リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

バージョン

Community Podcast
(英語のみ)

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年12月26日

企業によるデータ・センターの最新化とAlways-On Enterprise™のアベイラビリティの達成を支援するため、Veeam® Availability Suite™ v9では、Direct NFS Accessなど多くの機能を導入しました。この機能は、VMware環境のNFSデータストアからデータを転送するVeeamの専用転送モードです。VeeamのネイティブNFSクライアントはVMwareバックアップ・プロキシに置かれ、より高速なバックアップ、レプリケーション、リストアを実現します。しかも、ESX(i)ホストには一切影響がありません。

Veeam Backup & Replication™ユーザー・インターフェース内のVMwareバックアップ・プロキシからDirect Storage Accessまたは自動選択転送モードを選択すると、Direct NFS Access機能が自動的に実行されます。その他の明示的な2つのオプション(仮想アプライアンスとネットワーク)を選択すると、バックアップ、レプリケーション、Quick Migration、VMコピー、レプリカ・フェールバック、またはリストアの各ジョブの実行中、Direct NFS Accessは転送モードに関わるオプションとして除外されます。

この技術概要では、VMwareのエキスパートであり、Veeamの製品戦略マネージャーであるRick Vanoverが、Direct NFS AccessがVMware vSphereで動作する仕組みを詳述し、この強化機能を最大限に活用するための技術的なアドバイスを紹介します。Veeam Backup & Replication GUIでDirect NFS Accessオプションを構成する方法について紹介し、Direct NFS Access固有の要件について概要を説明します。さらに、Direct NFS、vSphereのカテゴリとタグを併せて使用する方法についても説明します。また、vSphere Webクライアントでカテゴリとタグを構成し、さまざまなVeeamのジョブに応じてVMまたはデータストアに適用する場合の指針を示します。このホワイト・ペーパーでは、バックアップ・ジョブの読み取りおよび書き込みI/Oなど、Direct NFS Accessを使って達成できるパフォーマンスの向上に関わる使用例と推奨事項も扱います。

Direct NFS Accessの使用方法やトピックの詳細については、この無料のホワイト・ペーパーをご覧ください。

  • Direct NFS Accessの構築と構成
  • NFSストレージ・システム用のvSphereのカテゴリとタグ
  • Direct NFS Accessの使用例
  • その他、多数
詳細についてはこちら
著者: Kirsten Stoner, Technical Analyst

Tier-1ビジネス・アプリケーションを展開する際、ハードウェア依存関係の低下、ワークロードの統合、可搬性、およびアプリケーション・パフォーマンスの向上など、多くの理由から大部分の管理者は仮想化を選択します。仮想化は、Microsoft Exchange、Active Directory、SharePoint、およびSQL Serverなどの重要なビジネス・アプリケーションをデータ損失なしで24時間365日利用できるようにする、適切な復元ツールを持っていることも意味します。

アプリケーションの整合性を維持したバックアップ・ツールは、Microsoft Exchange、SharePoint、SQL Server、およびActive Directoryなどのアプリケーションに対して有益です。これらはデータが肥大化する可能性があり、組織の運営に非常に重要なため、バックアップ中や復元中でもシステムを止めないことが求められます。データ全体の復元は必ずしも必要ではなく、むしろ完全な復元はダウンタイムやデータ損失をもたらす可能性があります。アイテムレベルの復元では、管理者はシステムを止めることなく1つまたは複数のアイテムをバックアップ・ファイルから選択できます。

このため、すべての管理者にとってアイテムレベルの復元が一番頼れる手段でしょう。Tier-1アプリケーション全体のリストアには非常に時間がかかりますが、ほとんどの場合では不要です。Tier-1の復元要求を満たすために、Veeam®が提供するアプリケーション専用のExplorerを使用し、アプリケーション特有の方法で個々のアイテムを復元することができます。

このホワイト・ペーパーを読んで、特定のアプリケーション・ワークロードの詳細と、Veeamを使用したアイテムレベルの復元方法を確認してください。その他、以下の点についても説明しています。

  • Veeamが提供する47の復元シナリオ
  • Tier-1アプリケーションのアイテムレベルの復元方法
  • データ損失の回避
  • その他、多数
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年10月12日
著者: Rick Vanover, VMware vExpert, MCP, MCITP, MCSA and Veeam Director of Technical Product Marketing & Evangelism

Veeam Explorer™ for Oracleによって、Veeam® Availability Suite™ v9はITの世界に旋風を巻き起こしました。最高のレベルでOracleデータベースのアベイラビリティを実現するこの新機能を使用するに当たり、いくつかの考慮事項があります。このホワイト・ペーパーでは、Rick VanoverがVeeam Explorer for Oracleを紹介し、このソフトウェアを使用するのに必要な条件やリストア機能の使い方について取り上げます。さらに、このホワイト・ペーパーでは以下の項目を含みます。

  • バックアップ・ジョブの設定方法
  • Veeam Explorer for Oracleを使ったリストア方法
  • 他のバックアップ製品がOracleのログを管理している場合の対処法

加えてこのホワイト・ペーパーでは、Veeamを使ってOracleデータベースをバックアップする最適な方法と、Oracleデータベースのリストアを最も効率的に実行する方法について説明します。最高レベルのアベイラビリティが求められる環境においてVeeamを検討すべき理由をご理解いただけることでしょう。

詳細についてはこちら

Veeam®とCiscoは連携し、Always-On Enterprise™のための高速で効率的な災害復旧を提供します。Cisco Unified Computing Systems(UCS)とVeeam Backup & Replication™によってあらゆるアプリケーションおよびデータについて<15分の復旧時間を実現する方法を見てみましょう。

このCiscoによるソリューションの概要では、どのようにVeeamとCisco UCSが連携しモジュール型の高密度ストレージ・サーバーのパフォーマンス、柔軟性および信頼性により、VMware vSphere環境およびMicrosoft Hyper-V環境を保護するかについて説明します。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年8月24日
著者: Michael van Horenbeeck, Microsoft Certified Solutions Master, an Exchange Server MVP

Microsoft Exchange Serverと仮想化は、両者とも登場してから長い月日が経ちましたが、Exchangeの仮想化はいまだに大きな議論を呼んでいます。それは、Exchangeの仮想化を成功させる方法について、ハイパーバイザーの観点から見たベストプラクティスと推奨事項は、必ずしもMicrosoftの観点によるものと一致しないためです。結果として、管理者は虚無感を抱くことが多くなり、どのアプローチが最適なのかを考え続けることになります。

このホワイト・ペーパーでは、基礎となるプラットフォームに関係なく、展開のサポート性を追跡しつつもExchangeを最適に仮想化する方法をお伝えします。ここで仮想化をしない理由は十分にありますが、適切な条件の下では、Exchangeが仮想化にうってつけであることを認識しておくことが重要です。

ここでは、アプリケーションの観点から、Exchange 2016を最適に仮想化する方法、およびさまざまな推奨事項やサポート声明について述べ、これらの推奨事項が非常に重要である理由について説明します。推奨事項と合致しない可能性はありますが、柔軟性には十分な余裕があるため、仮想化で提供される最適な機能を利用することができます。

このホワイト・ペーパーをお読みいただくと、次のことが可能になります。

  • 仮想化すべき時期と仮想化すべきでない時期の把握
  • Microsoftのベスト・プラクティスに従った、仮想化されたExchange 2016サーバーの適切な展開
  • Exchangeの組み込み機能によってデータを保護する方法、およびVeeam® Backup & Replication™を使用して簡単にデータを復元する方法の理解
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年6月30日
著者: Andrew Zhelezko, Veeam Technical Marketing Engineer

Active Directoryは強力であるだけでなく、その機能を最大限活用する方法を習得する価値があります。たとえば、Active Directoryオブジェクトの作成と削除は、システム管理者にとってもっとも頻繁な作業の1つです。その他にも偶発的な変更や意図的な削除などにより、管理者がActive Directoryオブジェクト、または属性のグループをリカバリする必要が生じる状況が多数あります。

このホワイトペーパーでは、上記のタスクを実行するためのさまざまなオプション、およびネイティブなWindowsツールと、Veeam® Explorer™ for Microsoft Active Directoryなどの外部ツールについて説明します。また、これらのツールで同じ操作を実行し、それらを比較しながら学習します。さらに、バックアップを説明することなく、リカバリ操作を説明することはできないため、バックアップ・プロセスについても学習します。

この無償のホワイトペーパーで、以下の手順を習得できます。

  • 廃棄済みオブジェクトを復元する
  • Active Directoryのごみ箱を安全に有効化および構成する
  • ネイティブなWindows Serverバックアップを使用してDC全体をバックアップおよびリストアする
  • Active Directoryデータベースを使用して削除済みユーザー・データのリストア、パスワードのリセット、および他のオブジェクトのエクスポートとインポートを行う
  • きめ細かなオブジェクトの復元を実現するためにActive Directoryスナップショットを活用する
  • DCのバックアップとリカバリおよびきめ細かなオブジェクトの復元をはじめ、より多くのことにVeeamを使用する
詳細についてはこちら
著者: Eric Siebert, VMware vExpert

VMware vSphereのアーキテクチャは、サーバーのバックアップと復元に数多くの利点を提供します。仮想化の機能を利用してバックアップと復元を簡素化および効率化できるため、従来のバックアップ手法が変わります。また、バックアップ、VMのリストア、および災害復旧(DR)の柔軟性も向上します。

このホワイトペーパーでは、適切な方法や構成など、VMware vSphere環境でバックアップと復元を実行するのに役立つ10のベスト・プラクティスを紹介しており、バックアップを上のレベルに進めることができます。

また、データ保護戦略の一環としてクラウドを利用する方法や、重要なVMとデータの安全性を維持する方法を把握できます。

この無料のホワイトペーパーを参照すると、次のことを行う方法を理解できます。

  • 個々のVMware環境に適したバックアップ方法を選択する
  • ポリシー・ベースの制御による洗練されたデータ保護
  • VMware環境で発生する可能性がある問題を追跡し、トラブルシューティングを行う
  • その他多数
詳細についてはこちら
著者: Mike Preston, IT Professional and Blogger

データセンター技術の劇的な変化と厳しくなるビジネス要件は、データ保護や災害復旧方法の転換が必要であることを決定づけています。従来のバックアップは、仮想化、クラウドおよびソフトウェアベースのスケールアウト・ストレージを利用する最先端のデータセンターではまったく役に立ちません。Always-On™の運用を実現するには、バックアップと復元だけのソリューションからアベイラビリティ・ソリューションへ変換する必要があります。

ITの専門家でブロガーのMike Preston氏によって書かれたこの電子書籍は、VMware vSphereをベースとし、クラウド インフラストラクチャと統合した最先端のデータセンターに適した災害復旧とデータ保護について解説した総合的な資料であり、従来のツールを使用してVMware環境をバックアップする際の問題点について説明します。また、企業が、データ増加の問題を解決し、Always-On Availabilityのサービスを提供するのに役立つ技術についても説明します。

著者は、アベイラビリティ・ソフトウェアが、仮想化、ストレージおよびクラウドを十分に利用しながら、高度なビジネス継続性を提供する必要があることを明らかにしています。彼は、VMwareデータ保護に関する自身の電子書籍で、最先端のアベイラビリティ・ソリューションに不可欠な条件を述べており、その一例としてVeeam Backup & Replicationを取り上げ、高速リカバリ、データ損失の予防、検証済みの高復元率、データの活用および詳細な可視性を1つにまとめて、VMware環境でアプリケーションとデータのアベイラビリティを実現する方法について説明しています。

この電子書籍では、最先端のデータセンターの構成要素と、Veeamの付加価値の高い機能の使用例 (VMware災害復旧にバックアップとレプリケーションの組み合わせを使用する場合、およびレプリケーションをデータセンター間の移行に使用する場合など) についても説明します。

この無料の電子書籍の内容:

  • アプリケーション整合性バックアップの作成
  • Using 最先端のスナップショット作成方法
  • バックアップストレージの選択
  • など
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2015年10月8日
著者: Tibor Karaszi, Consultant, SQL Server expert, MVP

SQL Serverをインストールしていないインフラストラクチャなど考えられません。SQL Serverデータベース専門の管理者を配置している企業もありますが、多くの場合、IT管理者がいくつもの役割を担っており、複数のアプリケーションを同時に管理しなければなりません。SQL Serverのバックアップ方法は、企業がDBA中心、またはバックアップオペレーター中心のどちらの方法でSQL Serverを管理しているかによって異なります。

Veeamを使用して仮想化資産を保護すれば、SQL Serverをバックアップするための2つのオプションが提供されます。まず、SQL Serverによる方法を使用して、SQL Serverのバックアップをファイルとして作成することができます。Veeamは、これを見つけて、バックアップサーバーに保存します。もう1つのオプションは、Veeamによる方法を使用することです。この場合、Veeamは、マシンのバックアップとSQL Serverデータベースのバックアップの両方に使用されます。

このホワイトペーパーでは、SQL Serverのバックアップについて詳細に説明しています。また、次の項目についても説明しています。

  • 従来の方法と、Veeamのようなサードパーティ製のバックアップソリューションによって使用されているスナップショットベース方法の両方を含む、SQL Serverのバックアップの種類
  • SQL Serverによる方法に適したVeeamの設定方法
  • Veeamによる方法を使用する場合にVeeam内でトランザクションログのバックアップを実行する方法
  • など
詳細についてはこちら
もっと見る