https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvdm13YXJlLWVzeC1iYWNrdXAuaHRtbCIsImhhc2giOiI2NDYwOTY2MS00ZjM4LTQwNDUtYmRhZi1jZmQ0ZmNiN2ZmYjkifQ

No.1のVMwareバックアップとアベイラビリティ

Veeam® Backup & Replication™は、クラウド、仮想、物理のあらゆるワークロードのアベイラビリティを実現します。また、あらゆる規模の企業のバックアップ需要に対応し、複雑さを軽減し、レガシーバックアップをしのぐパフォーマンスを実現します。様々なタイプの復元に特化した次世代のインスタント・リカバリ・エンジンは、単一パスのイメージレベルのバックアップからの復元によって非常に高い柔軟性を実現しています。市場で最も高度なインスタントVMリカバリ技術を使用することで、一度に複数のVMを復元するインスタントリカバリを今すぐ開始することができます。移行や、マルチサーバーアプリケーションを迅速にオンラインに戻すには最適なソリューションです。Veeam Backup & Replicationは、常に最新バージョンのVMwareをサポートしているため、新しい仮想化プラットフォームのアップデートに対応できます。

目標復旧時間(RTO)の
達成

最大5倍の復旧時間で、あらゆるデータやアプリケーションに対して目標を達成します。

復元フットプリントの削減

超大型VMware VMに必要な個別のディスクまたはファイルだけを復元します。

DR中のダウンタイムの削減

個々のVMに対して、また複数のVMなら同時にインスタント・ディザスタ・リカバリ操作や移行操作を実行します。
  • VMwareバックアップ
  • VMware復元
  • VMwareレプリケーション
復元は最も重要ですが、強力なVMwareバックアップソリューションを用意することが基本となります。ックアップを成功させる絶好の機会を提供し、リストアを準備するために、Veeam Backup & Replicationには様々な主要機能が用意されています。これらの機能を使用することで、最初から適切なバックアップを正しく実行することができます。ワークロードのタイプ、ストレージの制約、SLAにかかわらず、VMware VMバックアップを設計どおりに実行し、予定どおりに完了できるよう保証することで、あらゆるタイプの復元に対応できます。適切な保護、監視、ストレージ管理、およびユーザー制御により、常に監視が必要な仮想バックアップは過去のものとなります。

アプリケーションを認識したイメージベースの
バックアップ

Veeam Backup & Replicationは、実行中のVSS対応アプリケーションのアプリケーション整合性を維持したイメージレベルのバックアップを作成し、ビジネスクリティカルなアプリケーションとサービスが確実に復元されるようにすると同時に、アプリケーション固有のリストアシナリオを可能にします。

ストレージスナップショットからのバックアップ

世界の大手ストレージプロバイダーがサポートするストレージスナップショットからのバックアップを活用することにより、VMwareの本番環境にほとんど影響を与えることなくRPO要件を満たします。

バックアップのコピーのクラウドへの
インテリジェントな移動

使いやすく、スケーラブルで低コストのポータブル・ストレージ・クラウド・ソリューションで、急速なデータ増加に対応します。スケールアウト・バックアップ・リポジトリを使用することで、クラウドにおける長期のデータ保持の容量を無制限に利用できます。

プロアクティブなアラートとレポート作成

Veeam ONEにより、340個以上の事前設定済みアラームと150個以上の事前構築済みレポートで、VMwareバックアップの成功率を向上させ、潜在的な問題が環境への脅威となる前にそのリスクを軽減できます。

多くの企業は、データ保護サイクルの大半をバックアップに集中して費やしていますが、本当に大事なのは復元です。Veeam Backup & Replicationは、どれほど複雑な復元にも対応できるように構築されていますが、シンプルさ、柔軟性、信頼性を重視して設計されているため、VMwareの復元については、ビジネスを加速する非常に有用なツールとなっています。個々のファイルから全てのディザスタリカバリまで全範囲に及ぶ復元により、復元目標を達成する必要がある場合に、最初から正しく実行できるという自信を持って復元シナリオに対応することができます。

次世代のインスタント・リカバリ・エンジン

単一リカバリエンジンのスピードと柔軟性により、Veeam Backup & Replicationには多数の柔軟性に富んだ復元方法が用意されています。これには、単一パスのイメージレベルのバックアップからのインスタントVMリカバリ、ファイルおよび複数VMの復元などが含まれます。

自動復元テスト

Veeam DataLabsのSureBackup®およびSureReplicaを使用して、分離された仮想ラボでVMware VMバックアップとレプリカを自動的にテストすることにより、復元力とセキュリティを簡単に保証できます。

データの活用

Veeam DataLabsのOn-Demand Sandbox™を使用することにより、VMwareバックアップのコピーに存在する大量の新しいデータを分離された仮想環境でのオンデマンドテストに利用できます。

次世代のインスタント・リカバリ・エンジン

単一リカバリエンジンのスピードと柔軟性により、Veeam Backup & Replicationには多数の柔軟性に富んだ復元方法が用意されています。これには、単一パスのイメージレベルのバックアップからのインスタントVMリカバリ、ファイルおよび複数VMの復元などが含まれます。

Veeamの3-2-1ルールは、データの3つのコピーを2種類の異なるメディアに保持し、少なくとも1つはオフサイトに保管するというものです。膨大な非構造化データの増加、DRや保持の規制コンプライアンス要件、悪意のある動作によるデータへの絶え間ない脅威がある今日のような時代に、3-2-1ルールの重要性はかつてないほどに高まっていますが、多くの場合、このルールの実現は難しい課題となっています。Veeam Backup & Replicationでは、組み込みレプリケーションによってこのルールを簡単に実現できます。データを確実に暗号化された形で転送することが可能で、また、WANアクセラレーションによって迅速に実現することができます。

バックアップから直接の組み込みレプリケーション

組込済みのWANアクセラレーション機能によって高速化されたVMバックアップをレプリケーションのソースとして利用することで、本番VMware VMでの読み取りI/Oを削減します。

ディザスタリカバリ計画

フェイルオーバープランを使用して、依存関係のあるアプリケーションのアベイラビリティを維持します。このフェイルオーバープランでは、事前に決定された起動順でレプリカのVMware VMを追加して配置することにより、ワンクリックでサイトフェイルオーバーを実行できる組み込みのオーケストレーションが提供されます。

補助フェイルオーバーによる低RPOの達成

自動補助DRフェイルオーバーで、すぐに利用できるVMwareレプリカを問題が解決するまでDRの場所に使用することにより、データ消失を回避し、全てのアプリケーションとデータで15分未満のRPOを実現します。

アベイラビリティ、シンプルさ、拡張性を実現

単一パスのイメージレベルのバックアップ

ビジネスクリティカルなアプリケーションおよびサービスを適切に復元でき、アプリケーション固有のリストアシナリオが可能になります。

複数VMのインスタントリカバリ

Veeamの次世代のインスタント・リカバリ・エンジンによる大量のインスタントリストアで、ディザスタリカバリを加速します。

ディザスタリカバリ
向けに構築

すぐにディザスタリカバリを実現できるよう、高速な組み込みレプリケーションと信頼性の高いフェイルオーバーおよびフェールバックが組み合わされています。

主な特長:復元

基本的な質問

Veeamが提供しているVMwareのバックアップでは、どのようなことができますか?

Veeam Backup & Replicationは、仮想環境向けに構築されています。仮想化レイヤーで動作し、VMバックアップにイメージベースの手法を使用します。

Veeam Backup & Replicationには、VMゲストOS内にVMデータを取得するためのエージェントソフトウェアがインストールされていません。VMをバックアップするには、VMware vSphereスナップショット機能を利用します。VMをバックアップする際、Veeam Backup & ReplicationはVMware vSphereにVMスナップショットを作成するよう要求します。VMスナップショットは、VMの統一性のあるポイントインタイムコピーと見なされることがあります。ここには、設定、OS、アプリケーション、関連データ、システム状態などが含まれています。Veeam Backup & Replicationは、このポイントインタイムコピーをデータのソースとしてバックアップに使用します。

Veeamは、どのようなタイプのVMwareリストアを提供していますか?

Veeam Backup & Replicationには、様々なディザスタ・リカバリ・シナリオ向けに多数の復元オプションが用意されています。

  • インスタントVMリカバリでは、バックアップファイルから直接VMをすぐに起動できます。
  • インスタントVMディスクリカバリでは、バックアップファイルからVMディスクをすぐにリストアできます。
  • VM全体の復元では、バックアップファイルから元の場所または別の場所にVMを復元できます。
  • VMファイルのリストアでは、個別のVMファイル(仮想ディスク、設定ファイルなど)を復元できます。
  • 仮想ディスクのリストアでは、バックアップファイルからVMの特定のハードドライブを復元し、元のVMまたは新しいVMにアタッチできます。
  • ゲストOSファイルの復元では、Windows、Linux、Mac、およびその他のゲストOSファイルシステムから個々のゲストOSを復元できます。
Veeamが提供しているVMwareのレプリケーションでは、どのようなことができますか?
Veeam Backup & Replicationでは、ハイアベイラビリティ(HA)シナリオ向けのオンサイトレプリケーションとディザスタリカバリ(DR)シナリオ向けのリモート(オフサイト)レプリケーションを実行できます。WAN接続または低速接続によるレプリケーションを容易にするために、Veeam Backup & Replicationはトラフィック送信を最適化します。重複したデータブロック、ゼロ・データ・ブロック、スワップファイルのブロック、除外されたVMゲストOSファイルのブロックなど、不要なデータブロックをフィルタリングで除外し、レプリカトラフィックを圧縮します。また、Veeam Backup & Replicationでは、WANアクセラレーターを使用することや、ネットワーク・スロットリング・ルールを適用して、レプリケーションジョブがネットワーク帯域幅全体を消費しないようにすることもできます。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeamコミュニティ・フォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます