NEW

Veeam Availability Console v3

  • 直感的なRMM
  • ライセンスとレンタル使用のワークフロー
  • RESTful API
  • 顧客やパートナーのセルフサービス
今すぐダウンロード

サービスプロバイダー向けの
無償提供

サービスプロバイダーの収益を拡大

Veeam® Availability Consoleには、Veeam製品を使用したサービスの立ち上げに必要なものが全て含まれています。顧客のオンプレミス環境に対応したリモートのマネージドサービスの提供も、自社で提供しているマルチテナントのサービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)サービスや、クラウドバックアップサービス、ディザスタリカバリサービス(DRaaS)の管理も、Veeam Availability Consoleなら実現可能です。

Veeam Availability Consoleは、Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)プログラムのパートナーを対象に無償で提供しています。プログラムには無償で参加できます。また、購入義務もありません。

1つのプラットフォームで、Veeamによるサービスを提供

顧客の登録と課金

顧客アカウントの作成と管理が可能です。サービスごとやプランごとの課金設定もシンプルになりました

検出とポリシー設定

顧客のデバイス検出やバックアップポリシーの設定も手軽に行え、サービス提供の標準化を実現します

ライセンスと使用のワークフロー

お使いのVeeam設備にライセンスエンジンを> 活用して、毎月のVCSPレンル使用状況のレポートを簡単に

リモートでの監視と管理

強力なWebベースUIで、オフィスにいながらマネージドバックアップが可能です

自動化とAPI

VMware vCloud DirectorやConnectWiseなどの プラットフォームとの統合を利用したり、 RESTful APIで独自の統合を構築したりすることもできます

セルフサービスポータル

顧客や再販/MSPパートナーは、 適切なレベルのセルフサービスアクセスを安全に利用できます

顧客にさらなる価値を

バックアップと復元サービスに対する今日の状況では、より多くの価値がプロバイダーから提供されることが求められています。高いサービス・レベル・アグリーメント(SLA)が求められ、オフサイトのバックアップオプションが期待されるなか、IT環境はますます複雑化しており、プロバイダーは顧客の期待に応え(そしてそれを超え)ることができる、他にはない機能を求めています。

Veeam Availability Consoleなら大規模なサービス提供を自動で行えるほか、マルチテナントでバックアップをオフサイトのクラウドに保存でき、繰り返し可能なレポートでSLAの達成も証明することができます。Veeamと提携することで、トップであり続けるために必要なイノベーションに出会えるでしょう。

お使いのVeeam設備にVeeam Availability Consoleをスナップ

Veeam Backup & Replication

ジョブの設定や、フェイルオーバープランの実行、データ保護のステータスレポートなど、Veeam Backup & Replication™のインフラストラクチャを一元管理できます。

ユーザーガイド

Veeam Agents

Veeam Backup & Replication経由で展開されたVeeam Agents for Microsoft Windows & Linux も、Veeam Availability Consoleで監視できます。さらに、Veeam Agent for Microsoft Windowsの場合、Veeam Availability Consoleから一元展開して、物理ワークロードやハイパースケールなクラウドベースのワークロードのデータ保護を行うことができます。

ユーザーガイド

Veeam Cloud Connect

クラウドリポジトリやクラウド・ホスト・リソースを、クライアントはもちろん、再販/ホワイト・ラベル・パートナーにも公開します。これによって、消費リソースに対する重要な管理は引き続きプロバイダー側で行いながら、顧客やパートナー側でも各状況に対応することができます。

ユーザーガイド

何かお困りですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えをお調べいただけます

Veeamコミュニティフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます