新しい Veeam Backup
for Microsoft Office 365
1.5

No.1のMicrosoft Office 365向けバックアップおよび復元ソリューション

自分のデータは自分で管理

この4分間のデモでは、Office 365 Exchange Onlineデータの管理方法について説明します。

Office 365に完全に移行していても、ExchangeとOffice 365を組み合わせて導入していても、ビジネスの目的は同じです。Office 365のバックアップ・サービスを提供する場合でも、やはりビジネスの目的は変わりません。データを継続的に管理し、Office 365のバックアップと復元をすぐに実行できるようにしておくことが必要です。

IT担当者がサポート・チケットを送信して、ただ待つしか方法がないという危うい事例はよくあります。このような状況には陥りたくないものです。

Veeam® Backup for Microsoft Office 365は、Exchange Onlineのメール・データ損失のリスクを軽減し、アベイラビリティを確保します。

無償評価版をダウンロードする

体験版では機能制限はありません

6か月間無料のライセンスを入手

すべてのユーザーが制限なしで利用できます

Office 365を使用していても、お客様のデータはお客様ご自身で管理

Microsoft Office 365は、いつでもどこからでも利用できるAlways-On Enterprise™をクラウド環境で実現するため、メール・インフラストラクチャを自社内でホストする必要はありません。また、オンプレミスのフットプリントを最小限に減らし、ITリソースを解放できます。インフラストラクチャをホストしているのはMicrosoftですが、Office 365データのバックアップはお客様ご自身で行う必要があります。

Office 365を利用する場合、データはお客様ご自身のものであり、お客様が管理し自己責任のもとで保護します。

Veeam Backup for Microsoft Office 365を利用すると、次のことが可能になります。

  • 自社のOffice 365データを管理する
  • メール・データの検索と復元にかかる時間と労力を削減できる
  • Microsoftでは対応できないデータ損失から保護できる
  • Office 365とオンプレミスのExchangeの間で、メール・データを簡単に移行できる
Office 365データをプライマリ・データセンターにバックアップできます。
Office 365データをプライマリ・データセンターにバックアップできます。

Office 365とオンプレミスのExchangeのバックアップを任意の場所に保存する

VeeamバックアップからのOffice 365クラウドの復元。
VeeamバックアップからのOffice 365クラウドの復元。

さまざまな理由により、Office 365のメール・データを別の場所に安全にバックアップする必要があります(バックアップの3-2-1ルールへの準拠、電子情報開示の簡素化、社内ポリシーおよびコンプライアンス要件への準拠など)。最も重要な理由は、リスクを軽減することと、ユーザーのデータを必要に応じていつでもリストアできるようにして、安心したいということでしょう。

Veeam Backup for Microsoft Office 365を使用すれば、Office 365 Exchange Onlineのメールボックス・アイテム(メール、予定表、連絡先*)やパブリック・フォルダーをOffice 365のクラウドベースのインスタンスから取得し、このメールボックス・データを、Microsoft Exchangeでネイティブに使用されている形式で独自にバックアップできます。この形式はExtensible Storage Engine(ESE)に基づくアーカイブ・データベースで、別名Jet Blueデータベースとも呼ばれます。さらに、Office 365と同じAPIを使用してオンプレミスのExchangeのバックアップを実行できるため、Exchangeインフラストラクチャへの影響を抑え、ユーザーのメール・データのバックアップ頻度を増やすことが可能になります。 

Veeam Backup for Microsoft Office 365では、米国政府(国防総省およびその他の政府機関)専用バージョン、ドイツ国内バージョン、中国国内バージョンなど、Office 365の独自バージョンや各地域向けのバージョンもサポートしています。 

Office 365のメール、予定表、連絡先のリストア

VeeamバックアップからのOffice 365メールの復元。

利点は速度だけではありません。Office 365メールボックス・アイテムを効率的にリストアし、きめ細かなリカバリを行うことができます。

組み込みのVeeam Explorer™ for Microsoft Exchangeを使用すれば、Office 365のアーカイブ・コンテンツまたはオンプレミスのExchangeバックアップに存在する個々のメールボックス・アイテムを迅速に検索および復元できます。メールボックス・アイテムは、Office 365メールボックスまたはオンプレミスのExchangeメールボックスに直接復元したり、ファイルとして保存したり、メールの添付ファイルとして送信したり、PSTとしてエクスポートしたりすることができます。

VeeamバックアップからのOffice 365メールの復元。
VeeamバックアップからのOffice 365メールの復元。

Office 365メール・アーカイブの電子情報開示

Veeamバックアップから、Office 365メール・アーカイブの電子情報開示を実行します。
Veeamバックアップから、Office 365メール・アーカイブの電子情報開示を実行します。

データのローカル・コピーがないと、規制やコンプライアンス上の理由によるメールの取得に費用や時間がかかる場合があります。また、最終的に通常のビジネス運用が長時間中断されてしまう場合もあります。

Veeamを使用すれば、このような問題を解消できます。Veeam Explorer for Microsoft Exchangeの使い慣れた高度な検索機能と、柔軟な復元およびエクスポートのオプションを利用して、Office 365メール・アーカイブのeDiscoveryを実行できます。これは、オンプレミスのExchangeサーバー・バックアップで実行する操作と同様に簡単です。

無償

NEW Veeam Backup for Microsoft Office 365 

30日間機能制限なし!

コンプライアンス要件への対応

コンプライアンスは、Office 365のバックアップが必要となる理由の1つです。Office 365のバックアップを使用すれば、メール・データを必要な期間(「永久」であっても)保存できます。

Veeam Backup for Microsoft Office 365を使用すれば、規制やコンプライアンスの要件に応じた長期間の保存ポリシーに基づいてデータを保存できます。きめ細かい高度な検索機能によって、必要な内容に限定して復元できます。

効率的な拡張とオーバーヘッドの最小化

Veeam Backup for Microsoft Office 365はきわめて高い拡張性を提供します。マルチリポジトリとマルチテナントのアーキテクチャにより、大規模なOffice 365環境を単一のインストールで保護できるようになり、サービス・プロバイダーはOffice 365のバックアップ・サービスを顧客に提供できます。 

さらに、全機能に対するPowerShellおよびRESTful APIの完全サポートによる広範囲の自動化と、サービス・プロバイダーの顧客向けに提供されるセルフサービスのリストア機能によって、オーバーヘッドを最小限に抑え、復元にかかる時間を短縮し、コストを低減できます。 

ユーザーの生産性を確保するため、Office 365とオンプレミスのExchangeをバックアップします。
ユーザーの生産性を確保するため、Office 365とオンプレミスのExchangeをバックアップします。

ExchangeとOffice 365の統合バックアップ

多くの場合、メール・ユーザーはまだOffice 365へと完全移行はしておらず、大規模な組織ではこの移行に数年かかる場合もあります。サービス・プロバイダーにとっては、Office 365を使用している顧客とオンプレミスのExchangeを使用している顧客が混在している状況です。そのため、Office 365とオンプレミスのExchangeインスタンスの両方に対応できるソリューションが必要です。

Veeam Backup for Microsoft Office 365は、ハイブリッド・クラウドのメール環境を保護し、Office 365とオンプレミスのExchangeの間でメールボックス・データを移行するための機能も備えています。

また、Veeam Backup & Replication™ はVeeam Backup for Microsoft Office 365サーバーのアプリケーション認識処理をサポートしているため、一貫性のある、Office 365アーカイブのバックアップを作成し、このバックアップからの電子情報開示とメールボックス・アイテムレベルの復元を合理化することができます。

 

*Veeam Backup for Microsoft Office 365 v2ではSharePoint Online およびOneDrive for Businessへのサポートが追加される予定です。

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ