セールス・ホットライン: 1-800-691-1991 8am - 8pm ET
日本語

新登場 Veeam Availability Suite 9.5

Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEを含む

Veeam Availability Suiteに関するFAQ

Veeam Availability Suite 9.5とはどのような製品ですか?
Veeam Availability Suite™ 9.5には、仮想、物理、クラウドの、あらゆるワークロードのアベイラビリティを1つの管理コンソールから実現する強力な機能が新たに搭載されています。Veeam Availability Suiteは、Veeam Backup & Replication™ のバックアップ機能、復元機能およびレプリケーション機能とVeeam ONE Hyper-Available Enterprise™ を実現するためのインテリジェント・データ・マネジメントを提供し、今日のサービスレベル目標に組織が対応できるよう支援します。
Veeam Availability Suite 9.5にはどのような新機能がありますか?

Veeam Availability Suiteの最新リリースでは、仮想、物理、クラウドのあらゆるワークロードを管理・保護する機能を提供し、クラウド・データ管理の定義を見直します。含まれる機能は次のとおりです。

  • Veeam Cloud Tier NEWによるネイティブのオブジェクト・ストレージ・インテグレーションで、長期データの保持コストを最大10倍削減
  • Veeam Cloud Mobility NEWで、オンプレミスやクラウドベースのあらゆるワークロードをAWS、Azure、Azure Stackに簡単に移行、復元
  • Veeam DataLabsENHANCEDで、GDPRやマルウェア防止など、セキュリティおよびコンプライアンスを強化
  • Veeam ONEのインテリジェントな診断機能で、設定の問題を事前予防的に解決することで、管理コストとサポート・コストを削減
  • Microsoft Windows 2019のサポート
  • vSphereのRBACサポート
  • その他多数の機能。
Veeam Availability Suiteを購入しなくても、バックアップ向けの高度な監視、レポート作成、およびキャパシティ・プランニングの機能を使用できますか?
これらの新しい機能は、バージョン6.5以降のVeeam Backup & Replicationと、同じくバージョン6.5以降のVeeam ONEが導入されている環境でのみ使用できます。また、9.5の統合機能をすべて利用するには、両方の製品のバージョンが9.5でなければなりません。
Veeam Availability SuiteをVMware vSphere環境とMicrosoft Hyper-V環境で使用した場合、価格に違いはありますか?
いいえ。Veeamは、すべてのハイパーバイザーに対して同一の価格を設定しています。
使用している仮想環境にVMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vの両方が実装されている場合はどうなりますか?
Veeamのライセンスはハイパーバイザー固有ではありません。はじめに、仮想環境で必要な数の永久ライセンスのソケットまたはサブスクリプション・インスタンスを購入します。購入したライセンスは、任意の数や組み合わせで、VMware vSphere環境やMicrosoft Hyper-V環境に使用できます。 
Veeam Availability SuiteからLinuxベースのエージェントとWindowsベースのエージェントを管理するには、どのようなライセンスとインストールが必要ですか?
エージェント管理機能を利用するには、Veeam Backup & Replicationと一緒にVeeam Agent for Microsoft Windows 2.1以降、Veeam Agent for Linux v2以降の再配布可能なパッケージのインストールが必要です。エージェント・ライセンスはサブスクリプション・ベースで利用可能で、LinuxまたはMicrosoft Windowsベースのワークロードに利用できます。
Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)の詳細はどこを見ればわかりますか?
エンド・ユーザーのお客様には、こちらのFAQをご利用いただけます。VCSP導入に特化した情報の詳細については、Veeam営業担当者にお問い合わせください。

ライセンス

ライセンス供与の基準やライセンス用語など、Veeamのライセンスに関する一般的な情報については、こちらを参照してください
Veeam Availability Suiteのライセンス体系はどのようになっていますか?

Veeam Availability Suiteは、次の2つの方法で購入できます。

  1. ソケット単位の永久ライセンス(基本保守サポートまたは本番保守付き)をご利用いただく方法
  2. ポータブルなインスタンス・ライセンス(24時間365日のプロダクション・サポート付き)をご利用いただく方法

特定の機能は、環境やワークロードの性質によっては、サブスクリプション・ライセンスでしか利用できない場合があります。

Veeam Availability Suiteの永久ライセンスは、バックアップ、レプリケーション、監視またはレポートの対象となる仮想マシン(VM)があるホストのCPUソケット単位でライセンス供与されます。ハイパーバイザAPIによって報告される、マザーボード上のソケットごとにライセンスが必要です。

インスタンス・ライセンスは、ポータブルなサブスクリプション・ライセンスで、バンドルで販売されています。これらのインスタンスは多数の製品やワークロードにわたり相互にご利用いただけます。1年~5年のインスタンス・ライセンス期間があり、インスタンス・ライセンス・バンドルを前払いで購入するか、1年ごとに支払うかをお選びいただけます。ポータブル・インスタンス・ライセンスの詳細はこちら

注:レプリケーション・ジョブおよび移行ジョブのターゲットとなるホストのライセンスは必要ありません。

Veeam Availability Suite用の単一のライセンス・ファイルはありますか?
はい、ございます。ご自身でインストールする単一のライセンス・ファイルには、Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEの2つのコンポーネントが含まれます。各コンポーネントには、同じ種類のライセンスを持つ同じエディションのライセンスが適用されている必要があります。
個別にライセンス供与される製品コンポーネント(バックアップ・サーバー、バックアップ・プロキシ、バックアップ・リポジトリなど)はありますか?
ありません。製品コンポーネントは個別にライセンス供与されません。適切なソケット数またはVMの台数分のライセンスを購入すれば、これらのコンポーネントを必要な数だけ実装できます。
環境内に複数のエディションを混在させることができますか?

できません。同じ物理ロケーションで使用できるのは、Standard、Enterprise、またはEnterprise Plusのエディションのうちいずれか1つだけです。また、1つのVeeam Backup Enterprise Managerで複数のロケーションを管理する場合、ライセンスを取得するエディションは、それらのロケーションですべて同一でなければなりません。

この要件は、マルチハイパーバイザー環境および、永久ライセンスやインスタンス・ライセンスが一部含まれる環境など、全てのVeeam Backup & Replication導入に適用されます。

既存のお客様がEnterpriseまたはEnterprise Plusにアップグレードしたい場合、1つにまとめたライセンス・ファイルを受け取るには、現行のライセンスをすべてアップグレードする必要があります。

9.5 Update 4のインストール時に、何か必要な処理はありますか?
はい。2019年1月22日より前に既にサブスクリプション・ライセンスをお持ちのお客様は、Veeam Availability Suite™、Veeam Backup & Replication、Veeam ONE™の9.5 Update 4のインストール時にライセンスファイルを更新していただく必要があります。この処理は、ユーザー・ポータルで行います。詳細は、サポートにお問い合わせください

アップグレード

Veeam Backup & Replicationを使用していますが、Veeam Availability Suiteにアップグレードしたいと考えています。どのようにアップグレードできますか?

Veeam Backup & Replicationの永久ライセンスが供与されており、保守契約期間中のお客様、およびサブスクリプション・ライセンスを供与されているお客様であれば、既にVeeam Backup & Replicationを購入されていることを考慮した価格で、Veeam Availability Suiteにアップグレードできます。アップグレードを依頼される場合は、こちらをクリックしてVeeam営業担当にご連絡ください。

永久ライセンスを保有されている場合、アップグレードには、1年間のVeeam ONEベーシック・サポートが含まれます。Veeam Availability Suiteのすべてのコンポーネントのサポート契約満了日を同一にするには、Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEのライセンスの保守期間を合わせる必要があります。サブスクリプション・ライセンスおよびインスタンス・ライセンスのアップグレードに関心がある方のために、既にサポートが含まれています。

また、9.5の統合機能をすべて利用するには、両方の製品のバージョンが9.5でなければなりません。

ライセンスを別のエディションにアップグレードする方法は?
別のエディションにアップグレードするには、Veeamライセンス・ポータルにアクセスしてください。
ライセンスを9.5にアップグレードする方法は?
エディションをアップグレードする予定がなくても、9.5をインストールするには、新しいライセンス・ファイルが必要です。9.5のライセンス・ファイルをダウンロードするには、Veeamライセンス・ポータルにアクセスしてください。
永久ライセンスのサポートを更新するにはどうすればよいですか?
サポート契約を更新するには、更新のお見積り請求フォームに必要事項を入力してください。
「ライセンスの自動更新」とは何ですか?
ライセンスの自動更新は、Veeam Backup & Replicationのv7 patch 4からサポートが開始された機能です。この機能を有効にすると、Veeamのバックアップ・サーバー(または導入されている場合は、Veeam Backup Enterprise Managerサーバー)が、現在のライセンスの有効期限が切れる前にVeeamライセンス・ポータルにアクセスして、新しいライセンスを取得します。この機能を有効にする方法については、Veeam Backup & ReplicationのvSphere用ユーザーガイドまたはHyper-V用ユーザーガイドを参照してください。

他にご不明な点がある場合は、

ライブ製品デモをご覧いただくか、Veeamセールス担当者にお問い合わせください。