https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbGludXgtYWdlbnQtc3lzdGVtLXJlcXVpcmVtZW50cy5odG1sIn0

システム要件

Veeam Agent for Linux でサポートされる環境

Linuxカーネル 2.6.32以降がサポートされています。サポート対象のディストリビューション(64ビット版と32ビット版の両方)の一覧と、システム要件の詳細については、最新のリリースノートをご確認ください。
エージェントの一元管理: VeeamバックアップサーバーにVeeam Backup & Replication 9.5 Update 2以降をインストールする必要があります。