評価版

Veeam Agent for Linux の新機能とは?

新しいVeeam Agent for Linux v3は、Veeam Availability Platformの重要な構成要素の1つであり、新たにLinuxベースのクラウド・インスタンス、物理サーバーおよびワークステーションのアベイラビリティ・レベルを強化する機能が搭載されました。

Veeam Agent for Linux v3の新機能

  • BTRFSサポート:この機能によって、BTRFSファイル・システム上で動作するLinuxマシン全体の包括的なバックアップが可能になります。
  • Oracleの処理:Oracleデータベース向けアプリケーション認識処理により、物理Linuxサーバーのバックアップとリストアに関連する複雑さを軽減できます。
  • 追加のバックアップ・オプション:新登場のスナップショットレス・バックアップ・モードを利用することで、マウントされているあらゆるファイル・システムから重要ファイルをバックアップできるため、全てのデータの包括的なバックアップが実現します。
  • Linuxカーネル5.0サポートの追加

新たに追加されたサポート対象のディストリビューションは、次のとおりです。

  • RedHat Enterprise Linux 6.10, 7.6, 8
  • Oracle Linux (RHCK) 6.10, 7.6
  • SLES 15 (SP0), (SP1)
  • SLES 12 SP4
  • CentOS 6.10, 7.6
  • Debian 8.11, 9.5, 9.6
  • Ubuntu 18.10, 19.04
  • openSUSE Leap 15, 15.1
  • Fedora 29