Veritas Backup ExecからVeeamへの乗り換え

からVeeamへの乗り換え

Veeamに乗り換えるVeritas Backup Execユーザーがこれまで以上に増えています。Backup Execに代わるより優れたソリューションを求めていたユーザーは、Veritasのレガシー・ソリューションとは異なり、Veeamは仮想化向けに構築されているという理由から、Veeamに乗り換えています。つまり、比類のない信頼性を備えたスケーラブルなアーキテクチャが実現します。多くの元Veritas Backup ExecユーザーがVeeamの何を賞賛しているのかご確認ください。

Veeamへ乗り換える理由とは?

Backup ExecとVeeamの比較

Veeam Availability Suiteに乗り換える5つの理由

1従来のバックアップよりも優れたアベイラビリティ

Backup Execは、1980年代にそれ以前のレガシー・アプリケーション向けに開発され、仮想化向けに改良されました。Veritasのルーツは物理的な世界にあり、それは、最先端のデータセンターのイノベーションに制約を与えます。最初から仮想化向けに開発されているアベイラビリティ・ソリューションに乗り換えることで、完全なエージェントレスのバックアップと復元、ネイティブのVMレプリケーション、マルチハイパーバイザーのサポートなどが提供されます。

2評価の高いサポート

Veeamのグローバル・サポート・チームは、技術的な知識、コミュニケーション、お客様第一主義の点で匹敵するものはありません。Veeamユーザーは最近、米国を拠点とする北米サポートチームに対して98.9%、EMEAチームに対して97.3%の顧客満足度を示し、Veeamサポートを高く評価しました。

3迅速な復元

Backup Execのような従来のツールは、復元時間を長引かせる可能性があり、通常、面倒なエージェントを必要とします。Veeamには、1つのエージェントレスによるイメージ・バックアップから50以上の復元シナリオが用意されており、これに匹敵するソリューションはありません。

4データ損失の回避

Veeamは最初のバージョンより、2-in-1のバックアップとレプリケーション™を提供しているのに対して、Backup Execは、完全なビジネス継続性と災害復旧計画に必要な高度なツールを提供していません。

5将来に対する信頼

SymantecはVeritas製品ラインを投資会社に売却し、バックアップ製品の将来に大きな不確実性をもたらしました。Veeamに移行すれば、データの将来だけでなく、アベイラビリティ・ベンダーの将来に対する信頼を取り戻すことができます。

Backup ExecからVeeamに乗り換える10の理由

投資会社によって所有されているVeritasは、SymantecからBackup Execを買収しました。この取引は2016年前半に完了し、バックアップ製品の将来に不確実性をもたらしています。Backup Execはバックアップを提供します。しかし、提供するのはバックアップのみです。バックアップは、少量のデータを保護するのには最適ですが、データセンター全体を保護したり、復元するためには、異なるアプローチが必要です。Veritasは依然として、バックアップがITスタッフにとって必要な負担として扱われており、時代に合わない考え方です。

バックアップ・ベンダーがずっと側にいるという安心感を得ましょう。アベイラビリティに不安を残したままにしておくことは許されません。Veeamに移行すれば、データの将来だけでなく、アベイラビリティ・ベンダーの将来に対する信頼を取り戻すことができます。

Veritas Backup ExecユーザーがVeeamに乗り換えるすべての理由をご覧ください。

その他の情報:VeeamとBackup Execの比較

技術面での5つの差別化要素

Veeam Backup Exec
エージェントレスによるオールインワンのイメージベースのバックアップ、レプリケーション、監視およびキャパシティ・プランニング
すべてのバックアップ、すべての仮想マシンの復元を自動的に検証
Active Directory、Exchange、SharePoint、SQL、およびOracleに対応した、エージェントレスによる整合性を維持したアプリケーション保護
ストレージ・スナップショットからのエージェントレスによるバックアップと復元
組み込みWANアクセラレーション
ProPartner の検索
FREE

Need physical backup too?

As modern IT infrastructures converge, it only makes sense that Veeam continues to focus on virtual environments. According to Gartner, the majority of server OS instances are virtualized (71% in 2014). By 2018 it will reach 82%. Just because Veeam is a virtualization-first vendor does not mean we don't offer physical backup. We actually give it away for free!

Get Veeam Endpoint Backup for laptops and desktops free!

Backup Execのニュースが話題になった今こそ、

乗り換える絶好の機会です

Backup Execの将来は不確実です。2005年にSymantecが130億でVeritasを買収したときは、バックアップとセキュリティ・ソフトウェアの自然な合併だという印象でした。しかし、事は計画どおりに進まず、10年後、Symantecは撤退し、Veritasは、投資会社のCarlyle Groupに売却されました。投資会社は、さまざまな方法で投資利益率を達成しますが、必ずしもそのすべての方法が、会社構造の現状維持を伴うものであるとは限りません。Carlyle Groupがユーザーの利益を最優先するのは間違いないと言えるでしょうか。ユーザーは、自分が利用しているデータ保護ベンダーが将来にわたって対応してくれると信じています。他人事ではありません。期待していることを実現しましょう。Veeamに乗り換えることで安心が得られます。

Banks drop financing for Carlyle’s 8bn purchase of Symantec Veritas

Veritas Sale:Symantec comes out ahead with cash to invest

Symantec Announces Sale of Veritas to The Carlyle Group for $8 Billion in Cash

Symantec Finally Finds Buyer for Veritas

Symantec's Q1 earnings report disappoints amid $8 billion sale of Veritas

お客様の声*

Backup Execとその仮想化エージェントでは、ロボット・ライブラリの容量が限界に達していました。Veeam Essentialsを実装すると、使用するテープの数はわずか1/3になり、テープ・ライブラリの使用量は75%も削減されました。

以前は、Backup ExecとvRangerを使用していました。Veeamの方が効率的に機能し、簡単に使用することができます。

SymantecのBackup Execでさまざまな問題が発生していたので、Veeam Backup & Replicationの評価版を試してみました。わずか数時間後には、インストールと設定が完了し、1日経つと、すべての仮想サーバーがVeeamによってバックアップされていました。Veeamの処理速度と使いやすさに、最初から驚かされました。この先もそうであれば、ずっとVeeamを使い続けると思います。

Veeamは、並外れて優れた技術が結集された製品で、インストールとアップグレードのプロセスは特によく考えられています。グラフィカル・インタフェースは、機能と外観のバランスが非常にうまく調整されています。

バックアップ・システムの構築と運用には、これまで常に悪戦苦闘してきました。Veeamは、セットアップと展開が短時間で完了でき、確実に動作した初めての製品です。最終的に、バックアップ・ソリューションを監視する必要がなくなりました。Veeamは、RoncoRから「SET IT AND FORGET IT!(一度設定したら後は放っておけばよい)」という商標を買い取るべきです。

これまで使用してきたソリューションの中で、Veeamだけサーバー単体だけでなくADフォレスト全体やAppサーバー全体の高速バックアップやインスタント・リカバリについて検証済み保証を付けました。しかもこれらを簡単に実行できるソリューションです。また、Veeamは投資対効果が高く、我々がこれまで調べたり使用したりした他のソリューションよりもはるかに高い価値を提供します。Veeamを強くお勧めします。

*出典:2015年Veeam顧客満足度調査

Veeamが競合他社製品より優れている点については、次のリンクを参照してください。