https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvYmFja3VwLXJlcGxpY2F0aW9uLWZlYXR1cmVzLmh0bWwifQ

機能

Veeam® Backup & Replication™は、仮想、物理、およびクラウドベースの全てのワークロードのインテリジェント・データ・マネジメントを提供します。1つの管理コンソールから、あらゆるアプリケーションとデータに対して柔軟性と信頼性に優れた高速のバックアップ、復元、レプリケーションを管理できるので、レガシー・バックアップ・ソリューションが不要になります。

バックアップ

時間を節約してバックアップウィンドウを短縮

Veeam Backup & Replicationは、高速で信頼性の高いあらゆるワークロードのバックアップを提供し、バックアップウィンドウの短縮とバックアップおよびストレージのコスト削減を実現できます。

NEW Veeam Cloud Tier

スケーラブルで低コストなストレージソリューションで、データの急激な増加に対応します。 Veeam Cloud Tierは、Amazon S3、Azure Blob Storage、IBM Cloud Object Storage、S3互換のサービスプロバイダー、オンプレミスのストレージソリューションとの費用効果の高いネイティブのオブジェクトストレージ統合を使用して、長期データ保存用の容量を無制限に提供します。 
  • 低コストでシンプル、柔軟性のあるオブジェクトストレージの活用
  • 他のバックアッププロバイダとは異なり、料金を二重で支払うことなくデータをクラウドに保存
  • セカンダリ・ストレージ・アプライアンスに関連するベンダーロックインを回避

Scale-out Backup Repository

個々のストレージデバイス上に抽象レイヤーを提供することで、ユーザーはバックアップストレージの仮想プールを作成して、様々なバックアップを割り当てることができます。Scale-out Backup Repositoryには、パブリッククラウド内のより低い階層のディスクとテープのオブジェクトストレージを含め、オンプレミスのオブジェクト・ストレージ・プールやクラウドベースのソリューションなど、オブジェクト・ストレージ・デバイスのサポートも含まれます。さらに、必要に応じて追加のストレージデバイスをプールに追加するだけで、環境がオンプレミスとクラウドのどちらであっても、キャパシティを簡単に拡張することができます。Scale-out Backup Repositoryには以下のような複数のメリットがあります。

  • 投資したストレージの全てを活用
  • バックアップジョブ管理、コンプライアンス、キャパシティ拡張の簡素化
  • バックアップパフォーマンスの向上

NEW SAP HANAおよびOracle RMAN向けVeeamプラグイン

SAP HANAおよびOracle RMAN向けの簡単に展開できるVeeamプラグインを使用して、大規模なエンタープライズアプリケーションを管理。

  • SAP HANAまたはOracle RMANのバックアップをVeeamリポジトリへシームレスに転送
  • データベース管理者は制御を続行
  • VeeamはSAP HANA認定済み

VMware vCloud Director(vCD)との統合

サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)スタックにデータ保護サービスを構築することで、クラウドコンピューティング管理のためのVMwareプラットフォームの能力を活用できます。Veeam Backup & Replicationは、認証、セルフサービスのバックアップと復元、およびポリシー設定を含むvCDに対するフルサポートを提供します。これらの機能により、プロバイダーは適切なレベルのアクセス権を持つ顧客にデータの管理を委任することができます。

復元

VM全体、個々のファイルなど全てをリストア

Veeam Backup & Replicationは、個々のファイル、VM全体およびアプリケーションアイテムの非常に高速で信頼性の高いリストアを提供し、ほとんど全ての復元シナリオに確実に対応でき、短い目標復旧時間(RTO)を達成できるようにします。

インスタントVMリカバリにより、VM全体を数分で復元します。vSphereまたはHyper-V上の仮想化アプリケーションは最新のバックアップから直接実行されるので、ユーザーは、ストレージやバックアップの展開、および本番環境へのコピーが完了するまで待つ必要はありません。その後、VMware Storage vMotion、Hyper-V Live MigrationまたはVeeam独自のQuick Migrationを使用して、VMを本番ストレージに戻します。

さらに、Veeamを使用すれば以下のことが可能になります。

Veeam Cloud Mobility

簡単な2つのステップで、あらゆるワークロードを移行、復元
ハイブリッドクラウド環境のスピードと制御を維持したい組織にとって、データのポータビリティは重要です。Veeam Cloud Mobilityでは、オンプレミスやクラウドベースのあらゆるワークロードをたった2つの手順でAWS、Azure、Azure Stackに簡単に移行および復元できるので、ビジネス継続性とハイブリッドクラウド環境全体のアベイラビリティを維持することができます。 
  • ワークロードをクラウドへ移行
  • ワークロードをクラウドへリストアおよび復元してビジネス継続性を実現
  • クラウドへのデータバックアップのテストと開発が可能に

Veeam Explorers

アプリケーションアイテムの復元が、大幅に高速化および簡易化されました。Veeam Explorer™では、復元する必要があるものだけを特定し、個々の項目をバックアップから直接リストアする、高速できめ細かな復元を実行できます。

VMware vSphere向けロールベースのアクセス制御ポータル

Veeamのロールベースのアクセス制御(RBAC)ポータルは、VMware vSphere環境向けの包括的な社内のセルフサービスによるバックアップとリストア機能を確立して、手間を省き、復旧時間を短縮するのに役立ちます。VeeamのvSphere向けRBACはITリソースを解放し、以下を実現します。

  • 割り当て済みのバックアップジョブを簡単に作成、リストア、および監視するロールと権限をユーザーに委任
  • ITの変更リクエストに関連した労力を軽減
  • セキュリティグループを利用して、バックアップパラメーターとタスクを管理

レプリケーション

データのアベイラビリティとDR対策を合理化

高度なイメージベースのレプリケーションと合理化された災害復旧(DR)を提供して、ミッションクリティカルなアプリケーションの可用性を確保します。Veeamは、あらゆるアプリケーションに対して低RTOを実現します。

Veeam Availability Suiteへのアップグレード

Veeam Availability Suite™には、Veeam Backup & Replicationの堅牢なバックアップ、復元およびレプリケーションの機能と、Veeam ONE™の高度な監視および分析機能が含まれており、これにより、仮想環境、物理環境、およびクラウドベースの環境を管理するための完全なアベイラビリティソリューションが提供されます。組織は、Veeam Availability Suiteのエンタープライズレベルのメリットにより、安価で、しかも確実にアベイラビリティ戦略を向上することが可能になります。