非営利団体で仮想環境の経済的なモニタリングを可能にしたVeeam ONE
SGIX

非営利団体で仮想環境の経済的なモニタリングを可能にしたVeeam ONE

我々がVeeam ONEに最初に注目したのは、ESXiホストと組み合わせて使用できるという点でした。さらに、仮想インフラ全体の集中管理、リソースの使用状況に関するレポート、潜在的な問題を警告するアラートといった機能も、我々にVeeam ONEの購入を決断させる理由になりました。

会社名:

Singapore Internet Exchange (SGIX)は、非営利のオープンかつ中立的な立場のインターネット・エクスチェンジ(IXP)で、インターネット・アクセス・プロバイダ(IAP)およびコンテンツ・プロバイダを1ヶ所で相互接続することができます。SGIXでシンガポール全土のサイトを直接相互接続することにより、コストが削減され、待ち時間が短縮される上に、ローカルのIPトラフィックの帯域幅も増加されます。SGIXの高速で可用性の高い設備は、メンバーに対して持続可能なパフォーマンスを保証します。

業界:

電気通信

課題:

VMwareをサポートする手頃な価格のモニタリングおよびレポーティング・ツールを見つける。

ソリューション:

Veeam ONE

成果:

  • VMwareインフラに関する情報の集中的かつ総合的な表示
  • リアルタイムでのモニタリング、及び問題を迅速に特定し、解決できるアラート機能
  • 変更追跡およびリソースの最適化のための包括的なドキュメンテーションとレポーティング
  • VMwareインフラに関する情報の集中的かつ総合的な表示
  • リアルタイムでのモニタリング、及び問題を迅速に特定し、解決できるアラート機能
  • 変更追跡およびリソースの最適化のための包括的なドキュメンテーションとレポーティング

ビジネス課題

2010年に設立されたSGIXは、インターネット・アクセス・プロバイダ(IAP)およびコンテンツ・プロバイダを接続して、シンガポール全土の数十万のユーザに24時間365日情報やサービスを提供するインターネット・エクスチェンジ(IXP)です。SGIXのサーバとネットワーク機器は、外部データ・センターから遠く離れた場所に配備されています。

SGIXは、設立当初、インフラの仮想化を選択しました。現在、SGIXの環境は、Linuxサーバ上で稼働する4台のVMware ESXiホストで構成されています。19台の仮想マシン(VM)は、認証やネットワーク・グラフ・ツールなどのミッションクリティカルなアプリケーションを実行し、インターネット・エクスチェンジのルーティングを調整するために必要不可欠なルート・サーバをサポートしています。

SGIXは最初、無料のESXツールを使用して仮想環境を監視していました。「わずかな予算で運営している非営利団体であるため、環境を管理するための最も経済的な方法を探していました。無料ツールは、費用をかけずに仮想戦略をテストするには有用でしたが、長期にわたって使用できるものではありません。また、まもなく、このツールにはない機能、特に、仮想インフラ全体を監視するだけでなく、潜在的な問題を特定し、警告するソリューションが必要であることもわかりました」とChun Sing Kerk氏は語っています。

Kerk氏は、VMworldでVeeamのデモを見て、Veeam製品の機能とテクノロジーに好印象を受けました。同氏は、「Veeam ONEは、我々のような小規模の組織にとって理想的なソリューションであるというのが最初の印象でした。手頃な価格で、しかも我々の要件を満たすモニタリング機能が装備されているからです。この印象は、自分の会社ですでにVeeamを使用している友人によってさらに強くなりました。早速Veeam ONEの無償版をダウンロードしてみると、期待以上のものであることがわかりました。まさに我々にぴったりのツールであることを知り、完全版の購入を進めるべきだと確信しました」と語っています。

Veeamソリューション

Veeam ONEは、1つで、強力ながらも使いやすいモニタリング機能とレポーティング機能の両方を提供するソリューションであるため、Kerk氏は、SGIXの仮想環境を効果的に管理することができます。同氏は、「Veeam ONEにより、仮想インフラを総合的に管理することができます。Veeam ONEは、使いやすく、我々のような小規模で、経費を節減しなければならない組織にとって申し分のないソリューションです」と語っています。

Veeam ONEは、パフォーマンスとリソースの使用状況を24時間365日リアルタイムで監視し、仮想インフラ全体に関する総合的な情報を表示します。Veeam ONEは、インフラを自動的に検出してドキュメント化し、分析を行うため、Kerk氏は問題を特定し、即座に対応することができます。同氏は、「メンバーは、数千ものエンドユーザに情報やサービスを提供するには、24時間365日可用性を維持することが極めて重要です。Veeam ONEをインストールした直後、1台のホストでハードディスク障害が発生しているという警告を受けました。Veeam ONEをインストールしていなければ、問題を検出して、それに対応するのに長時間を要したかもしれません」と説明しています。

問題解決は、Veeam ONEに内蔵されているインテリジェンスによってさらに強化されます。「Veeam ONEの設定済みアラームと広範な知識ベースにより、問題が発生していることを知り、問題の早期解決に役立つ回避策やトラブルシューティングについて助言を受けることができるため、サービスを中断させてしまうことはめったにありません」とKerk氏は語っています。Veeam ONEのレポーティング機能は、仮想環境を制御し、最適化するのに役立つ詳細なレポートを提供するため、SGIXは、ドキュメンテーションの自動化、変更追跡、過少または過剰使用のリソースの特定を行うことができます。同氏は、「詳細かつ最新のドキュメンテーションが必要不可欠です。設定に関する詳細な履歴をすぐに手に入れることができるし、事前定義された自動レポートにより、変更のドキュメント化と追跡、リソースおよび作業負荷の特定も可能です」と述べています。 Kerk氏は、レポートがいかに有用であるかを示す例を挙げました。「日次レポートを通して、必要不可欠なVMwareツールが一部のLinuxサーバにインストールされていないことが発覚しました。しかし、VMを特定できたので、この状況が大きな問題になる前に修復することができたのです」。

常時対応してくれる電話によるテクニカル・サポートに加えて、Veeam製品に付属されるオンライン・チュートリアルは、Kerk氏とSGIXにとって特に有用なものとなっています。「テクニカル・サポートに電話で問い合わせなければならないような問題はほとんどなく、しかも、そのまれな場合でも、対応時間と提供される情報は十分満足できるものです。それに、チュートリアルも非常に役立っています」とKerk氏は語っています。

Kerk氏は、Veeam ONEのパフォーマンスに非常に満足しています。「私はためらうことなく、仮想環境向けのモニタリング・ツールを探している企業に対して、Veeam ONEをぜひ試してみることをお勧めします。期待を裏切ることはありません」。

成果

VMwareインフラのための仮想インフラに関する情報の集中的かつ総合的な表示
Veeam ONEは、仮想インフラ全体を詳細に可視化し、VMwareとHyper-Vの両方と組み合わせて使用することができるため、SGIXは、単一のソリューションだけで、すべてのホストを手頃な価格で効果的に管理できるようになりました。

リアルタイムでのモニタリングと問題を迅速に解決できるアラート機能
Veeam ONEは、仮想インフラ全体を総合的に可視化するだけでなく、24時間365日リアルタイムで監視するため、SGIXは、問題が深刻になる前に対処できるようになりました。Veeamの内蔵アラームと広範な知識ベースにより、問題を迅速に特定し、解決することができます。

変更追跡およびリソースの最適化のための包括的なドキュメンテーションとレポーティング
Veeam ONEのレポート機能により、SGIXは、すべてのオブジェクト、設定および変更の総合的な履歴を保持し、それを詳細な自動レポート機能によりドキュメント化できるようになりました。さらに、Veeam ONEはリソースの使用状況も特定するため、Kerk氏は、新しいVMを配置する方法と場所を把握し、仮想環境の運営と拡張を効率的に継続することができます。

Rating: 4 / 5 ( 1 votes cast)

なぜVeeam?

今すぐ体験

ご購入方法

Veeamソリューションを選択する理由

Veeam ONE
30日間の無料お試し
ライセンスと購入について