https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvaWJtLXN0b3JhZ2Utc29sdXRpb25zLmh0bWwiLCJoYXNoIjoiZGI4ZWU3NjAtNTIzYy00ZTQ2LTgyZDYtNzU0NWI4ODNlMDljIn0

IBMと実現するNo.1の
バックアップと復元ソリューション

評価版をダウンロード

Veeam Availability Suite
30日間無償

IBMとVeeamによる相乗効果

Veeam®とIBM Storageがひとつになることで、仮想、物理、ハイブリッドクラウドのあらゆるワークロードに対応した、効率性と拡張性に優れたアベイラビリティソリューションを実現します。

IBM Spectrum Virtualizeのソフトウェア定義のストレージとVeeamの統合によって、あらゆる規模の組織で、要求されるサービスレベルの期待値に対応できるようになります。Veeam Cloud Tierでは、IBM Cloud Object Storageと連携することで長期保持の容量が無限になり、データセンターとハイブリッドクラウド全体のデータストレージに係るコストを抑えることができます。

VeeamアベイラビリティソリューションとIBM Storageによる相乗効果

インフラストラクチャ全体のクラウド・データ・マネジメント

シンプルなバックアップ

ワークロードの場所を問わず

ストレージの節約

IBM Cloud Object Storage統合によって

オーケストレーション

IBM FlashCopyスナップショットで復旧時点を増やす

高速な復元

VM全体や個々のアイテムに対して

効率的な運用

本番ストレージへの影響は最小に

高い拡張性

増加する要求に対応

IBMとの連携でワークロードのアベイラビリティを保証

Veeam + IBMによるビジネス継続性
  • IBM Spectrum Virtualize
  • IBM Cloud Object Storage

IBM Spectrum Virtualizeでアベイラビリティを実現

IBM Spectrum Virtualizeソフトウェア(またはIBM StorwizeファミリーやIBM SAN Volume Controllerの一部としても提供)とVeeam Availability Suite™が統合することで、現代のビジネスを動かすサービスやデータに対して、効率なバックアップと高速な復元を実現します。

  • Veeam Backup from Storage Snapshotsで、バックアップによる本番環境への影響を軽減
  • Veeam Explorer™ for Storage Snapshotsで、VM全体やファイル、個々のアプリケーションアイテムをストレージスナップショットから直接リストア
  • Veeam On-Demand Sandbox™ for Storage Snapshotsで、本番環境の完全な分離コピーをわずか数クリックで作成し、展開やテスト、トラブルシュートで利用可能

効率的なバックアップと復元をIBM Storageに

IBM Spectrum Virtualizeは、単体のソフトウェアとして、または、IBM StorwizeファミリーやIBM SAN Volume Controllerの一部として利用可能な、テストおよび認定済みのVeeam Ready Integratedソリューションです。IBM FlashCopyスナップショットに対応し、次のことが可能になります。

1 Veeamの柔軟な復元機能をIBM FlashCopyスナップショットと連携させることで、あらゆるITサービスと、それに関連するアプリケーションやデータをわずか数秒から数分の間に復元できるようになります。

IBM Cloud Object Storageによる無制限の容量、長期保持

Veeam Cloud TierNEWは、Veeam Availability Suite 9.5 Update 4の新機能で、IBM Cloud Object Storage上のVeeam Scale-out Backup Repository™にネイティブのストレージ層を提供します。

VeeamとIBM Cloud Object Storageが連携することで、長期のバックアップストレージに係る複雑性を軽減し、管理のオーバーヘッドを削減することができます。Veeamのバックアップファイルが運用リストア期間を超過すると、古いバックアップはVeeamによって自動的にIBM Cloud Object Storageに移動されます。こうすることで、総所有コストと総管理コストの全体的な削減を実現します。

IBM Cloud Developer Servicesのゼネラルマネージャー、Don Boulia氏が、IBMとVeeamを組み合わせることによる相乗効果について語ります

価格、パフォーマンス、保護

IBM Cloud Object StorageとVeeamがひとつになることで、バックアップやレプリカに対して、次のような統合された保持を実現します。

  • 回復性とアベイラビリティ — IBM Cloud Object Storageは、Veeamのバックアップデータを複数のノードや物理的な場所に分散させるため、データの耐久性とアベイラビリティが確保されます。
  • 優れた費用対効果 — IBM Cloud Object Storageは、複数のストレージクラスで、Veeamのバックアップコストやデータのリカバリ対象を最適化することができます。また、従量課金制でのお支払いが可能です。
  • 耐久性 — 内蔵の自動データ整合性メカニズムが、Veeamのデータを常にチェック、検証し、必要に応じて自己修理機能を使用します。
  • 安全— データを最大限に保護するために、IBM Cloud Object Storageでは、サーバー側の暗号化を初期設定で行います。
  • オンデマンドの拡張性 — IBM Cloud Object Storageは、複数ペタバイトにまで簡単に拡張できるフラットなストレージ空間を使用するため、Veeamのバックアップや復元について、どんなに大きな要望にも対応できます。
1 IBM Cloud Object Storageは、拡張性に優れており投資対効果の高いストレージをVeeamバックアップリポジトリ用にオンプレミスとクラウドの両方で提供します

IBMとVeeamの提携ソリューションについて詳しくは、Veeamにお問い合わせください

Veeamのアベイラビリティ・アドバイザーに問い合わせる
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。
ありがとうございます。
早急にVeeamのアベイラビリティ・アドバイザーからご連絡を差し上げます。
We're working on it please try again later