポータル、アプリケーション、ワークフローと統合するとともに、共通の日常的なタスクを自動化。
  • 権限を有する管理者およびユーザーのための安全なマルチテナントのポータルを介したセルフサービスの管理と監視。
どこに展開できますか?
Veeam Availability Console for Service Providersは、サービス・プロバイダーのプライベート・インフラストラクチャに展開できるほか、パブリック・クラウドに展開できます
前提条件はありますか?

Veeam Availability Console for Service Providersを使用するには、事前にVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)プログラムにご登録いただく必要があります。サインアップは無料で、わずか数分で登録完了します。

今すぐサインアップを!

Veeam Availability Console for Service Providersで管理できるのはどのVeeam製品ですか?
Veeam Availability Console for Service Providersの最新バージョンでは、Veeam Backup & Replication™ v9 U1以降と、Veeam Agent for Microsoft Windows 2.0をリモートで管理および監視できます。Update 1では、Veeam Agent for Linuxを含め、Veeam Backup & Replicationによって管理されるVeeamエージェントの監視サポートが含まれます。Veeam Agent for Linuxの完全なサポートは2018年中に計画されています。
別のVeeam製品と統合されていますか?
Veeam Availability Console for Service Providersは無償のスタンドアロン製品ですが、Veeam Cloud Connect for Service Providersと緊密に統合されているため、顧客のバックアップ・インフラストラクチャをリモートから監視および管理できるだけでなく、そのバックアップをホステッド・バックアップ・リポジトリに送信することができます。
Veeam Availability ConsoleをVeeam以外の製品と統合できますか?

RESTful APIを使用して、Veeam Availability Consoleを既存のポータル、サードパーティ製アプリケーション、およびワークフローと統合できます。また、Swagger APIフレームワークとも統合されるため、RESTful APIを使用してサービス・プロバイダーが容易に可視化、確認、操作できます。

Update 1では、Veeam Availability ConsoleはConnectWise Manageとのネイティブ統合を備えているため、サービス・プロバイダーは顧客に付加価値を容易に提供でき、複数のサービスの管理、監視、課金を統合して一元化することで、管理の手間も軽減できます。

Veeam Availability Console for Service Providersに関するVeeamのサポート・ポリシーはどうなっていますか?
VCSPパートナーの場合、パートナー様の成功を実現するために必要なすべてのテクニカル・リソースにアクセスできます。Veeam Availability Console for Service Providersには、無償の24時間365日のテクニカル・サポートのほか、VCSPフォーラムへのアクセスが含まれます。VCSPフォーラムでは、ほかのサービス・プロバイダーに質問をしたり、アイデアを共有したり、Veeam製品のエキスパートからアドバイスを受けたりすることができます。

他にご不明な点がある場合は、

ライブ製品デモをご覧いただくか、Veeamセールス担当者にお問い合わせください。