インスタントVMリカバリ

  • 復元目標(RTO)の向上
  • バックアップファイルから直接マウント
  • 変更を本番環境に簡単に統合
  • 影響の軽減 – バックアップからのレプリケート

低RTOの達成と維持

インスタントVMリカバリは、最も必要とされるシステム可用性を維持するのに役立ちます。インスタントVMリカバリは、VMをバックアップ ファイルから直接実行することにより、ユーザーを何時間も待たせることなく、VMを運用環境に即座にリストアして、次のことを実現します。

  • 低RTOの維持
  • 中断時間の最小化
  • きわめて重要な運用VMのシステム ダウン時間の最小化

しくみ :

使い方は簡単です。ストレージのプロビジョニング中、VMバックアップを抽出し、それを運用環境にコピーして、どんなVMでもバックアップから直接再起動します。VeeamRを使用すると、故障したVMを2分足らずで回復することができます。

  • インスタントVMリカバリは、特許を受けたvPowerR技術を使用して、VMイメージを、圧縮と重複排除が施されたバックアップ ファイルから直接vSphereホストまたはHyper-Vにマウントします。
  • バックアップからVM全体を抽出して運用ストレージにコピーする必要がないので、何時間も要する通常のリストアとは異なり、VMをどんな復元ポイント(増分又はフル)からでもわずか数分で再起動することができ、リカバリ時間が大幅に短縮されます。
  • VMのバックアップ イメージは、読み取り専用のままなので、整合性が維持されます。変更は個別に格納され、VMが運用ストレージに移行されるときにマージされます。

製品のスクリーンショット

インスタント VM リカバリでは、わずか数分でマシン全体をバックアップから復元できます
インスタント VM リカバリでは、わずか数分でマシン全体をバックアップから復元できます
インスタント VM リカバリは、本番環境の VM の復元と DR のテストの両方に使用できます
インスタント VM リカバリは、本番環境の VM の復元と DR のテストの両方に使用できます
VM の復元を完了するために、復元された VM を本番環境に移行することができます
VM の復元を完了するために、復元された VM を本番環境に移行することができます