評価版

新登場 Veeam ONEおよび
Veeam ONE Community Edition
9.5

Veeam Availability Suiteの一部

IT環境全体の詳細な可視性

Veeam® ONE™は、IT環境全体とシームレスに統合し、仮想、物理、およびVeeamに保護されたクラウドベースのワークロードに詳細な可視性を提供します。監視ツール、レポート作成ツール、インテリジェント・ツールを提供し、運用に影響を与える前に潜在的な問題から守り、アベイラビリティを維持するのに必要な自動化と管理でお客様のビジネスを支援します。

Veeam ONE 9.5の新機能:

  • 設定ミスやインフラストラクチャの問題を特定して修正するVeeamのインテリジェントな診断NEW
  • 自己回復の修復アクションNEW
  • Veeamエージェント向けの監視およびレポート作成
  • バックアップのコンプライアンスに関するレポートの作成
  • 仮想インフラストラクチャおよびバックアップ・インフラストラクチャ向けのチャージバック機能と課金機能
  • 企業向けの高度な展開シナリオ
  • ヒートマップ - バックアップ・リポジトリやバックアップ・プロキシのリアルタイムの可視性を提供NEW
  • 追加のバックアップ・レポート・パックのカスタマイズ

24時間365日のリアルタイムの監視とアラート通知機能

インフラストラクチャの評価:Hyper-V、VMware、エージェントベースのワークロードとVeeam Backup & Replication

Veeam ONEは、バックアップおよびVMware vSphereMicrosoft Hyper-Vの仮想環境のパフォーマンスを24時間365日無人でリアルタイムに監視するツールで、アプリケーションやユーザーに悪影響を及ぼす前に問題を通知します。モニタリング・ツールには、次のものが含まれます。

  • ワンクリックでドリルダウンビューを表示できるリアルタイム・ダッシュボード
  • ベスト・プラクティスに基づいてあらかじめ設定された200を超えるアラーム
  • バックアップ・リポジトリやバックアップ・プロキシの詳細な可視性を提供する詳細なヒートマップNEW
  • VMおよびエージェントの稼働状況を簡単にグループ化して監視する強化されたBusiness ViewNEW
  • 各アラームに関連付けられた広範なナレッジベース
  • 根本原因を特定し、問題を素早く解決するのに役立つ詳細な情報
  • 検出とトラブルシューティングの時間を短縮するように設計された具体的なアラーム・ダッシュボード
  • バックアップ・インフラストラクチャのパフォーマンスと傾向を表示するダッシュボード
  • リソースを最も多く使用しているコンポーネントをリソース別に表示するダッシュボード

さらに、ニーズに合わせてダッシュボードをカスタマイズすることもできます。例えば、特定のクラスターまたは事業体のパフォーマンス、アラート、バックアップ・ステータス、およびトップVMの詳細を表示したり、監視したりすることができます。

パフォーマンスと設定の評価

いつでもVMware環境またはHyper-V環境で何が起きているかを把握していますか。ピーク時の負荷を適切に処理できますか。vSphereおよびHyper-Vの適切なパフォーマンス監視ツールがあれば、ITサービスのアベイラビリティを維持するために極めて重要である、リソースの割り当てと使用量を把握しておくことができます。Veeam ONEは、パフォーマンスと設定の評価に役立ち、次の情報を取得することができます。

  • リソースを最も多く使用しているコンポーネントと負荷が最も少ないホスト
  • データストアのI/O負荷およびレイテンシのリアルタイム表示と累積値表示
  • データストアのレイテンシとIOPSがバックアップによる負荷の増加に対応できるかどうか
  • ホスト、クラスター、リソースプールおよびデータストアに関するリソース使用量データ
  • サポートされない設定(VMwareストレージにおけるpRDMや独立型ディスクのVM)のために保護できないVM、オーバーコミットなど

NEW 拡大を続けるエンタープライズ環境の
インテリジェントな自動化と診断

手動でバックアップ・アラートに対応したり、設定ミスを解決するためにサポート・コールの対応に何時間も費やしたりすることは、稼働時間やコストに大きく影響します。Veeam ONEの組み込みのインテリジェントな自動化により、企業は、応答時間、コスト削減、クリティカルなリソースやワークロードのアベイラビリティの維持について大幅な改善を実感できます。
 

Veeamのインテリジェントな診断NEWは高度なデータ・インテリジェンスを活用し、Veeam環境内の既知の問題を積極的に特定してアラート通知することによって管理コストを削減し、ホットフィックスや再構成によるセルフサポート解決を提供します。この機能により、次のことが可能になります。

  • Veeamサポートが管理する組み込みのログ・アナライザーやアラートのフィードにより、問題解決のための手動によるサポート・コールに伴うダウンタイムや生産性低下を最小限に抑え、パフォーマンスに影響を与える既知のソフトウェアやインフラストラクチャ関連の問題にソリューションを提供する
  • Veeam Backup & Replicationとは別に、Veeam ONEでアラートを受信することで、サーバーの状態に関係なく、バックアップ・サーバーの負荷への影響を最小限に抑え、一度に複数のサーバーを24時間365日、途切れることなく問題監視する
  • 潜在的な設定ミスや一定期間に解決された問題の数を特定する組み込みの日次レポートにより、ROIの向上とダウンタイムの削減を簡単に文書化する

修復アクションNEWは、自己回復の修復アクションの導入により、バックアップと仮想インフラストラクチャに関連したよくある問題の解決策を事前定義して自動化することで、応答時間を短縮し、IT管理コストを削減します。これで、ユーザーは次のことが実行できます。

  • 10の最も一般的なVeeam ONEアラームにリンクされた定義済みのカスタマイズ可能な修復アクションを追加することで管理を維持する。これによりユーザーは、インフラストラクチャに変更が適用される前に、応答を自動化または半自動化して、即時アクションをトリガーしたり、アクションの手動による承認を要求したりすることが可能
  • 一般的なバックアップ・インフラストラクチャとジョブの問題について、リアルタイムでのポリシーベースの自動解決を実行して、アラームに対する手動の応答を減らし、ダウンタイムを削減する
  • 「バックアップが可能な時間帯を逃した」、「VMスナップショット・スプロール」、「オープン・スナップショットまたはアクティブ・スナップショットで実行中のVM」といったアラームをトリガーするよくある問題に対するフォロー・アップの解決策を自動化する。クリティカル・アプリケーションが停止した場合、自動的にVMを再起動するフォロー・アップの解決策の記述が可能

仮想インフラストラクチャおよびバックアップ・
インフラストラクチャ向けのチャージバックと課金

IT部門およびサービス・プロバイダー向け

企業やサービス・プロバイダーは、強力なチャージバック機能と課金機能を活用して、組織やサービス内のコンピューティング・リソースおよびストレージ・リソースのコストを計算し、リソース使用量に基づいて個々の部門や顧客に課金することができます。レポートには次が含まれます。

  • VMの構成に基づくチャージバック:インフラストラクチャ内でスペックの高いVMを特定し、VMの構成に基づいて部門/顧客に課金します。
  • VMのパフォーマンスに基づくチャージバック:実際のリソース使用量(コンピューティングやストレージなど)に基づいて部門/顧客に課金し、インフラストラクチャ内で消費されるリソースおよびVMを特定します。
  • ホストの構成に基づくチャージバック:ホストおよびストレージを任意の価格で設定、VM構成の価格を計算し、CPU、メモリ、ストレージ使用量に応じて、ホスト上の各VMの価格に基づき部門/顧客に課金します。
  • ホストのリソース使用量に基づくチャージバック:ホストおよびストレージ(オプション)に価格を設定した上で、ホストの実際のCPU、メモリ、およびストレージ使用量に基づいて各VMの価格を計算します。

ビジネスと技術の視点からのインフラストラクチャの表示

ワークロードが多様化すると、企業にはより詳細な分類が必要です。Veeam ONEでは、技術とビジネスの両方の視点から仮想インフラストラクチャを表示できます。ホスト、クラスター、仮想マシン(VM)およびデータストアを次の基準で分類し、動的にグループ化して、簡単に監視やレポートの作成を行うことができます。

  • 事業体
  • 地理的な場所
  • 部門
  • サービスレベル
  • サーバーの種類
  • その他のあらかじめ定義された基準

Veeam Business Viewを使用すると、アプリケーションのパフォーマンスや稼働状況を簡単に監視し、地理的な場所に関係なく複数のパラメータに基づいてビジネス・ビュー・オブジェクトを分類し、インフラストラクチャへの投資がどのように利用されているかについての分析情報を得ることができます。この機能を使用すると、特定のパラメータを管理する管理者を割り当ててグループ内の問題を解決できます。また、CPU、メモリ、ロケーションに基づくタグを活用し、ロールベースのアクセス制御を支援するVMwareのタグの自動割り当てによってリスクを最小限に抑え、人為的なミスをなくすことができます。たとえば、GDPRなどのコンプライアンス要件を満たすためのロケーションごとの機密データのタグ付けです。

仮想および物理マシン向けのバックアップ・
インフラストラクチャの監視およびレポート作成

アベイラビリティは、バックアップ・インフラストラクチャの正常性とパフォーマンスによって異なります。Veeam ONEは、全てのVMおよびエージェントの構成がサポートされること、VMがバックアップ・ジョブによって処理されること、バックアップが予定どおり実行されていること、およびバックアップ先のストレージに、保持ポリシー要件を満たす十分な容量があることを確認できる専用の評価レポート・セットを提供します。特別な評価レポートにより、Veeam Backup & Replicationのインストール環境が既知のベスト・プラクティスをすべて満たしていることを確認できます。バックアップに関するレポートには、次のようなものがあります:
  • オリジナルと変更のビルドを比較して、バックアップ・インフラストラクチャのフォレンジック分析を行い、運用リスクを最小限に抑えるために変更を厳しく管理する、バックアップ環境用の詳細な変更追跡エンジンを搭載したバックアップ・インフラストラクチャ評価および監査
  • 保護されている物理エージェントと保護されていない物理エージェントを識別する、エージェントのレポート作成ENHANCED(傾向を分析し、ポリシーとバックアップ・ジョブが時間の経過と共にどのように変わるかを判断するエージェント・バックアップ・ジョブ・ポリシーの履歴情報レポート、ユーザーがバックアップのベスト・プラクティスなどに適合するよう、アーカイブされたバックアップのコピーがないエージェントを特定するレポートなどを含む)
  • Veeam Backup & Replicationデータ収集モードのみ:仮想インフラストラクチャのパフォーマンス・メトリックスを収集しないことにより、仮想インフラストラクチャの負荷を大幅に低減できるため、スケーラビリティが拡張
  • Veeamの組み込みWANアクセラレーションによるパフォーマンスの改善と帯域幅の節約
  • オペレーターによる復元作業の監査
  • バックアップ・ジョブとレプリケーション・ジョブのステータス
  • バックアップ・ジョブの対象になっていないために、保護されていないVM
  • バックアップ・ジョブの設定変更の追跡 
  • その他さらに20種類のレポート

無償

Veeam ONE 9.5

30日間機能制限なし!

vSphere環境、Hyper-V環境およびバックアップの
インフラストラクチャに関するキャパシティ・プランニング

Veeam ONEは、履歴データを使用して、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、およびバックアップのインフラストラクチャに関するパフォーマンス予測とキャパシティプランニングを提供します。“what-if”分析やリソースのオーバーコミットの追跡により、バックアップインフラストラクチャと仮想インフラストラクチャのリソースの使用量および使用率の傾向を予測します。

3台のSQLサーバーを追加して、メンテナンスのために2台のホストを停止できるでしょうか。Veeam ONEは、当て推量ではなく予測データに基づいて、確実なキャパシティプランニングを行うので、複数の展開プロジェクトを管理し、ハードウェアのアップグレードとサーバーのダウンタイムを計画して、ご使用の環境がそのプロジェクトに確実に対応できるようにすることができます。Veeam ONEを使用することにより、次のことが可能になります。

  • 使用量の傾向に基づいて、コンピューティングリソースまたはストレージリソースが使い果たされる時期を確認する
  • 設定されたバックアップジョブに使用できる、バックアップリポジトリのスペースがなくなる時期を把握する
  • 新しいVM、ホスト、コンピューティング・リソースまたはストレージ・リソースの可用性をエミュレートする
  • VMwareとHyper-V間で異種の拡張や変更を計画する
  • いくつかのキャパシティ・プランニング・プロジェクトを考慮して予約する
  • 当て推量だけでなく、Excelベースの計算や手動計算を排除する

サービス・プロバイダー向けの監視とレポート作成

マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)およびVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)パートナーは、マルチテナントのレポートと設定を活用して、各顧客環境のリソース使用量を詳細に可視化できます。

  • 仮想インフラストラクチャ向けのチャージバック
  • Backup as a Service(BaaS)クライアントに課金機能を提供
  • vCloud Directorインフラストラクチャとコンテキストのレポート作成と監視
  • セルフサービスの監視とレポート作成をお客様(テナント)に提供することにより、サービス提供を強化
  • SSOおよびローカルのvSphere / vCDのユーザーを活用してパフォーマンスデータを提供

Veeam ONEを使用すれば、MSPは、データが偶発的に公開されてしまう可能性がある手動のレポート機能を排除することにより、省力化を図り、テナントのデータを確実に保護することができます。

Rawデータの分析と高度なレポートのカスタマイズ

分析にRawデータを使用することが必要になる場合があります。Veeam ONEを使用すると、パフォーマンスに関するRawデータや、vSphereおよびHyper-Vのインフラストラクチャに関するカスタムレポート (特定のCPU、メモリ、ネットワークおよびディスクのメトリクスなど) に簡単にアクセスすることができます。

Veeam ONE監視ツールは最大限の柔軟性を提供し、独自の設定パラメーター、パフォーマンス・メトリックスおよびフィルターを定義することができます。さらに、レポートを簡単に作成できるように、Veeam ONE™にはカスタム・レポート・ビルダーが用意されており、既存のレポートのどんなフィールドのデータでも、1つの多目的ドキュメントにまとめて、必要な詳細な可視性を提供することができます。

custom_report_builder_provides_complete_visibility.png
リポジトリスペースの使用状況に関するカスタムレポート

変更追跡と監査

変更する部分が多く、バックアップインフラストラクチャも仮想インフラストラクチャもチーム全体で管理するため、設定の変更や新しいオブジェクトの追加を厳格に管理する必要があります。変更は動的で、最終的にはVM、バックアップジョブ、そしてハイパーバイザー自体のパフォーマンスに影響を与えます。

Veeam ONEは、バックアップの自動化とVMwareの変更追跡を提供し、変更の監査やフォレンジック分析を完全に透明化します。

バックアップのコンプライアンスに関するレポートの作成

Veeam ONEのバックアップのコンプライアンスに関するレポート作成は、データの内部最適化および管理だけでなく、外部のコンプライアンスも支援する市場屈指のバックアップのコンプライアンスに関するレポート作成機能を提供することにより、ユーザーの時間の節約やリスクの軽減に役立ちます。Veeam ONE Business Viewには、オブジェクトを地理的な場所に基づいてグループ化する、あらかじめ定義された「ジオロケーション」カテゴリが含まれます。地理指向のレポートは、コンプライアンスにも対応します。これには、本番の場所およびコピー/レプリカの場所によってグループ化された全てのデータ・ソースを表示するデータ保護のジオロケーション・レポートが含まれます。また、1つ以上のコピーを持ち、場所が本番データの場所とは異なる全てのデータ・ソースを表示するデータ・ジオロケーション不一致レポートも提供します。
VMを部門別に分類
VMを部門別に分類

すべての保護されていないVMの特定

お使いのVM、PC、物理サーバーは完全に保護されていますか?Veeam ONEは、ダウンタイムとデータ消失のリスクを低減するのに役立ちます。Veeam ONEを利用すれば、保護されているVMおよび物理マシンと保護されていないVMおよび物理マシンを簡単に判別することができます。これにより、全てのクリティカルなVM、物理サーバー、およびエンドポイントが適切にバックアップされ、使用可能であることを確認できます。保護されていないVMは、特別に設計されたバックアップ・ビジネス・グループによって識別および分類され、Veeam ONEのエージェント管理に関するレポートの作成機能によって、保護されている物理マシンおよびサーバーの数と種類、成功、警告、失敗の合計数などのバックアップの状態、そしてエージェントが保護されていない理由などを特定できます。

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによる
ライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、
価格およびパッケージ