アナリスト・レポートライブラリ‐Veeam Software

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

資料の種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
ホワイトペーパー
2020年12月22日
Microsoft MVPであるBrien Posey氏が、Microsoft Teamsデータの保護に関する知識を余すことなくお伝えします。

Conversational Geek ebookでは、以下について解説しています。
  • Microsoft Teamsでバックアップすべきデータの種類
  • Microsoft Teamsのバックアップが重要である6つの主な理由
  • なぜOffice 365のネイティブバックアップ機能では十分でないのか
詳細についてはこちら

Office 365データの保護が大切な理由を、わかりやすくレポートにまとめました。このレポートでご紹介する内容は、次のとおりです。

  • Office 365に対するMicrosoftの責任とIT組織の責任の確かな理解
  • Office 365のバックアップが重要である7つの理由
  • Office 365データを管理するのは誰か
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年11月19日

Microsoft Office 365データ保護のベストガイド

データ消失やセキュリティ違反、プライバシーの侵害が新たな常識となった今、ITプロフェッショナルの役割はかつてないほど重要になっています。

このebookでは、すぐに使えるOffice 365のセキュリティ機能や、効果的なバックアップと復元戦略を実現するために対応しなければならない盲点についてご紹介し、今日のコンピューティング環境におけるデータセキュリティの課題を考察します。

詳細についてはこちら
オフィスツールとして「Microsoft 365」の利用が拡大する一方、データ保護を考慮していない企業は多いと言われています。クラウドでも意図せぬデータ消失のリスク、セキュリティの脅威はあり、その責任はユーザーが持つため、対策は喫緊の課題です。本ホワイトペーパーでは、Veeam JapanのSEの視点より、実際のリスクとその対応方法を説明しています。
  • 共同責任モデルとは?
  • Microsoft 365で提供されるデータ保存機能に加えての対策が必須なのは何故か?
  • 最新Veeam Backup for Microsoft Office 365の特徴とは?
詳細についてはこちら
著者: Michele Domanico, Systems Engineer

Microsoft Office 365は、今日のデジタルコラボレーションのための最大のソリューションです。Office 365のお客様は、自身のオンプレミスのワークロードに接続することを選択してシームレスなユーザー体験による利点を活用することで、ハイブリッド・プラットフォームを築くことができます。それはたとえ様々な環境間を移動する場合であっても同様です。Office 365は、あらゆる規模の企業に広く普及しています。

Office 365では、いくつかのソリューションの統合によって誰もが認める柔軟性が提供されると共に、データ管理よりもむしろインフラストラクチャ管理に特に重点が置かれています。データ管理とそのアベイラビリティに関する責任は、Office 365サービスを利用する所有者各自にあります。

実際に、Office 365データセンターの稼動時間は、データセンターでホストされているデータではなくインフラストラクチャを参考にしています。インフラストラクチャ稼動時間には、以下のことから回復するための効果的な方法をデータセンター自体が提供できるケースは含まれていません。

  • 意図せぬ削除
  • データ消失/破損
  • 不正なアプリ/インサイダーの脅威
  • 停止

このホワイト・ペーパーでは、Veeam® Backup for Microsoft Office 365のソリューションとそのアーキテクチャの実装について説明します。

詳細についてはこちら