評価版
新登場

Veeam Backup & Replication Community Edition 9.5

VMwareとHyper-V(物理およびクラウド)に不可欠な
無償のバックアップ

新登場 Veeam® Backup & Replication™ Community Edition[以前のVeeam Backup Free Edition]は、VMwareとHyper-V、および物理サーバー、ワークステーション、クラウド・インスタンスに不可欠な無償のバックアップです。

Veeam Backup & Replication Community Editionを使用して、最大10台のVM、またはVM、クラウド・インスタンス、物理サーバー、ワークステーションの組み合わせを保護します。本番環境を保護できるほか、ホーム・ラボで使用したり、移行に使用したりできます。これらは無償で行えます

Veeamの無償のバックアップを使用する理由

Veeam Backup & Replication Community Editionは、

  • 強力:Veeam Backup & Replication Standard Editionで提供されている完全なバックアップ、復元、およびレプリケーション機能を提供します
  • シンプル:お使いのあらゆるサーバー・ハードウェアやバックアップ・ストレージで数分で保護をダウンロードして開始します
  • 信頼できる:設定するだけでデータは保護され、必要なときにいつでもどこでもデータを使用できます— It Just Works!

最も重要なのは、Veeam Community Edition無期限で無償なことです

多数の機能を備えた無償のバックアップ・ツール

一般的に、無償のバックアップ・ツールが提供する機能や価値はとても低く、時間の面で制限されています。しかし、Veeamは違います。Veeam Backup & Replication Community Editionは、仮想管理用に設計されており、強力な管理機能と復元機能を備えています。その裏にごまかしや策略はありません。また、後で追加料金を請求されることもありません。

ご自分で確かめていただければ、業界のほとんどの企業が課金を選択している高品質のソフトウェアをVeeamは無償で提供していることがお分かりになるでしょう。Veeam Backup & Replication Community Editionでは、以下が可能になります:

  • ハイ・アベイラビリティのためにオンサイトで、またはDRのためにオフサイトでVMをレプリケート
  • 時間とストレージを節約する永久増分バックアップを作成することで、定期的な完全バックアップの必要性を排除
  • 通常の バックアップ・スケジュールをユーザー・インターフェースから管理
  • オンプレミスのWindows/LinuxベースのVM、物理サーバー、およびエンドポイントをAWSMicrosoft Azure、およびAzure Stackに直接リストアまたは移行
  • バックアップが マルウェアに感染していないことを確認してから、安全かつ迅速に本番環境へリストア
  • その他
仮想マシンのレプリカを作成することで、DRソリューションを簡単に開発できます。
仮想マシンのレプリカを作成することで、DRソリューションを簡単に開発できます。

VM10台のみに限定されません!

Veeam Backup & Replication Standard Editionで提供されるレベルの機能で10台のVMを保護できますが、さらにVeeam Backup & Replication Community Editionでも、保護したいVMに対して無料で無制限のアドホックなVMバックアップおよび移行が可能です。エージェントを展開する必要がなく、強力な復元オプションとVeeamZIP™を備えているため、日常のワークロード管理に対して柔軟性と信頼性の高い無償のVMバックアップ・ソリューションが得られます。

VeeamZIP:オンザフライのバックアップ

Veeam Backup & Replication Community Editionでは、VMwareおよびHyper-VのVMをVeeamZIPで圧縮できますVeeamZIPは、VMを完全にカプセル化し、アドホック・バックアップを作成します。VeeamZIPは、任意のESXiまたはHyper-Vホスト上のVMをリストアするために必要な全ての仮想ディスクと構成ファイルを取得するほか、シンプロビジョン・ディスクも維持します。VeeamZIPは、

  • 簡単:直感的に構成でき、VMを一時停止したり、電源を落としたりする必要がありません
  • コンパクト移植可能

Direct NFSアクセス

Veeam独自のNFSクライアントを使用して、ファイルベース(NFS)のプライマリ・ストレージから直接バックアップすることにより、仮想環境に対する影響を抑えてvSphereの高速バックアップを実現します。

コンピューター全体と個々のゲスト・ファイルをリストア

Veeam Backup & Replication Community Editionは、完全なイメージ・リストアやきめ細かいアプリケーション・アイテム・レベルの復元を含む完全なリストア・オプションを備えています。さらに、VMバックアップの内部を検索して、個々のゲスト・ファイルをリストアすることもできます。IFLRは、ホストレベルおよびエージェントベースのバックアップから、Windows、Linux、Unix、BSD、Mac、Solaris、Novellを含む19のファイル・システムで使用できます。

ネイティブでのテープ・デバイスのサポート

NTBackupやWindows Server Backup(WSB)の除外に伴い、ITツールボックスの重要な部分が失われます。このVeeamの無償のバックアップおよび復元ソリューションでは、仮想テープ・ライブラリ(VTL)、 テープ・ライブラリ、およびスタンドアロン・テープ・ドライブへのファイルレベルのバックアップをサポートすることで、この機能を利用できるようにします。これには、実行中のアプリケーションからファイルをバックアップするMicrosoft VSS、 最速のパフォーマンスを実現する並列処理などのサポートが含まれます

アプリケーション・アイテムの復元とeDiscovery

Veeam Backup & Replication Community Editionを使用すると、面倒な復元作業のほとんど全てに対応できます。迅速かつ簡単にリストアするために、次の機能を使用して必要なものだけを特定できます。
Veeam Explorer™ for Microsoft Active Directory:個々のActive Directoryオブジェクト(ユーザー、グループ、コンピューター・アカウント、連絡先、期限切れリンクなど)を迅速にリストアし、LDIFDEユーティリティで使用するために、プライマリ・グループIDを含めて、Active Directoryオブジェクトをイメージレベルのバックアップから直接エクスポート
Veeam Explorer for Microsoft SharePoint:SharePointデータベースをバックアップ・ファイルから直接表示し、特定のサイト・アイテムやライブラリ・ドキュメントを検索して迅速に復元。
Veeam Explorer for Storage Snapshots世界の主要なストレージ・プロバイダーの既存のプライマリ・ストレージ・スナップショット機能を利用して、ステージングや追加の作業を必要とすることなく、ストレージ・スナップショットから単一のゲスト・ファイルまたはVM全体を2分足らずで復元
Veeam Explorer for Microsoft Exchange:高度な検索機能と個々のExchangeのアイテム(電子メール、連絡先、ノートなど)の迅速な復元により、イメージレベルのExchangeバックアップを即時に表示
Veeam Explorer for Microsoft SQL Server: SQL Serverデータベースを開発またはテスト目的でバックアップ・ファイルから直接瞬時に公開し、 個々のデータベースをイメージレベルのSQL ServerバックアップからネイティブのSQLバックアップ・フォーマット(.BAK)へエクスポート

VMwareおよびHyper-V VMの移行とエクスポート

Veeam Backup & Replication Community Editionでは、クラスタや共有ストレージを使用しなくてもvSphere vMotionなしでライブVMware VMを任意のホストやデータストアに移行できます。

迅速な移行では、ネイティブVMwareおよび専用のVeeamの技術を利用して任意の移行シナリオを提供します。これには、ローカル・データベースから共有ストレージへのVMの移行や2つの別個のESXiホストおよびデータストア間でのVMの移行が含まれます。

また、VMをダウン時間なしでHyper-V上でエクスポートできます。VeeamZIPは、VMを実行中にバックアップでき、全ての仮想ハード・ディスクおよび構成ファイルを単一の圧縮されたバックアップにカプセル化して、別のホストに復元することができます。

バックアップがマルウェアに感染していないことを確認

Veeamの特許申請中のウイルス対策ソフトウェア・インターフェースによってデータ・セキュリティを強化することで、ランサムウェアなどの悪意のあるマルウェア攻撃のリスクを軽減してビジネスを保護します。

Veeam DataLabs™ Secure Restoreは、リストアされたイメージがマルウェアに感染していないことを自動化されたウイルス対策スキャンによってリストアの前に確認することにより、本番環境を保護します。ウイルスが確認されると、このオプションの機能によって警告が発せられ、データを本番環境へリストアする前に環境が安全であることを確認するための複数の対応オプションが提供されます。

Veeam DataLabs Secure Restoreは、Windows Defender、ESET NOD32、およびSymantec Protection Engineと標準で統合されており、他のウイルス対策ソフトウェアをコマンドライン・インターフェースを用いて利用するように拡張できます。

VMとホスト・ファイルの管理

Veeam Backup & Replication Community Editionには、強力なファイル管理機能が含まれます:

  • VMおよびホスト・ファイルを、使い慣れたWindows Explorerのようなグラフィカル・インターフェースで表示
  • ホスト間のコピー(データストア間でのVMやテンプレートのコピーなど)
  • ホストとWindows/Linux間のコピー(ISOファイルのホストへの送信など)

Veeamの実証済みのテクノロジにより、高速で柔軟性のあるコピー機能を利用することができます。

ファイルやフォルダを必要に応じてコピーするか、またはファイルのコピー・ジョブをスケジュールすることができます。
ファイルやフォルダを必要に応じてコピーするか、またはファイルのコピー・ジョブをスケジュールすることができます。

Veeamのほかの無償製品をぜひご活用ください!

Veeam Backup & Replication Community Editionの登場により、Veeamの無償製品のラインはノンストップです!これらの無償製品を今すぐダウンロード!

  • 新登場のVeeam Agent for Microsoft Windows FREEでは、Windowsベースのサーバー、デスクトップおよびノートパソコンのバックアップのためのシンプルなソリューションが用意されています。これにより、外部ハード・ドライブ、NAS共有、あるいはVeeam Backup & Replicationリポジトリにお使いのコンピュータを簡単にバックアップできます。こちらより無償でゲット!
  • 新登場のVeeam Agent for Linuxは、Linuxインスタンスのアベイラビリティを確保するために設計された、シンプルなバックアップ・エージェントです。クラウドまたはオンプレミスのどちらで運用されている場合でもご利用いただけます。こちらより無償でゲット!
  • 新登場のVeeam Backup for Microsoft Office 365 Community Editionでは、Office 365 Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessのバックアップと復元を無料で実行できます。これにより、Office 365データへのアクセスや制御ができなくなるリスクが排除されます(10名以下のユーザーおよび1TB以下のSharePointデータに限定)。無料で入手するにはこちらから!
  • 新登場のVeeam ONE™ Community Edition[以前のVeeam ONE Free Edition]では、Veeam ONEの強力な監視機能とレポート機能を無償で使用できます。ユーザーは、VMwareまたはHyper-Vインフラストラクチャ、またはVeeam Backup & Replication、Veeam Agents for Microsoft Windows/Linuxワークロードのあらゆる組み合わせから最大10のインスタンスを監視できます。無料で入手するにはこちらから!