https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvb3JjaGVzdHJhdGlvbi1hdXRvbWF0aW9uLWNhcGFiaWxpdGllcy5odG1sIiwiaGFzaCI6IjdlMTIyYjA3LTg2ZTMtNDljNi04NjQ1LTdjOTA1NzczMzY5YSJ9

オーケストレーションと自動化

インテリジェントなリカバリオーケストレーションとデータの再利用

手動でのデータ管理プロセスは、多くの組織で依然としてコストがかかります。最新化によるビジネスの進歩を支えるリーダーには、この負荷を軽減できるシステムが必要でしょう。つまり、手動プロセスを自動化することでIT部門の制約を緩和し、使われていない保護データを解放することで新しいビジネス価値を実現できるというシステムです。Veeam独自のクラウドデータマネジメント・アプローチでは、BCDRや移行の操作の他、統合されたDevOps機能、導入支援、あらゆるプラットフォームにおけるアプリケーションのアベイラビリティに対して、インテリジェントなテストを行い、オーケストレーションを実行できます。

インテリジェントなリカバリ
オーケストレーションとデータの再利用

リッチデータを再利用

既存のバックアップデータを再利用し、迅速なDevOpsプロセスの一環としてオンデマンドの仮想環境での開発を可能に。

データのオーケストレーション

DRの拡張可能なオーケストレーションと、あらゆるアプリやデータのいつでも可能な計画的移行で、継続性とレジリエンスをあらゆるスケールで実現。

常に復元可能

RTOおよびRPOへの動的なテストを行い、あらゆるエラーをプロアクティブに修復して、データ保護SLAを達成。

クラウドデータマネジメントにとって重要なのは、バックアップと復元を簡素化し、IT組織がデータを管理および活用する方法を転換する上で必要となる基礎です。独自のクラウドデータマネジメント機能を実現するVeeamの技術や特長について詳しくは、以下をご覧ください。

今すぐ開始する​

電子ブックを読む
2019年版 Veeam クラウドデータマネジメント・レポート​

今すぐ読む

市場における評価​
ガートナーマジッククアドラントでVeeamがリーダーに選出

今すぐ見る

ROIコンサルテーションを希望​
今すぐ開始

詳細はこちら