https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvZ292ZXJuYW5jZS1jb21wbGlhbmNlLWNhcGFiaWxpdGllcy5odG1sIiwiaGFzaCI6IjRkYTQyMWZhLTY4NGUtNDIwZS1iY2JhLTgxZmM4ODdiOTQ0MSJ9

ユースケース

ガバナンスとコンプライアンス

データのセキュリティとコンプライアンス要件を確保

直面する規制の数は常に変化しており、コンプライアンスにかかるコストは毎年増加しています。毎日のように機密情報を扱いながらも、そうしたデータを漏えいすることなくサービスを提供する必要があります。そのため、多くの企業は手動プロセスに頼って、適切な監査証跡もなしに、従来のクラウドシステムやアドホックのクラウドシステムを使用し、データを複製して、重要なリソースをレプリケートしています。Veeam独自のクラウドデータマネジメント・アプローチでは、バックアップとインテリジェントな復元の強力な基盤を構築して、ガバナンスやセキュリティ要件全体の効率性を促進することで、組織を支援します。

データのセキュリティとコンプライアンス要件への対応

ランサムウェアに汚染されていないデータ

データを保存する前にセキュリティスキャンを行い、全てのワークロードに対してランサムウェアに汚染されないよう保護。

安心できる導入
 

Staged Restore機能で、GDPRやCCPAなどを確実に遵守。

コンプライアンスに楽々対応

新しいパッチやアップグレードのテストを分離することで、本番環境に影響を与えず簡単にテストを実行可能。

簡単なレポート作成
 

厳密なレポートと実用的なドキュメントで、コンプライアンス要件を確保。

クラウドデータマネジメントにとって重要なのは、複雑な規制とコンプライアンスのニーズを管理するために必要な基礎です。組織が重要なコンプライアンス要件やガバナンス要件をより適切に制御し、遵守するのを支援するVeeamの技術や特長について詳しくは、以下をご覧ください。

今すぐ開始する​

電子ブックを読む
2019年版 Veeam クラウドデータマネジメント・レポート​

今すぐ読む

市場における評価​
ガートナーマジッククアドラントでVeeamがリーダーに選出

今すぐ見る

ROIコンサルテーションを希望​
今すぐ開始

詳細はこちら