https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbGludXgtY2xvdWQtc2VydmVyLWJhY2t1cC1hZ2VudC5odG1sIn0
NEW

Veeam Agent for Linux

  • Linuxワークロード向けのナンバーワンの
    バックアップと復元
  • カスタムスクリプトによる整合性の
    あるバックアップ
  • オフサイトでのバックアップとリストア
  • コンソールのUIまたはコマンドライン

Linux向けのNo.1バックアップと復元

IT組織では、より多くのLinuxベースのワークロードをパブリッククラウドへ移行しようとしています。この状況でビジネスの中断を回避するためには、ワークロードの確実なバックアップと復元を実現することが重要です。ところが、Linuxインスタンスのバックアップと復元には通常、多くの手間とコストがかかります。手作業による操作が必要になるだけでなく、IT管理者が貴重な時間を費やすことになります。

Veeam® Agent for Linuxで、パブリッククラウドにデプロイされている場合でも、オンプレミスの場合でも、Linuxワークロードのアベイラビリティを簡単に確保できます。

Linuxベースのワークロードのアベイラビリティを向上

Linuxベースの物理サーバークラウドワークロードをバックアップしようとする場合、多くの組織では、複雑なハードウェア構成や規制コンプライアンス要件に対応しなければなりません。Veeam Agents for Linuxであれば、旧式の物理バックアップツールを取り払って、総合的なバックアップと復元を導入し、パフォーマンスを上げてコストを下げることができます。

場所を問わずにバックアップ

  • システム全体のイメージベースのバックアップ、指定したボリュームのバックアップ、または個別のファイルの保護
  • より具体的な目標復旧ポイント(RPO)での複数のLinuxバックアップジョブと、
    様々な構成でのバックアップ1のスケジューリング
  • BTRFSのサポートにより、該当のファイルシステム上で稼働しているLinuxマシン全体を総合的にバックアップ
  • Veeamと提携するサービスプロバイダーを通じて、完全に統合された高速かつ安全なバックアップおよび復元機能により、クラウドへのオフサイトバックアップを実行

柔軟な復元

  • ベアメタルリストア:システム全体を同一または別のハードウェアにリストアする
  • ボリュームレベルのリストア:Linuxクラウドインスタンスまたはオンプレミスバックアップから、ボリューム全体をリストアする
  • ファイルレベルのリストア:個別のファイルを探してリストアする

実績あるVeeamのテクノロジをベースに構築

Veeam Backup & Replication™の主要コンポーネントであるVeeam Agent for Linux v3には、新しい機能が追加され、以下のような機能によって、Linuxベースのワークロードのモビリティがさらに強化されます。
  • プレスクリプト/ポストスクリプトのスナップショットスクリプト:アプリケーション認識処理用の
    カスタムスクリプトを指定して、トランザクションレベルの整合性のあるバックアップを作成します1
  • 組み込みのスナップショットとCBT(変更ブロック追跡)ドライバ:Veeamのカーネルモジュールと、組み込みのボリュームスナップショットおよびCBT機能により、増分バックアップが有効になります。
  • Veeam Backup&Replicationとの統合2:Veeamのバックアップリポジトリを保存場所として使用し、ファイルレベルの復元では既存の機能の制限を取り払って、オンプレミスバックアップをオフサイトで取得します。
  • Oracle向けアプリケーション認識処理:Oracleユーザー向けアプリケーション認識処理により、物理Linuxサーバーのバックアップとリストアに関連する複雑さが軽減されます。
  • スナップショット不要のバックアップモード:マウントされた任意のファイルシステムから、重要なファイルをバックアップします。
  • 起動可能な復元メディア:ボリュームとファイルをリストアし、コマンドラインを通した操作によって、利用可能な復元メディアを使用して問題をトラブルシュートします。
1サーバーライセンスのみ
2Veeam Availability Suite 9.5 Update 3以降が必要です

サポートされるシステム環境

Veeam Agent for Linuxには、RPMDEBの両方のパッケージがあります。ディストリビューションの既定のカーネルを使用する場合、バージョン2.6.32以降のLinuxカーネルがサポートされます。これは古いインストールも保護されることを意味します。詳しくは、リリースノートを参照してください。

世界365,000社のお客様が信頼

ユミルリンク (YMIRLINK)

Veeamソリューションが支える安心かつ確実なEメール配信サービス。 バックアップ時間を従来の約5%まで劇的に短縮、リストア時間は約15%に

今すぐ読む

千代田化工建設株式会社

新規サーバ構築時の初回バックアップ時間は従来比およそ97%減、 次世代統合バックアップ基盤を見据えた拡張性を確保

方法を確認する

太陽生命

太陽生命保険株式会社 Veeamソリューションで「仮想ネイティ ブ」環境を確実かつ高速にバックアッ プし、新サービスの提供を迅速化

結果を見る

何かお困りですか?

販売

見積もりのご依頼、Veeam Softwareの詳細のご確認はこちら

テクニカルサポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えをお調べください

Veeamコミュニティフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます