新登場 Veeam Availability Suite 9.5

Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEを含む

検証済みの高復元率

自動化されたバックアップおよびレプリカ復元テスト

バックアップは、復元できなければ意味がありません。しかし、IT責任者は、バックアップのわずか5%*しか検証していないと報告しています。

Veeam®は、「すべての」仮想マシンの復元をテストします。Veeam Backup & Replication™は常に、自動化された復元検証ジョブを実行することにより、すべてのファイル、アプリケーションまたは仮想サーバーの復元を保証します。SureBackup®とSureReplicaにより、すべての復元がテストされるので、それについて心配する必要はありません。

無償評価版をダウンロードする
体験版では機能制限はありません

SureBackup

バックアップの復元を検証

SureBackupにより、いつでもすべてのバックアップ、すべてのVM (仮想マシン) の復元を自動的に検証することができます。SureBackupは、分離されたVirtual Lab環境でVMを自動的に起動し、一連のテストを実行した後、ユーザーのメールボックスにステータスレポートを送信し、VMがいつでも復元できることを通知します。

VMバックアップが復元可能であることを検証するために、SureBackupは次の手順を実行します。

  • 自動的にVMを分離された環境でバックアップファイルから直接起動します。これにより、復元に要する時間は、競合ソリューションが完全なVMの復元を実行するために必要とする時間よりも短縮されます。
  • VMに対して一連のテスト(例えば、ハートビート、ネットワークキング、アプリケーションのステータスなど) を実行します。
  • VMの電源をオフにします。
  • VMバックアップステータスレポートを作成します。

VMバックアップに対するアクセスはすべて読み取り専用で、プロセスが完了すると、変更は破棄されます。

SureReplica**

レプリカを自動的に検証

すべてのVMレプリカのすべての復元ポイントに対し、自動的に復元のテストを行います。SureReplicaは、分離されたVirtual Labでレプリカを必要な復元ポイントから起動することにより、データの一貫性を検証し、レプリカの設定の正確さをチェックし、完全な信頼性をテストします。

VMレプリカは本来、VMをそのままコピーしたものに一連の復元ポイントを加えたものなので、テストプロセスは、VMバックアップのテストとは異なります。SureReplicaは、次の手順を実行します。

  • 分離された環境で、VMレプリカを必要な復元ポイントから起動します。
  • VMに対して一連のテスト(例えば、ハートビート、ネットワークキング、アプリケーションのステータスなど) を実行します。
  • VMレプリカの電源をオフにします。
  • VMレプリカステータスレポートを作成します。

** 現在、VMware vSphereのみサポート

ビデオを見る

Veeamシステム エンジニアによるライブまたは録画セッション

今すぐ体験

を今すぐお試しください

ご購入方法

ライセンス オプション、価格およびパッケージ