https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvYXZhaWxhYmlsaXR5LWNvbnNvbGUtc3VwcG9ydGVkLWVudmlyb25tZW50cy5odG1sIiwiaGFzaCI6ImQ0Y2Q3NWY5LTYxYjktNGEzNS04NjVhLTJhMTU3NThiYzU5MSJ9

システム要件

特に記載のない限り、サードパーティのソフトウェアについては全て、最新のアップデートおよびパッチレベルを使用してください。

Veeam Service Provider Console

Veeam® Service Provider Consoleをインストールするマシンの要件は、以下のとおりです。

ハードウェア

  • CPU:最新のx64プロセッサ(最小4コア)
  • メモリ:4 GB RAM(最小)、8 GB RAM(推奨)

ソフトウェア

  • Microsoft SQL Server 2019、2017、2016、2014、2012(SQL Server Express 2012 SP4とSQL Server Express 2016 SP2はセットアップに含まれます)
  • Microsoft SQL Server 2012 Native Client(セットアップに含まれます)
  • Microsoft SQL Server 2014 System CLR Types(セットアップに含まれます)
  • Microsoft .NET Framework 4.7.2(セットアップに含まれます)
  • Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IIS)7.0以降
  • Windowsインストーラー5.0
  • Microsoft PowerShell 5.0以降
  • Microsoft Edge(最新バージョン)、Mozilla Firefox(最新バージョン)、Google Chrome(最新バージョン)
  • Microsoft Report Viewer 2015(セットアップに含まれます)
  • PDFビューアー(レポートの表示用)

OS
サポートされるのは、次のオペレーティングシステムの64ビット版のみです。

  • Microsoft Windows Server 2019
  • Microsoft Windows Server 2016 
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 
  • Microsoft Windows Server 2012 
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 
  • Microsoft Windows Server 2008 SP2 
  • Microsoft Windows 10(バージョン1803以降)
  • Microsoft Windows 8.x
  • Microsoft Windows 7 SP1

:Veeam Service Provider Consoleは、Microsoft Windows Server Coreを実行しているマシンにはインストールできません。

Veeam Cloud Connect

Veeam Service Provider Consoleは、Veeam Cloud Connectと統合しますが、バックアップインフラストラクチャに次のコンポーネントが展開されている必要があります。

プラットフォーム

  • Veeam Backup & Replication™
  • VMware Cloud Director

ソフトウェア

  • Microsoft PowerShell 5.0以降

インフラストラクチャ

  • Veeam Backup & Replication v11(推奨)
  • Veeam Backup & Replication v10、またはそれ以降のビルド(互換性あり)
  • Veeam Backup & Replication 9.5 Update 4、またはそれ以降のビルド(互換性あり)
  • VMware Cloud Director 10.x(10.2まで)
  • VMware Cloud Director 9.7
  • VMware Cloud Director 9.5

プラグイン

プラットフォーム

  • ConnectWise Automate
  • ConnectWise Manage
  • Grafana

インフラストラクチャ

  • ConnectWise Automate 20以降
  • ConnectWise Manage 2020.1以降
  • Grafana 6.5以降

管理エージェント

Veeam Service Provider Console管理エージェントを実行するマシンの要件は次のとおりです。

ハードウェア

  • CPU:x86-64プロセッサアーキテクチャ
  • メモリ:2 GB RAM

Windows OS
次のオペレーティングシステムの64ビット版と32ビット版(該当する場合)の両方がサポートされます(ただし、サーバーOS用のServer Coreインストールは除く)。

  • Microsoft Windows Server 2019 
  • Microsoft Windows Server 2016 
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 
  • Microsoft Windows Server 2012 
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 
  • Microsoft Windows 10 
  • Microsoft Windows 8.x 
  • Microsoft Windows 7 SP1 

ソフトウェア

  • Microsoft .NET Framework 4.6以降(Windowsコンピューター)

ハードウェア

  • CPU:x86-64プロセッサアーキテクチャ
  • メモリ:2 GB RAM

Linux OS

  • Linuxカーネル2.6.32~5.7.7.

次のオペレーティングシステムの64ビット版と32ビット版(該当する場合)の両方がサポートされます。

  • Debian 9.0~10.5
  • Ubuntu 14.04、16.04、18.04、20.04*、20.10*
  • RHEL 6.0~8.3
  • CentOS 6.0~8.3
  • Oracle Linux 6~8.3
  • Oracle Linux 6(UEK R1から)~Oracle Linux 8.3(UEK R6まで)
  • SLES 12 SP2~15 SP2
  • SLES for SAP 12 SP2~15 SP2
  • Fedora 32
  • openSUSE Leap 15.2
  • openSUSE Tumbleweed

1ご利用のディストリビューションで提供されているカーネルを使用する場合に限り、次の制限事項があります。

  • Fedoraは、カーネル5.7.7までサポートされています。
  • openSUSE Tumbleweedは、カーネル5.7.7までサポートされています。
  • CentOS/RHELおよびOracle Linux(RHCK)でのLinuxカーネル2.6.32-754.6.3はサポートされていません。
  • カーネルバージョンが5.8以降のUbuntu 20.04および20.10では、ファイルレベルのバックアップモードのみに対応します。

ハードウェア

  • IntelベースのCPU
  • ARMベースのCPU(Rosettaエミュレーターによる試験的サポート)

macOS

  • バージョン10.13以降(macOS 10.13 High Sierra macOS 11 Big Sur)

ネットワーク

  • 32 kbit/s:Veeam Agent for Microsoft Windowsの管理時
  • 32 kbit/s:Veeam Agent for Linuxの管理時
  • 32 kbit/s:Veeam Agent for Macの管理時
  • 64 kbit/s:Veeam Backup & Replicationの管理時

管理対象コンピューター

Veeam Service Provider Consoleで管理できるVeeam製品は次のとおりです。

プラットフォーム

  • Veeam Agent for Microsoft Windows 5.0
  • Veeam Agent for Microsoft Windows 4.0(互換性あり)
  • Veeam Agent for Linux 5.0
  • Veeam Agent for Mac 1.0
  • Veeam Backup & Replication v11
  • Veeam Backup & Replication 10.x
  • Veeam Backup & Replication 9.5 Update 4以降(互換性あり)
  • Veeam Backup for AWS 3.0(互換性あり、Veeam Backup & Replicationプラグインを使用)
  • Veeam Backup for AWS 2.0(Veeam Backup & Replicationプラグインを使用)
  • Veeam Backup for Microsoft Azure 2.0(Veeam Backup & Replicationプラグインを使用)

ネットワーク

IP範囲オプションに基づくリモートネットワーク検出ルールについて、検出されたコンピューターで次のファイアウォール規則が有効になっている必要があります。

  • ファイルとプリンターの共有(SMB受信)、TCPポート445
  • Windows Management Instrumentation(WMI受信)
  • スケジュールされたリモートタスク管理(RPC、RPC-EPMAP)。受信。TCP、RPC動的ポートファイアウォール規則。
  • TCPポート6180(クラウドゲートウェイとの接続の確立に必要)
  • TCPポート22(Linux OSを実行しているコンピューターとのSSH接続の確立に必要)

ソフトウェア

  • Veeam Management Agent