評価版

Veeam、アライアンス強化と大企業向け事業戦略の推進により 売上10億ドル達成に向け大きく前進

  • Veeamはインテリジェントなデータ管理に向けた新ビジョンの下、2018年第2四半期に40四半期連続の2桁成長を達成
  • 大企業からの受注は前年比24%増加し、10万ドルを上回る受注件数が前年比52%増加
  • HPE、NetApp、Ciscoとの戦略的アライアンスによる受注件数は、前年比3桁の成長を継続
  • 2018年第2四半期に13,000社以上の新規顧客を獲得し、顧客数が307,000社以上に拡大
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365、Veeam Agents for WindowsおよびVeeam Agents for Linuxを含むサブスクリプション製品は、前年比400%の驚異的な成長を達成

 

スイス、バール:2018719日:Hyper-Available Enterprise™ を実現するためのインテリジェントなデータ管理におけるリーダー企業Veeam® Softwareは、2018年第2四半期に40四半期連続の2桁成長を達成したと発表しました。Veeamの2018年第2四半期の受注総額は前年比20%増加し、また毎月平均4,000社以上の新規顧客を獲得しました。現在、Veeamは世界各地に307,000社以上の顧客を有します。

 

Veeamの共同CEO兼社長であるピーター・マッケイ(Peter McKay)は次のように述べています。「IDCによると、Veeamは成長性と業績の両面で、データ保護およびリカバリー・ソフトウェア市場[i]のリーダーであり、従来のベンダーがハイパー・アベイラビリティに対する顧客ニーズに対応できない中、多くの支持を頂いています。Veeamは、チャネル・パートナーとの強力な関係、戦略的アライアンス、専門知識を活かし、顧客のニーズと需要を把握し、革新的かつ高性能で使いやすいソリューションにより顧客の要求に対応することで、この市場のリーダーとしての地位を獲得しました。

 

今年の下半期も引き続きVeeamの成長を見込みます。Veeamは、市場開拓戦略、顧客対応、従業員、および業務プロセスに多額の投資を行っています。私たちは、大企業向け市場にさらに力を入れるとともに、コアとなる市場セグメントでの事業を継続的に強化していきます。ハイパー・アベイラビリティ実現に向けたVeeamの取り組みに変わりはなく、顧客からも支持をいただいています。Veeamは、従来の主要プレイヤーと、新規参入プレイヤーの両方から、市場シェアを獲得し続けています。」

 

2四半期業績・事業のハイライト

  • Veeamは、Veeamアベイラビリティ・ソリューションで保護されている1,760万件以上のワークロードを有する307,000件以上の顧客を擁し、引き続き毎月平均4,000社以上の新規顧客を獲得しています。新規に獲得した顧客には、ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)、WWFオーストラリア、REWE International AG、Payboost Gas Metropolitano、およびレオン市などがあります。
  • Veeamの戦略的アライアンス・パートナーシップは、前年比3桁成長を遂げています。Veeamとグローバル・アライアンス・パートナーとの共同案件は、前年比183%増加しました。また、Hewlett-Packard Enterprise (HPE)、NetApp、Ciscoと共同した受注の件数と金額は前年比2倍を達成しています。
    さらにVeeamは、高可用性ストレージとデータ保護ソリューションにおける成長とリーダーシップを認められ、Hewlett-Packard Enterprise (HPE)で新たに創設された「Momentum Technology Partner of the Year 2018 — Data and Analytics Solutions Award」を受賞しました。これにより、HPEのパートナー・エコシステムにおけるVeeamの認知度向上と共に、先頃開始されたVeeamハイパー・アベイラビリティ・ソリューションとHPEの世界規模のサプライチェーン・プロセスおよびシステムとの統合が加速されます。
    またVeeamは、Veeam Availability Platform™とPure Storage FlashArrayとの新たな統合により、ビジネス継続性、アジリティ、およびインテリジェンスを提供することも発表しました。FlashArrayのVeeamスナップショットとの統合に加えて、FlashBlade for Rapid Recoveryを組み合わせることで、シンプルで将来最新のエンド・ツー・エンドのプラットフォームが提供されます。
  • クラウド事業でもVeeamは急成長を続けており、前年比64%の成長を記録しました。Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)プログラムには、20,000社に迫るパートナーが加入し、3,500社以上のパートナーがVeeam Cloud Connectを活用してBaaSおよびDRaaSを提供しています。
  • 新規サブスクリプション製品群は高い成長を続けており、飛躍的な成長の可能性を秘めています。Veeam Backup for Microsoft Office 365サブスクリプションの売上は、前年比1,249%増加しました。現在までに、4,100万以上のMicrosoft Office 365メールボックスを有する35,000社以上がVeeam Backup for Microsoft Office 365をダウンロードしました。Veeam Availability Suiteバージョン9.5 Update 3を使用してVeeam Agent for Microsoft WindowsおよびVeeam Agent for Linux(Veeam Agents)を導入および管理することで、仮想化されていない物理サーバーやエンドポイント、およびパブリック・クラウドのワークロードを保護することができます。Agentのサブスクリプションの売上は前年比220%以上増加しました。
  • Veeamの拠点は世界各地に拡がり続け、3,600名を超える従業員を擁しています。また、チェコ共和国のプラハに新しい研究開発本部を開設し、革新的なデータ管理、自動化、ハイパー・アベイラビリティ技術に取り組んでいます。新たに設けられた300の役職の大半は、Veeamの研究開発チーム内の専門的でハイテクを担う専門職と、品質保証を担います。

 

VeeamのAPJ地域担当シニア・バイス・プレジデント、ショーン・マクレガン(Shaun McLagan)は次のように述べています。「2018年第2四半期にVeeamはインテリジェントなデータ管理に関する新たなメッセージを発表し、引き続きハイパー・アベイラビリティ市場をリードしています。APJにおける成長率は前年比約2倍の38%を達成しています。これは、この地域での成長力を示すすばらしい業績といえるでしょう。

 

Veeamでは、成長著しい市場である日本と中国へ重点的に取り組むなど、APJ地域に多額の投資を行ってきました。この取り組みは、両市場が前年比100%超の成長を遂げるという極めて大きな成果として結実しています。Veeamは、2018年下半期においても成長を続け、お客様やパートナーの皆様の事業に貢献できるものと確信しています。」

 

顧客およびパートナーからのコメント

「IDCが半期ごとに実施するSoftware Tracker Data調査では、Veeamはデータ保護およびリカバリー・ソフトウェア市場全体の年間成長率を大幅に上回っています。バックアップおよびデータ保護ソフトウェアの従来からの購買行動は、幅広いSaaSアプリケーションおよびクラウド・インフラストラクチャの導入に対応できるようにゆっくりではありながらも着実に変化しています。この市場の発展に尽力し続けているVeeamは、この市場での購買を牽引している2つの主要ソリューションである、Backup as a serviceと災害復旧のための費用対効果の高いソリューションの成長を糧に、確固たる地位を築いています。」 - IDCのストレージ・ソフトウェア、シニア・リサーチ・アナリスト、アンドリュー・スミス(Andrew Smith)氏

「WWFオーストラリアには、野生動物と自然環境の保護を目指して遂行しなければならない大きな仕事があります。Veeamはとても使いやすく、極めて直感的に操作できるため、業務をシームレスに行うことができるという安心感があります。」 - WWFオーストラリア、ITマネージャー、セミール・ハサンべゴヴィッチ(Semir Hasanbegovic)氏

 

「私たちが新たなソフトウェア・デファインド・データセンターと将来のバックアップ・アーキテクチャの構築を検討し始めた早い段階で、導入と管理が非常に簡単なVeeamが唯一の選択肢になりました。現在では、当社のエンジニアがバックアップ管理に忙殺されることはなくなりました。また、Veeamがデータ・アベイラビリティを保証できるように引き続きサポートしてくれており、今後最新の拡張機能を複数実装する予定です。」 - HireRight社、グローバルIT担当バイスプレジデント、エリオット・ピーターソン(Elliott Peterson)氏

 

「Veeamは、当社の莫大なデータ増加に対応できる唯一のソリューションです。エンタープライズ・スケーラビリティは、Veeamを差別化する要素です。」 - Royal Caribbean Cruises Ltd.社、 ホスティングおよびエンジニアリング・サービス担当ディレクター、レナータ・コビリンスキー(Renata Kobylinski)氏

 

「重要なデータを取得するためのソースの数が増大し、複雑化する中で、ITプロフェッショナルは、データ保護と管理戦略を簡素化できるプロバイダーを求めています。Veeamを使用すると、時間や場所を問わず必要に応じてデータ・アベイラビリティを簡単に保証できるようになります。 Veeamのバックアップおよび災害復旧サービスのINAPでの売上は、前年比50%以上の成長を遂げています。これは、Veeamの技術とビジョンの強みだけでなく、企業やサービス・プロバイダーにとって価値あるパートナーとしてのVeeamの取り組みによるものに他なりません。」‐Internap Corporation(Nasdaq:INAP)、クラウド担当バイス・プレジデントジェニファー・カリー(Jennifer Curry)氏

 

「当社のような少人数の企業にとって、コア・ビジネスに集中できるようにするためには、信頼性が高く、シンプルで自動化されたハイパー・アベイラビリティ・ソリューションが欠かせません。このようなレベルのパフォーマンスと効率性を提供するプロバイダーはVeeamだけでした。」 - Payboost社、情報システム・エンタープライズ・アーキテクト、エリック・マシャベール(Eric Machabert)氏

 

Veeam Softwareについて

 

VeeamはHyper-Available Enterprise™を実現するためのインテリジェントなデータ管理におけるリーダー企業です。Veeam Hyper-Availability Platformは、お客様がデータ管理を自動化し、データのハイパー・アベイラビリティを確保するための最善のソリューションです。フォーチュン500の75%、グローバル2000の58%を含む300,000社を超える顧客を世界中に擁しています。Veeamの顧客満足度スコアは業界平均を3.5倍も上回り業界最高です。 Veeamのグローバルなエコシステムには、55,000社のチャネル・パートナーが含まれています。シスコ、HPE、およびNetAppはエクスクルーシブ・リセラー・パートナーであり、またクラウド・プロバイダーおよびサービス・プロバイダーがおよそ19,000社に達します。スイスのバールに本社を置き、30カ国以上に支社を開設しています。

 

詳細については、https://www.veeam.com/jpにアクセスするか、Twitter https://twitter.com/veeam_japanでVeeamをフォローしてください。

 

[i] Source: IDC Worldwide Semiannual Software Tracker in the Data Protection and Recovery Software Market – Final Historical, 2017H2