Azureのバックアップと復元

シンプル、高い投資対効果、安全、ハイブリッド対応

今すぐ無料で導入

Azure VM 10台を無償でバックアップ

Azureネイティブのバックアップと復元

Microsoft Azureは、最新アプリのアジャイルかつスケーラブルな構築、テスト、導入を可能にするクラウドコンピューティングプラットフォームです。そのインフラストラクチャに対して責任を負うのはMicrosoftですが、データを保護する責任はユーザー側にあると責任共有モデルで規定されています。
新登場のVeeam® Backup for Microsoft Azure v3なら、Azureネイティブな完全自動型のバックアップと復元で、Azureデータ全体の保護と管理を簡単に行えます。
Veeam Backup for Microsoft Azure
Set and forget simplicity

設定後は操作不要

ネイティブのスナップショットとバックアップをポリシーベースで自動化。

Actualize cloud savings

低コストのバックアップ

保持や コンプライアンスの目標に対応。

One platform

ワンプラットフォーム

Azureのバックアップを
他の環境と共に一元管理。

Fast and flexible recovery

高速で柔軟性のある復元

インスタンス全体から個々のファイルやフォルダまで、ほぼゼロのRTOを実現。

Security compliance protection

優れたセキュリティとコン
プライアンス

Azureのベストプラクティス対応で
ランサムウェアからも保護。

Cloud mobility

クラウドモビリティ

完全なモビリティで、どんな環境にもバックアップ、復元、移行。

機能

ネイティブ、高い投資対効果、安全、ハイブリッド対応

Veeam Backup for Microsoft Azureはパワフルな機能で、データの保守、保護、管理を手軽に行えます。
Azure native
Azureネイティブ

ネイティブのスナップショットでエージェントなしでも低い目標復旧時点(RPO)を達成します。

Policy based automation
完全自動型

ポリシーベースの自動化とラベルでデータを保護します。

Low cost tiering
低コストの階層化

スナップショットを低コストの
ストレージクラスに自動で階層化します。

Azure sql backup
Azure SQLのバックアップ

ポリシーベースの自動化で、Azure SQLデータベースのバックアップと復元を行います。

Restful api
RESTful API

Azureのバックアップを他のワークフローやアプリと統合して自動化します。

Fast flexible recovery
迅速な復元

インスタンスレベル、ボリュームレベル、ファイルレベルの柔軟な復元で、データ消失を防ぎます。

App and data mobility
アプリやデータのモビリティ

制限のないデータポータビリティで、Azureやオンプレミス、その他パブリッククラウドの間を自由に移動できます。

Cross subscription region backup
サブスクリプション間/
リージョン間のバックアップ

本番環境からバックアップを分離することで、脅威からデータを安全に守ります。

Simple setup
シンプルなセットアップ

Azure Marketplaceから直接展開して、データ保護をすぐに始められます。

Backup cost calculation
コスト計算

業界初のコスト計算ツールでSLAを満たし、予期せぬコストを防ぎます。

Multi subscription support
マルチサブスクリプション
対応

Azureサブスクリプション全体の、全ワークロードの保護を拡張・管理できます。

One platform
ハイブリッドクラウド対応

他のワークロードと共にAzureのバックアップも1つのプラットフォームで一元管理できます。

V3の新機能

最新リリースをチェックしてビジネスをいつでも最新の状態に。

  • Azure SQLのバックアップと復元

    Azure SQLデータベースのバックアップと復元も簡単に

  • 低コストのアーカイブストレージ

    AzureネイティブのバックアップをAzure Blobアーカイブ層に自動で階層化。

  • 複数のAzureアカウントサポート

    複数のアカウントのAzureワークロードを丸ごと保護

  • 強化されたセキュリティとアクセス制御

    特定のユーザーへのロールや権限の委任も安全に

各操作の仕組み

  1. ポリシーベースによるスナップショットの自動化
  2. スナップショットをAzure Blobストレージ(ホットまたはコールド)に階層化
  1. オブジェクトストレージのスナップショットとバックアップからAzureの仮想マシン(VM)全体またはボリューム全体の復元がインプレースまたはアウトオブプレースで実行
  2. オブジェクトストレージのスナップショットとバックアップからファイルレベルの復元を実行
  1. オンプレミスのバックアップリポジトリへのバックアップコピーのジョブ
  2. インスタントVMリカバリ®
  3. オンプレミスのVMに復元(VMのみ)
  4. AWSとGoogle Cloudに直接リストア

価格とパッケージ

Veeam Backup for Microsoft Azureは仮想マシン(VM)サービスとして、無償版とBYOL版がAzure Marketplaceから独占的に提供されています。

スタンドアロン

無償版

無料

 

最大10台のAzure VMを無償でバックアップ
メールによるベーシックサポート

スタンドアロン

BYOL版

40米ドル

Azure VM1台あたり/年

Azure内のみでのバックアップと復元
24時間365日のプロダクションサポート

 

ハイブリッド/マルチクラウド

BYOL版

VUL

ポータブルライセンス

アイテムや場所を問わないバックアップと復元
24時間365日のプロダクションサポート

  Veeam Backup for Microsoft Azure
Veeam Backup & Replication™
  Azure内のみのAzureワークロードをバックアップ・復元するスタンドアロンソリューション ハイブリッド/マルチクラウド環境のデータの保護と管理を統合する、No.1のバックアップと復元ソリューション
Azureのバックアップと復元    
コスト管理    
セキュリティとコンプライアンス    
無制限のデータポータビリティ    
ハイブリッド/マルチクラウド管理    

Azureのバックアップと復元を他のワークロードと統合

Vbr img

Veeam Backup & Replication

Azureバックアップを、他のクラウド、仮想、物理、SaaS、Kubernetesの環境と一元管理。

Azure向けBackup as a Service

Clouds cloud user baa s person provider

エンドユーザー

Azureのバックアップでお困りですか?

多数のサービスプロバイダーから成る弊社のグローバルネットワークでは、Azureデータを保護する、Veeam製品を使用したBackup as a Service(BaaS)サービスを提供しています。データ保護の業務を専門家に任せることができるので、ユーザーの皆様はビジネスに集中することが可能になります。
Clouds cloud providers connectors spread structure

サービスプロバイダー

サービスプロバイダー向けAzure BaaS

Veeamは真のパートナーとして、Veeam製品を使用した収益性の高いAzure BaaSサービスの構築を支援いたします。Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)プログラムへの参加は無料です。貴社のサービスビジネスのために設計された特別な製品、価格体系、パートナー特典をご活用いただけます。

VeeamとAzureの各種レポートで最新の動向をチェック

Wp cover customer azure

VeeamとAzureの
カスタマー・リファレンス・ブック

VeeamとMicrosoft Azureで重要なデータやアプリを保護する方法とは。

 
Transforming data protection azure
VeeamとAzure:ソリューション概要

データ保護戦略に変革を起こすには。

Conversational azure backup best practices

Conversational:Azureバックアップのベストプラクティス

Azureバックアップの10のベストプラクティスを、
2名のMicrosoft MVPが直接解説します。

ebookをダウンロード

Cloud protection trends 2021 report cover

2021 クラウドプロテクションレポート

ITの未来の推進要因や課題が
わかります。

レポートをダウンロード

Azureのバックアップと復元に関する各種資料

Azureのバックアップと復元についてよくある質問

Azureのクラウドをバックアップするには、どのような方法がありますか?

Microsoftの責任共有モデルによれば、Azureデータのバックアップと復元について戦略を策定し、導入する責任はユーザーが負うことになっています。Azure VMをバックアップできるネイティブサービスは多数あり、Microsoft Azureのバックアップとオンプレミスのワークロードを対象としたエージェントベースのアプローチについては、数多くのベンダーが提供しています。しかし、クラウドでのデータ保護は必ずしも簡単なわけではないため、機能が限られているバックアップやレガシーバックアップを利用した場合、ある程度の問題が生じる可能性もあります。

まず、Azure VMのスナップショットは実質的なバックアップではないため、長期にわたるデータの保持や復元には利用できません。古いスナップショットは、Azureでの保持期間が数日間を超える場合、コストも高くなります。スクリプトを手動で作成して、Azure VMのネイティブスナップショットを自動的に取得するという手法は、特に大規模な環境の場合、すぐに複雑になる可能性があります。

次に、エージェントベースのアプローチでAzureをバックアップするという選択肢も、最善とは言えません。エージェントの場合はリソース集約型の環境が必要になり、適切にスケーリングすることが難しく、追加のVM領域も占有してしまうためです。

Veeam Backup for Microsoft Azureなどのクラウドネイティブのバックアップソリューションを利用すると、選択したバックアップポリシーに基づいて、イメージベースのバックアップがAzure VMのネイティブスナップショットから自動的に作成されます。この方法では、毎日のデータ保護操作とポリシーの導入に関する制御および管理が強化されるだけでなく、アプリケーション認識処理が改善され、Azure VMの復元も迅速になります。

Azureのバックアップは、どのように行われるのでしょうか?

詳細については、こちらの製品デモをご覧ください。

要点のみ説明すると、Veeam Backup for Microsoft Azureでは、Azure VMに加えて(管理対象および管理対象外のVHDを含む)、VMの設定についてもスナップショットとバックアップを自動的に作成し、管理できます。バックアップチェーンは、イメージレベルのバックアップ、またはスナップショットで作成できます。イメージレベルのバックアップではフルバックアップと増分バックアップも可能で、クラウドネイティブスナップショットにはポイントインタイムスナップショットもあります。復元はフルレベルやファイルレベルが可能で、数秒で完了します。

  • Veeam Backup for Microsoft Azureでは、専用のクラウドネイティブなツールを使用して、スナップショットとバックアップのいずれかを通じてAzure VM上のデータを保護できます。スナップショットとバックアップの両方を組み合わせると、特定のファイル、いくつかのテスト用VM、大規模な本番環境など、様々な状況に応じて、Azureのデータを保護するための最適なオプションを柔軟に選択できるようになります。スナップショットは、特定の時点にすばやくロールバックしなければならない事態もあり得る、テストやアップグレードの場合に最適です。これに対して、保持期間が長い場合や、本格的な復元が目的である場合、Azureデータを保護するための手段としてはバックアップが適しています。バックアップファイルはMicrosoft Azure Blobに保存されるので、クール・ストレージ・オプションを選択することでコストを削減できます。
  • Azure VMのスナップショットに基づいてバックアップファイルを作成する場合、またはそのイメージベースのバックアップファイルから復元を実行する場合は、ワーカーと呼ばれる一時的なインスタンスが展開されます。このインスタンスがAzureアカウントに展開されるのは、スナップショットからバックアップを作成しなければならない場合、またはリストアの作成が必要な場合のみです。
  • ワーカーを展開する各Azureリージョンについて、具体的な設定を作成することができます。この処理はVeeamで自動的に行うことも可能で、その場合、リージョンごとに設定する必要はなくなります。
  • Azure VMのイメージベースのバックアップファイルが作成された後は、必要なデータ保持ポリシーに応じて、ホットストレージ階層またはクールストレージ階層に保存できます。
  • ポリシーの選択肢は複数あります。バックアップの対象となるAzureアカウントを各リージョン内で定義し、個別のAzure VMをバックアップするか、タグベースのポリシーを使用するかを選択できます。タグベースのポリシーでは、新しいVMをバックアップポリシーに手動で個別に追加せずに済みます。
  • Azureスナップショット(1時間あたり60スナップショットまで)とバックアップの両方について、スケジュールオプションを複数の中から選択し、どんなに厳しいSLAであっても達成されるようにします。Azureデータのスナップショットやバックアップの保持期間についても定義することが可能です。
  • スケジュールオプションでは、Azureのスナップショットやバックアップを保持する場所も指定できます。Azure Blobのホット・ストレージ・オプションやクール・ストレージ・オプションも選択できます。Azureのバックアップファイルについては、ストレージのコストが大幅に削減されるクールストレージ階層オプションを使用することをお勧めします。
  • Veeam Backup for Microsoft Azureには計算ツールが内蔵されており、Azureデータについて設定したバックアップポリシーのコストを自動的に見積もってくれます。この計算内容はAzureのバックアップポリシーを設定するときに事前に提供され、Azure Blobストレージの月額のコストに分割されます。このコストにはリージョン間を移動するトラフィックの料金も含まれ、Azure Blobストレージ内外にバックアップデータを移動する場合の見積もりについて料金が発生する場合もあります。
  • 最後に、バックアップされたAzureデータのリストアオプションを複数の中から選択できます。Azure VM全体や仮想ディスク、特定の個別ファイルをすばやくリストアでき、Azureのバックアッププロセスと同様、ワーカーが展開され特定の時点にアタッチされます。次に、Veeam Backup for Microsoft AzureのインターフェイスでURLを取得します。このURLを別のタブで開くと、リストアの対象となるデータを参照できます。

手順の全体的な概略としては、Azure MarketplaceにアクセスしてからVeeam Backup for Microsoft Azureアプライアンスをアカウントに接続し、バックアップポリシーを設定し終えるまで、15分もかかりません。

なぜ、Azureクラウドデータをバックアップする必要があるのですか?

Microsoftでは、データのバックアップは行っていません。データの安全性と保護状態の確保については、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)のいずれを利用するかに応じて、Microsoftの責任共有モデルに従い、お客様が責任を負います。

Microsoftの責任共有モデルによれば、Azureにあるデータのバックアップと復元も、エンドユーザーの責任です。バックアップと復元がなければ、アプリケーションやデータをリストアすることができず、意図せぬ削除やサイバーセキュリティの脅威、ランサムウェア、停電などによるデータ消失に対応できなくなります。Veeamは、投資対効果とセキュリティに優れたエンタープライズクラスのAzureバックアップと復元で、あらゆるクラウドデータの消失を防ぎます。

Azureバックアップで利用できるバックアップには、どんな種類がありますか?

詳細については、Veeam Backup for Microsoft Azureユーザーガイドをご確認ください。

Veeam Backup for Microsoft Azureでは、Azure VMのネイティブスナップショットからイメージレベルのバックアップチェーンを作成できます。

以下のチェーンに、フル・バックアップ・ファイルと増分バックアップファイルが収められます。

  • フル:Azure VMイメージ全体のコピーが含まれているフル・バックアップ・ファイル。
  • 増分:Azure VMイメージの変更が増分として保持されている増分バックアップファイル。

Azure VMのバックアップチェーンの作成には、永久増分バックアップ方法を採用しています。つまり、最初のバックアップセッションでは、コピーされたAzure VMイメージに基づいて、バックアップリポジトリ内にフル・バックアップ・ファイルが作成されます。これがバックアップチェーンの始点であり、Veeam Backup for Microsoft Azureでは、以後に変更が生じたデータブロックのみがコピーされます。

フル・バックアップ・ファイルと増分バックアップファイルのどちらも、Azureバックアップのリストアポイントとして機能し、任意の時点に簡単にロールバックできます。

Veeamを利用する

データを最新化して保護するために、
今すぐ次のステップを

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

お問合せ先

送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください