リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語のみ)
データシートを読む
2017年12月19日
データシートを読む
2017年12月19日
データシートを読む
2017年12月19日
データシートを読む
2017年12月18日
新機能
2017年12月18日
新機能
2017年12月18日

企業が仮想化されたプライベート・クラウド環境にアプリケーションのワークロードを統合する中で、予測可能なパフォーマンス、可用性、および管理の簡素性を求める要件がますます高まっています。このVeeam®とPure Storageのソリューション・カタログでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • アプリケーションSLAの一貫した達成
  • より高い投資対効果を実現
  • IT運用管理の合理化
  • その他多数
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2017年7月31日
著者: Alexis de Pablos,

私たちは毎日、手元にあるリソースでワークロードを実行することを求められています。データは常に増え続け、そのデータをいつでも利用できるようにする必要があります。それが、ストレージが必要不可欠で貴重なアセットである大きな理由の1つです。Veeamは、今あるストレージ領域を可能な限り利用できるようにする柔軟なソリューションを提供しています。

異なる技術を個別に、あるいは一緒に使用することで、今あるストレージへの投資を最大限に生かし、現時点のニーズに従って自由に管理できるようになります。

多数のストレージがあっても合理的に利用できなければ高いコストが発生します。このドキュメントでは、ストレージ使用量を最適化するためのVeeamの全オプションを解説しています。

詳細についてはこちら
講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 32:17

Veeam®とMicrosoft Azureによるハイブリッド・クラウド・ソリューションについてご説明します。オンプレミス環境からMicrosoft Azureへと、グローバル・レベルのアベイラビリティを提供するソリューションです。VeeamはMicrosoft Azureと共に、Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)における革新を実現します。

Veeamのシステム・エンジニアリング・マネージャー  吉田幸春によるライブ・セッションでは、以下についてご紹介します。

  • Veeam Availability Suite™と、Microsoft Azure上で稼動するアプライアンス・ベースのソリューションを活用することで、従来のテープ・ベースのソリューションと比べて最大90%超のコストを削減
  • ソフトウェアベースのソリューションであるVeeam Cloud Connect for Service Providers / for the Enterprise により、Microsoft Azureへの自動アーカイブが可能に
  • VeeamのDirect Restore to Microsoft Azureと、新しいVeeam Agents for Microsoft Windows / for Linux(WorkstationエディションとServerエディション)による、仮装マシンと物理マシンの両方に対するアベイラビリティ戦略
  • Veeam Backup for Microsoft Office 365

VeeamとMicrosoft Azureによるハイブリッド・クラウド・ソリューションは、RPO/RTO時間が15分未満で、非常にきめ細かなリカバリ・オプションを利用できるため、大いにご満足いただけることでしょう。

講演者: 吉田 幸春
ビデオ: 40:56

新しいVeeam® Availability Suite™ 9.5がついに一般公開されました‍。このウェビナーでは‍、エンタープライズ向けの機能拡張についてご紹介します‍。ぜひご覧ください‍。Veeam Availability Suite 9.5は‍、規模やVM数を問わず効率的かつ効果的に拡張できます‍。これまででもっともスケーラブルなVeeam製品です‍。

この録画版ウェビナーでは以下の内容を取り上げます‍。

  • 主な発表内容
  • 新機能によりもたらされるビジネス価値のご紹介
  • 主な機能のデモ
もっと見る