新登場 Veeam Availability Suite 9.5

Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEを含む

詳細な可視性

Veeam®は、ヘルスチェック、パフォーマンスのトラブルシューティング、バックアップインフラストラクチャの計画、およびコンプライアンス基準を満たすのに役立つツールを提供します。さらに、VMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-Vの両方のインフラストラクチャの詳細な分析と監視を提供して、バックアップや本番アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性のある潜在的な問題を明らかにします。
無償評価版をダウンロードする
体験版では機能制限はありません

監視、レポート作成、およびキャパシティプランニング

バックアップインフラストラクチャと仮想インフラストラクチャの詳細な可視性

Veeam Availability Suite™の一部であるVeeam ONE™は、監視およびアラート・ツールを通じてVeeamバックアップ・インフラストラクチャおよびVMware vSphereとMicrosoft Hyper-V仮想環境の完全な可視性を提供します。そのため、障害や潜在的な問題が運用に重大な影響を与える前に、それらを発見し、対処することができます。Veeam ONEは、以下を通じてAvailability for the Always-On Enterprise™の実現を支援します。

  • リアルタイムの監視とアラート通知:バックアップとVMのパフォーマンス問題を通知して、ダウンタイムを回避し、SLAを達成
  • リソースの最適化と設定変更の追跡:インフラストラクチャのパフォーマンスを評価し、既存の設定がベスト・プラクティスに沿うことを確認
  • キャパシティ・プランニングと予測:“what-if”分析やリソースのオーバーコミットの追跡により、バックアップ・インフラストラクチャと仮想インフラストラクチャのリソースの使用量および使用率の傾向を予測
  • チャージバックと課金NEW:コンピューティング、ストレージ、およびバックアップ・リポジトリのITリソースのコストを完全に可視化

バックアップ・インフラストラクチャ展開のためのVeeam ONE活用方法

VEEAM ONEの詳細はこちら

スタンドアロンコンソール

Veeam Backup & Replication™は、スタンドアロン・コンソールにより、ユーザーが各自のデスクトップPCまたはノートPCから、バックアップ環境や仮想環境に関する情報を把握することができます。

Veeamのリモート・オフィス/ブランチ・オフィス) 拡張機能の詳細はこちら。

エンタープライズレベルの管理

Webポータルを使用し、バックアップ管理やリストア作業の委任ができます。

Veeam Backup & Replicationの一部であるVeeam Enterprise Manager Webクライアントを使用すると、会社のネットワークにログインすることなく、複数の場所から複数のバックアップ・サーバーを単一画面で管理することができます。ジョブの開始、停止、再試行、クローン、編集だけでなく、バックアップ内のファイルの参照や検索を行うことができます。さらに、ファイルおよびVMを迅速かつ簡単に復元できます。また、大規模な組織の場合、リストア権限の委任により、指定されたユーザーは自身のファイルやVMを復元することができます。

PowerShell拡張機能も組み込まれています。インターフェイスで実行できることはほとんどすべて、PowerShellでも実行できます。また、既存のWebポータルと統合して柔軟性をさらに高めるために、RESTful APIを利用することもできます。

POWERSHELLの詳細

VMware vCloud Directorの対拡張

vCD環境の完全な統合

Veeam Backup & Replicationは、vCD(VMware vCloud Director)インフラストラクチャのオブジェクトを完全にサポートします。vAppやvCD環境用のジョブをセットアップでき、さらに、Veeam Backup & Replicationは、vAppおよびVMに関連付けられたメタデータや属性も保護します。また、これらのアイテムや高速プロビジョニングされたVMはvCD環境に直接復元できます。

VMware vCloud Directorのサポートが強化され、Infrastructure as a Service(IaaS)によりテナントがセルフサービス・バックアップとリストアの機能NEWを使用できるようになることで、サービス・プロバイダーは管理が簡素化し、効率が向上します。

ホワイト・ペーパー:vCloud Directorによるバックアップとリカバリの課題

無償

Veeam Availability Suite 9.5

30日間機能制限なし!

IT環境のための統合化機能

Veeamを使用すると、VMware vSphere、Kaseya VSA、LabTech RMM、およびMicrosoft System Centerでもバックアップインフラストラクチャを可視化することができます。

vSphere Web Clientプラグイン

vSphereの詳細な可視性
Veeam Backup & Replicationでは、VMware vSphereの管理インターフェイスであるvSphere Web Clientから直接バックアップインフラストラクチャを監視できます。このプラグインは、ジョブの状態やバックアップリソースに関する詳細な情報をひと目で把握できるように表示します。また、キャパシティプランニングと保護されていないVMの識別が簡易化されます。

Kaseya VSA向けVeeam Backup & Replicationアドオン

Veeamバックアップを含めたIT環境全体を一元管理し、効率化によりAlways-On Business™を促進します。

詳細はこちら

VeeamとLabTech

LabTech向けVeeam Backup & ReplicationプラグインおよびVeeam Endpoint Backup for LabTechNEWを使用することで、サービスプロバイダーは、VMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-V環境の仮想マシン (VM)、Windowsベースのエンドポイント、さらに一部の物理的なWindowsサーバーのバックアップと復元に、Veeamの可用性ソリューションを活用することができます。これによって、サービスプロバイダーは、完全かつ集中管理のバックアップおよび復元のソリューションを顧客に提供することができます。

詳細はこちら

管理フレームワークとしてMicrosoft System Centerを使用している場合

Veeam Management Pack™ for System Centerでアプリケーションレイヤーからハードウェアレイヤーまでの可視化を入手しましょう。

VEEAM MP (MANAGEMENT PACK) FOR SYSTEM CENTERの詳細はこちら

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ