よくある質問

Veeamのライセンス体系(全製品)

Veeam®は、お客様がご関心をお持ちの特定の製品やユースケースに応じて、様々なライセンス体系をご用意しています。これには管理対象サーバー(またはホスト)上のCPUソケットの数やインスタンス数によるライセンス供与も含まれます。一部の製品では、VM、物理サーバー、ワークステーション、クラウドインスタンスまたは管理対象ユーザー(またはその全て)によってライセンス供与されます。Veeamは様々な製品間およびワークロード間でのポータビリティを可能にするインスタンスライセンス、またはソケットベースの実装用の永久ライセンスを提供しています。

インスタンスライセンスに関するFAQ

Veeamは、お客様にとってライセンス製品が可能な限りシンプルであるようにすることに焦点を置き、様々なライセンスオプションを提供しています。以下に、よくある質問のいくつかをご紹介します。利用可能な全てのライセンスオプションを確認するには、上記のライセンスポリシーを参照してください。
Veeamが「インスタンスライセンス」という新しいライセンスモデルを使用している理由は何ですか?

市場では、ポータビリティを基盤とするマルチクラウド環境やハイブリッド環境へのシフト傾向が高まっており、サブスクリプションタイプのライセンス形態が望まれるようになっているためです。Veeamはお客様に対して、より多くの製品をサブスクリプションモデルで提供することを約束しました。このモデルではお客様に以下のようなメリットがあります。

  • お金の時間的価値:初期費用を抑え、CapExからOpExに変換。
  • ポータビリティ:移行可能なサブスクリプションライセンスを必要なワークロードに相互に利用。
  • 予測可能な料金:複数年契約を固定料金で購入して前払いするか、従量課金で支払い。
  • 従量制:現時点で必要なものだけを購入し、更新時に必要に応じて増減。
  • ロックインなし:ご満足いただけない場合、サブスクリプションを更新しないという選択も可能。
  • サポート込み:追加料金なしでライセンス期間を通じて24時間365日のプロダクションサポートを利用可能。
Veeamの新しいインスタンス・ライセンス・モデルとはどのようなものですか?

Veeamの新しいインスタンスライセンスは、複数の製品およびワークロードで汎用的にご利用いただけるサブスクリプションモデルです。ユーザーにポータビリティの付加的な要素を提供するため、追加の「クラウド」料金なしで、さらに簡単にクラウド環境やハイブリッド環境に移行することができます。

インスタンスライセンスは1年~5年間の定められた期間で販売され、様々なVeeam製品やワークロードタイプで相互に使用できます。このライセンスには、従来のサブスクリプションスタイルライセンスの全てのメリット(初期費用の抑制、非固定料金、従量課金、クラウドに適したOpEx予算モデル)が含まれています。

また、インスタンスライセンスには、従来のサブスクリプションとは異なるさらに多くのメリットもあります。ライセンスを「製品ごと」またはVM、サーバー、ワークステーション、クラウドVMなどの「特定のワークロードタイプごと」に購入する必要はありません。この新しいモデルでは、様々な製品を簡単に使用できます。お気づきの通り、サブスクリプションライセンスは、仮想、物理、クラウドの複数の製品やワークロードタイプで使用できるため、必要のないライセンスタイプや製品に縛られることはないのです。Veeamではこれを「ポータビリティ」と呼んでいます。

必要なものを、必要なときにご利用いただけます。このライセンスポータビリティにより、発注やライセンス管理も容易になり、製品やワークロードタイプごとに異なるSKUを管理する複雑さが軽減されます。

インスタンスとはどのようなものですか?
インスタンスは、Veeamのサブスクリプションライセンスの測定単位です。お客様は、10個単位のバンドルで販売されるインスタンスを購入し、それらのインスタンスを使用して様々なワークロードを保護することができます。1インスタンスは1ワークロード、つまりVM、サーバー、エンタープライズアプリケーションなどに相当します。
必要なインスタンス数は?

インスタンス数は一般的に、お客様が保護を検討されているワークロードの数と同じです。ほとんどのワークロードは、1インスタンスのみ必要となります。必要なインスタンス数を確認には、インスタンス・ライセンス・コンフィギュレータの利用が最適です。製品、エディションを選択し、ご利用のワークロードを入力してください。

インスタンスは10個のバンドルで販売されます。

インスタンスライセンスはどのように購入すればいいですか?また、対象期間はどれくらいですか?

インスタンスライセンスは、インスタンス10個のバンドル単位でご購入いただきます。監視が必要かどうかを選択し、エディションを選択して保護するワークロードの数を入力します。

1年~5年のインスタンス・ライセンス・オプションから、ニーズに合った期間と支払いスケジュールをお選びいただけます。支払いは、前払いか1年ごととなります。ライセンス期間終了後も継続してサブスクリプションをご利用いただく場合は、満了時にライセンスを更新する必要があります。各インスタンスライセンスには、24時間365日対応のプロダクションサポートが含まれています。

Veeamの新しいポータブルなサブスクリプションライセンスは何に適用できますか?

Veeamの新しいサブスクリプション・ライセンス・モデルは現在、様々な用途でご利用いただけます。さらに、用途はまだ増え続けています。このサブスクリプションモデルは、事実上ほとんどのワークロードタイプにご利用いただけます。たとえば、VMとクラウドベースのVM、物理サーバーとワークステーション、エンタープライズアプリケーション・プラグインなどです。サブスクリプションライセンスは、「ソケット単位」ベースではなく、オンプレミスや、クラウド環境、ハイブリッド環境にもご利用いただけます。以下のリストに、この新しいサブスクリプション・ライセンス・ポータビリティで現在使用可能なワークロードのタイプを示します。

  • VM — VMware vSphere、Hyper-V、Nutanix AHV — Veeam Backup & Replication
  • 物理サーバー — Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux
  • 物理ワークステーション — Veeam Agents for Microsoft Windows & Linux
  • エンタープライズ・アプリケーション・サポート — Oracle RMANおよびSAP HANA Veeam Backup & Replication
  • クラウドネイティブのワークロード — AWSのインスタンスとデータベース — Veeam Backup & Replication for AWS
  • 管理 — Veeam ONE(Veeam Availability Suiteの一部として販売)
  • Veeam Cloud Connect
Veeamの新しいポータブルなサブスクリプション・ライセンス・モデルがまだ使用できない製品はどれですか?

現時点で、ポータブルなサブスクリプションインスタンスではなく、個別のサブスクリプションライセンスを使用して販売されているのは、以下の製品です。これらは、2019年に新しいインスタンス単位モデルに組み込まれる予定です。

  • Veeam Management Pack for System Center
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365
  • Veeam Availability Orchestrator
  • Veeam Agents for IBM AIX & Oracle Solaris
インスタンス単位(サブスクリプション)とソケット単位(永久ライセンス)の両方のライセンスを利用することはできますか?
永久ライセンスとサブスクリプションライセンスが混在し、両者が一元管理された環境を利用できます。全てのライセンス間で製品とエディションが同一である必要があります。ソケット単位の永久ライセンスでVMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-V VMを保護している場合、全てのvSphere/Hyper-V VMをソケットで保護する必要があります。インスタンスはほかのあらゆるワークロードタイプに使用することができます。
ライセンスファイルを統合するにはどうすればよいですか?
お客様が一元管理の環境をご希望の場合は、ライセンスファイルの統合が必要になる場合があります。永久ライセンスのコンポーネントおよびサブスクリプションコンポーネントの両方で、保守が最新の状態であることが要件になります。アカウントの統合に関する詳細は、こちらのKB記事をご覧ください。何かお困りのことがございましたら、サポートにお問い合わせください
現在、一元管理のためにライセンスを統合できる製品はどれですか?

Veeam Availability Suiteは、ソケットとインスタンスライセンスを1つの一元管理の環境に統合できます。ただし、同じエディションである必要があります。

Veeam Backup & Replicationは、ソケットとインスタンスライセンスを1つの一元管理の環境に統合できます。ただし、同じエディションである必要があります。

Veeam Backup Essentialsでは、ソケット単位ライセンスとインスタンスライセンスを統合することはできませんが、次の2つのオプションがあります。EssentialsのソケットをVeeam Availability Suiteインスタンスと統合するか、またはEssentialsをVeeam Availability Suiteにアップグレードするというものです。これにより、一元管理およびライセンス統合を実現できます。

Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxはどのように監視できますか?

Veeam Availability Suite汎用サブスクリプションライセンスをご購入ください。Veeam Availability Suiteは、仮想、物理、クラウドのワークロードのためのVeeam Backup & Replicationのデータ保護と、Veeam ONEの監視および分析の両方を1つのスイートで提供します。Veeam Agents for Microsoft Windows & Linuxは、Veeam Backup & Replication内のモジュールとなりました。

たとえば、Enterprise Plusインスタンスでは、5つのVMと5つのサーバーエージェントに対して合計10個のインスタンスで保護および監視を行うことができます。お客様に監視のための追加のインスタンスを請求することはありません。

サブスクリプションライセンスに移行しなければならないのですか?
いいえ、このタイプのライセンスに必ずしも移行する必要はありません。オンプレミスのVMware vSphereまたはMicrosoft Hyper-Vのワークロードを保護する必要があるお客様は、依然としてソケット単位のライセンスも選択肢として有効です。
VeeamはVeeam AgentsおよびVeeam Backup for Microsoft Office 365の永久ライセンスを提供していますか?
いいえ。これらの製品はサブスクリプションライセンスでのみ利用できます。
サブスクリプション契約を継続するにはどうすればよいですか?
インスタンス・ライセンス・サブスクリプションによるVeeam製品の使用を継続するには、現在の契約が満了するまでに、追加のインスタンスライセンスをご購入いただきます。
複数年のサブスクリプション契約を1年間の契約に変更することはできますか?
いいえ、それはできません。
永久ライセンス製品の契約からインスタンスライセンスへ移行するにはどうすればよいですか?
プロモーションの移行SKUをご購入いただくことで、ソケットベースの永久ライセンスからサブスクリプション・インスタンス・ライセンスに移行できます。このSKUは、既にソケット単位の永久ライセンスをお持ちで、サブスクリプション・インスタンス・ライセンスへの転換を検討されているお客様にご利用いただけます。このSKUを購入することで、永久ライセンスのサポート期間が1年間または2年間に延長され、契約が永久からサブスクリプションインスタンスに変更されます。移行制限を超えてさらにワークロードを追加する場合は、インスタンスサブスクリプション価格で購入していただく必要があります。移行されたソケット単位の永久ライセンスは全て、エンドユーザーによって破棄していただく必要があります。2年分のSKUを前払いで購入するか、移行期間中に、合計1年分または2年分を、年単位で更新することができます。この期間が過ぎると、移行したライセンスは全て、インスタンスライセンス価格が適用されて更新されます。永久ソケットからインスタンスに移行する製品は全て、その製品の個別の契約に関係なく、お客様の環境全体のソケット総数に合わせて移行する必要があります。部分的な移行はできません。

この他にご不明な点がある場合

右側のナビゲーションペインにある製品固有のFAQをご参照ください。または、ライブ製品デモをご覧になるか、Veeam営業担当にお問い合わせください。