Veeam Management Pack for System Center v8

バージョン8の新機能

Veeam® Management Pack™(MP)v8 for System Centerは、VMware vSphere環境、Microsoft Hyper-V環境、Veeam Backup & Replication™環境のアプリケーションからメタル・レイヤーまでを網羅する可視性を提供します。

新しいVeeam MP v8 Update 4は、すぐに使えるMicrosoft Operations Management Suite(OMS)との統合によって、アベイラビリティの監視をオンプレミスからクラウドへと拡張します。OMS内のダッシュボード機能を活用するこの新たな統合では、オンプレミスのVeeam MPの稼働状況データやリソースの使用状況を、AzureベースのOMSコンソール内で統一された1つのビューとして視覚的に確認することができます。Veeam MPとMicrosoft OMSが連動することで、IT管理者はビジネスに関する実用的な洞察を得られ、インフラストラクチャの管理を改善し、SLAを維持できます。

Veeam MPはさらに、次のような画期的な管理機能を提供します。

主な機能

VMware vSphere 6のサポート

Veeam MPは、VMware vSphere 6を含めた最新のハイパーバイザ・プラットフォームの管理を通してビジネスを支援します。vSphere 6は、ITの効率化とパフォーマンス向上を図る強力な仮想化機能を新たに提供します。

Virtual Volumes(VVOL)データストアや、主なサービス(ホスト証明書の追跡、ハードウェア正常性、vShieldサービスなど)に関する新しいvCenterアラームなどのvSphereの新機能を完全に把握することができます。

Veeam MP v8は、VMware vSphere 6.5インフラストラクチャをサポートします。MPが提供する詳細な可視化機能を活用することで、VMware vSphere環境のすべてを把握できるようになります。

vSphere6モニタリングのサポート

Hyper-V 管理

Veeam MPは、SMB 3.0共有ストレージ上のVMや、CPUスケジュールにおけるホスト・ストレスを示すCPUディスパッチ時間などの重要な評価基準をサポートすることで、ITの管理を容易にするHyper-Vの新しい管理機能を提供します。新しいVeeam Task Manager for Hyper-Vダッシュボードには、クラスタレベルのビューが表示されるようになり、System CenterのVirtual Machine ManagerとOperations Managerの両方に完全に統合され、パフォーマンスをリアルタイムで監視します。

Veeam MP は、エンタープライズ・レベルのスケーラビリティを目的に設計されています。大規模なHyper-V環境をサポートできるため、ホスト毎に増加するVMや、クラスタ単位のクラスタ共有ボリューム(CSV)を監視できるようになります。さらに、Veeam Task Manager for Hyper-Vは、これらの新しいクラスタレベルのビューをサポートし、System CenterのVirtual Machine ManagerとOperations Managerの両方に完全に統合され、パフォーマンスをリアルタイムで監視します。

Hyper-V 管理

Veeam Morning Coffee Dashboard

これは、毎朝仕事を始めるときに最初に確認したい画面であるため、Veeamでは、これを「Veeam Morning Coffee Dashboard」と名付けました。Veeam Morning Coffee Dashboardは、物理ホスト、VM、ストレージ、全体的なリソースの使用状況など、仮想インフラストラクチャのリアルタイムの状況をひと目で把握できるように表示します。VMの集約率や、コンピューティングとストレージのオーバープロビジョニングといった重要な評価指標が即座に可視化されます。IT管理者は簡単にダッシュボードをカスタマイズして、特定の監視要件に対応することができます。データセンター、クラスタ、またはホストのグループごとに個別のダッシュボードを作成し、的を絞って仮想データセンターを監視できます。さらに、Veeam Morning Coffee DashboardはMicrosoft Operations Management Suite(OMS)に直接統合されるため、オンプレミスの仮想インフラストラクチャがクラウドベースのMicrosoft OMSコンソールに統一されたビューで表示されます。

Veeam Morning Coffee Dashboard

キャパシティ プランニングおよび適性サイズ調整

仮想化基盤の更新や拡張計画の一環として、新しいハードウェアでvSphere 6を展開する予定がありますか?そうであれば、Veeam MPの高度なキャパシティ・プランニング、"what-if"モデリングや予測レポートを使用して、VMワークロードを新しい環境にどのくらい移行できるかを把握することができます。また、Veeam MPの適正サイズ・レポートを使用して、移行する前に環境を最適化して、さらに効率化を図ることができます。Veeam MPを使用すれば、データを活用して拡張のための予算と計画を正当化することができ、しかも安心してアップグレードすることができます。

Veeam MPのレポート・ライブラリは、System Centerコンソールに直接統合されます。このレポート・ライブラリには、次のものが含まれます。

  • ホスト障害モデリング
  • vSphereデータストアのパフォーマンス予測
  • Hyper-Vストレージのパフォーマンス予測
  • vSphereクラスタとHyper-Vクラスタのパフォーマンス予測
  • 仮想マシンのキャパシティ予測
  • リソースを回収するためのVMのサイズ変更
  • ハイブリッド・クラウドのキャパシティ・プランニング
  • Veeamバックアップ・リポジトリのキャパシティ・プランニング

ホワイト・ペーパー『Microsoft System Centerによるキャパシティ・プランニング』を読む

適性サイズ レポート

Microsoft Azure とVMware vCloud Airの両方に対応するハイブリッド クラウドのキャパシティ プランニング

ハイブリッド クラウドを採用すると、処理速度が高速化されるため、Veeam MP v8では、そのために役立つツールを強化しています。プランニング レポートは、最新のAzureおよびvCloud Airのリソース仕様に合わせて更新され、ワークロードをクラウドに移行するために必要なリソースのサイズとクラスを正確に予測します。

ハイブリッドクラウド プランニング レポート

詳細なスナップショットとチェックポイントの追跡

スナップショットとチェックポイントを放置すると、すぐに増加して、貴重なリソースを消費し、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。スナップショットを削除したり、他の適切な措置を講じる前に、どのVMがスナップショットまたはチェックポイントを含んでいるかをリアルタイム ヒートマップ ビューで確認した後、スナップショット ツリー全体と個々のスナップショット タイムスタンプおよびコメントを示す詳細なレポートにドリルダウンして、保持期間、所有者、正当化理由を速やかに判断することができます。

製品のスクリーンショットを見る
Snapshot Dashboard & Reporting

ストレージ、ネットワークおよびコンピューター トポロジ ビュー

ストレージ、ネットワーク、コンピューティング・リソースのトポロジー・ビューを使用すると、クリティカルなアプリケーションやサービス、サポートする仮想基盤や物理基盤間の関係や依存関係を即座に参照できます。特定のVMが稼動しているホストまたはストレージを素早く見つけ出し、software-defined data center間でのリソース共有がクリティカルなITサービスにどのように影響しているかを理解することができます。これらのビューから状況に応じたリンクを使用すると、リアルタイム・ダッシュボードにドリルダウンして、迅速にトラブルシューティングすることができます。

Veeamは、最新バージョンのVeeam Availability Suite™にスケールアウト・バックアップ・リポジトリ™を導入しました。また、Veeam MP v8 Update 3では、スケールアウト・バックアップ・リポジトリのインスタンスを簡単に監視できます。これには、パフォーマンス履歴やトポロジー ・ビューを利用でき、可視化機能によってスケールアウト・バックアップ・リポジトリの各インスタンスを構成する個々のストレージ・エクステントを表示することができます。

製品のスクリーンショットを見る
トポロジ ビュー

モニタリングとアラート

Veeam MPは、拡張性が高いデータ収集システムにより、クリティカルなデータを24時間365日絶えず監視して、Availability for the Always-On Enterprise(24時間365日止まらないビジネス)™を実現します。Veeam MPで動的に相互に関連付けられたデータは、根本原因を調査し、問題をより迅速に解決するためのトラブルシューティングに関する情報をリアルタイムで提供します。

Veeamの包括的なナレッジ・ベースは、「expert-in-a-box」として機能し、最前線の監視チームを強化することで問題解決に要する時間を短縮します。すべてのVeeamアラートには、疑わしい原因を見つけ出したり、問題を解決するための手順をステップごとに表示したりすることができるナレッジ・ベース記事が関連付けられています。

製品のスクリーンショットを見る

レポート作成

Veeam MPは、大量のデータを収集して相互に関連付け、技術上およびビジネス上の意思決定をより的確に行うのに役立つ実用的なレポートを提供します。構成変更の追跡とアラートの相関分析は、すべてのオブジェクトの構成設定プロパティに関する詳細な追跡情報を表示するので、vSphere環境またはHyper-V環境内で発生した変更を知ることができます。リソースまたは容量に問題がある場合、イベントの相関分析を行うことで原因を正確に特定することができます。

Veeam MP v8には、vCenter vSAN Alarmsへのモニタリング・サポートが含まれており、70を超える新しいモニタがサポートされるため、エンタープライズ・ビジネスはvSANの個々の稼働状況を積極的に追跡し、vSANクラスタの全体的な稼働状況を評価できます。MP v8を使用すれば、各vSAN構成のクリティカルなクラスタの状態をリアルタイムで可視化できます。

他にも次のような分析レポートがあります。

  • VM稼働時間統計:SLAコンプライアンス・レポートの作成に有用
  • トップ・トラブルメーカー:環境内で問題が最も多く発生しているオブジェクトを特定
  • アイドルVM:リソースを無駄に使用している「ゾンビ」VMを検出
  • スイッチオフVM:電源がオフにされているのに貴重なストレージ領域を占有しているVMを特定
  • 大きすぎるVMと小さすぎるVMに関するレポート:仮想マシンの適正サイズと最適化を行う際の指針
製品のスクリーンショットを見る
レポート作成

ダッシュボード

Veeam MPは、データセンターをナビゲートして関連する情報を表示させるのに役立つユニークなダッシュボードを特徴としています。これには、次のものがあります。

  • Veeamトラフィック・ライト: 問題をひと目で把握できるように、リソースを最も多く消費している上位10のホストのビューと組み込みのカスタマイズ可能なしきい値を組み合わせて表示
  • Veeamヒートマップ: 重要なパフォーマンス・メトリックスをひと目で把握できるように可視化
  • Veeamウィジット: 必要な情報だけを可視化するための専用のビューを構築可能
製品のスクリーンショットを見る
キャパシティ プランニング

Veeam Backup & Replicationの可視性

バックアップ・ジョブが失敗したことを知らせるアラートは、Operations Managerコンソールに表示されます。Veeam MPは、Veeam Backup & Replicationに関する高度な分析レポートを提供します。このようなレポートとしては、保護対象のVMと保護対象ではないVM、VMの検証、委任された復元の権限、バックアップ・コピー・ジョブ、バックアップ・リポジトリのキャパシティ・プランニングなどがあります。

これを実際に確認するには、ここをクリックして、30日間無償のVeeam MP評価版をダウンロードしてください。30日を過ぎると、ハイパーバイザー管理機能は使用できなくなりますが、Veeam Backup & Replication環境向けのアラート機能とモニタリング機能はそのままご使用いただけます。

Veeam Management Pack for Veeam Backupの無償機能の詳細
Veeam Backup Enterprise Managerのトポロジー

より高速で高頻度バックアップによるアベイラビリティを実現

VeeamとNimble Storageが統合することにより、Availability for the Always-On Enterprise™を実現します。バックアップ・ウィンドウの向上と、より効率的なリカバリにより、企業のSLAに対応します。

詳細はこちら

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

評価版をお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ