資料ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

資料の種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)

Office 365データの保護が大切な理由を、わかりやすくレポートにまとめました。このレポートでご紹介する内容は、次のとおりです。

  • Office 365に対するMicrosoftの責任とIT組織の責任の確かな理解
  • Office 365のバックアップが重要である6つの理由
  • Office 365データを管理するのは誰か
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年3月4日

皆様の企業では、テクノロジーの停止に伴う収益や生産性の損失が発生しても平気ですか?競争の激しい市場において、そのような企業はほとんどありません。ITプロフェッショナルの多くは、ビジネスのダウンタイムという問題は、ワークロードをクラウドに移動さえすれば対処できるはずだと考えています。これは、クラウドプロバイダのセンターにある顧客のデータは、当然、クラウドプロバイダが保護してくれるだろうと考えているためです。しかし、実際は、企業のデータを保護するためにクラウドプロバイダができることには限りがあり、基盤となるインフラストラクチャに対してのみ責任を負うクラウドプロバイダがほとんどです。このようなバックアップ手法は、停止や障害発生時のデータ保護に適切な手段としては設計されていません。こちらのホワイトペーパーでは、クラウドのデータ保護に対する企業の責任についてご説明します。

  • 多数のクラウドプロバイダが採用している一般的な責任共有モデルなど、IaaSパブリッククラウド環境におけるデータ保護の必要性について
  • バックアップと復元の戦略として、クラウドプロバイダを利用するだけでは不十分な理由
  • 責任共有モデルが災害復旧とセキュリティの両方に与える影響とは
  • その他
詳細についてはこちら
クラウド・データ・マネジメントは、インテリジェント・データ・マネジメントの構成要素のひとつです。データは社内全体で利用可能で、一元的に管理および制御され、組織にとって最も価値をもたらす場所に保存されます。

次のことを知ることができます:

  • データマネジメントが不十分だとコストが高くなる理由
  • 不十分なデータマネジメントに組織がどのように対応しようとしているか
  • インテリジェント・データ・マネジメントを活用している企業の4つの重要な属性
デジタル変革のメリット
各組織が、基盤を適切に構築し、よりインテリジェントな企業になるための方法について、計画案を得られます。 詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2018年9月28日
著者: Roger Boss, Product Marketing Manager, Veeam Global Alliances

VMware Cloud on Amazon Web Services(AWS)は、vSphereベースのクラウド環境間でアプリケーションを実行し、AWSのさまざまなサービスにアクセスできるオンデマンド・サービスです。VMware Cloud Foundationと組み合わされたこのサービスは、vSphere、vSAN、NSXとVMware vCenterの管理機能を統合し、専用で柔軟なベアメタル方式のAWSインフラストラクチャで実行できるよう最適化されています。VMware Cloud on AWSを使用すれば、ITチームは使い慣れたVMwareツールでクラウドベースのリソースを管理できます。

このSolution Briefでは、お客様がハイブリッド・クラウドの導入を迅速に進められるよう支援するVMware Cloud on AWSのVeeamサポートの概要を説明し、シンプルかつ効率的にワークロードをAWSクラウドにバックアップ、レプリケート、移行してお客様が投資された既存のVMwareソフトウェア定義のデータセンター技術を活用する方法を説明します。

詳細についてはこちら

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら

ほとんどの組織が現在Infrastructure as a Service(IaaS)またはPlatform as a Service(PaaS)の形態でパブリック・クラウド・インフラストラクチャを利用しており、効果的なアベイラビリティ戦略を策定することが、優先事項となりつつあります。

ESGは、マルチクラウド戦略の採用に関する最新の傾向について理解を深めるため、先頃、北米地域における318名の中小企業向け市場およびエンタープライズ市場のITに関するディシジョン・メーカーを対象に、調査を実施しました。パブリック・クラウド・インフラストラクチャの採用が増加していることに加えて、オンプレミスからオフプレミスにワークロードが移行していることが、現在の大半の企業が本質的にマルチクラウドである主な理由となっています。 

新しいESGのサマリーをお読み頂くことで、以下の内容についてご理解いただけます。

·         クラウド・コンピューティング・サービスの利用計画における傾向

·         組織が現在利用しているサービス・プロバイダーの平均数

·         クラウド・サービス選定時によく検討される戦略

·         その他多数

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2016年8月18日
著者: Orin Thomas, Microsoft Press and Pluralsight Author, Microsoft MVP and Regional Director, Technical Raconteur

オフサイトの災害復旧に対する従来のアプローチと比較して、クラウドはさまざまな利点を提供します。バックアップ・メディアを別の場所に物理的に移動する必要性を減らすことができ、また、柔軟性が高く容量制限の無いストレージを低コストで利用できます。

パブリック・クラウド・プロバイダが複雑なオンプレミス環境のレプリケーション機能を強化し、ソフトウェア・ベンダーがDRaaSを実現するより強力なテクノロジを開発するにつれ、組織にとってDRaaSは従来の災害復旧サイトよりも有力な選択肢となってきています。

このエッセンシャル・ガイドでは、クラウド・バックアップと災害復旧に関連する課題について説明します。

  • 従来のオフサイト・バックアップと復元
  • クラウドのセキュリティに関する懸念
  • コスト増に関する懸念
  • クラウド・バックアップと災害復旧の管理と監視
  • DRaaSの利用
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2015年9月8日

This edition of VeeamUP is devoted to the increasingly popular topic of cloud-based Disaster Recovery-as-a-Service (DRaaS). To reduce unplanned downtime to an absolute minimum and keep businesses operating smoothly, a secondary site for disaster recovery (DR) is vital. But, setting up and maintaining a separate DR site is expensive and time-consuming, which is why DRaaS presents such a compelling alternative.

In this issue of VeeamUP, we’ll take a look at the latest DRaaS developments and show you:

  • What DRaaS really means and the benefits it can bring to your organization;
  • Why adoption is starting to accelerate and why DRaaS is now a smart move for large enterprises as well as SMEs (small-to-medium enterprises);
  • How new technology advances enable service providers and their customers to implement DRaaS the right way — simply and affordably.
詳細についてはこちら
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

更新

販売

パートナーシップ

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

Veeamとの契約更新についてご不明な点がございましたら、お問い合わせください。コストを最大限削減できる方法についてご説明します

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。個人情報を送信するとVeeamプライバシー・ポリシーに同意したことになります。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message