リソース・ライブラリ

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

リソースの種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
クラウド・データ・マネジメントは、インテリジェント・データ・マネジメントの構成要素のひとつです。データは社内全体で利用可能で、一元的に管理および制御され、組織にとって最も価値をもたらす場所に保存されます。

次のことを知ることができます:

  • データマネジメントが不十分だとコストが高くなる理由
  • 不十分なデータマネジメントに組織がどのように対応しようとしているか
  • インテリジェント・データ・マネジメントを活用している企業の4つの重要な属性
デジタル変革のメリット
各組織が、基盤を適切に構築し、よりインテリジェントな企業になるための方法について、計画案を得られます。 詳細についてはこちら
エグゼクティブ・ブリーフの重要なポイント:

  • クラウド・データ・マネジメントは、インテリジェント・データ・マネジメントの構成要素のひとつです。データは社内全体で利用可能で、一元的に管理および制御され、組織にとって最も価値をもたらす場所に保存されます。
  • 世界各国のビジネスリーダーとITリーダー1,575人が実施している、今日のデータ保護とデータマネジメントのアプローチと、今後のデジタル変革におけるその役割への考えをご紹介します。
  • 企業が、クラウド(またはハイブリッドクラウド)、コンフィデンス、ケイパビリティ、カルチャーの4つの共通要素を活用して、デジタル投資の価値を最大化し、優れたビジネス成果を得ている方法が分かります。

各組織が、基盤を適切に構築し、よりインテリジェントな企業になるための方法について、計画案を得られます。 詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2019年4月11日
著者: WSJ. Custom Studios,

1日に最大5.5ペタバイトものデータが保存される世界最大級のクルーズ会社では、どのように船の運航を管理しているのでしょうか。答えは、アベイラビリティに対してよりスマートなアプローチを取ること。

船の安全と運航を維持しながらゲスト・エクスペリエンスを向上させるために、ロイヤル・カリビアン・クルーズ社で実践しているインテリジェント・データ・マネジメントの活用方法を、ウォール・ストリート・ジャーナルがこちらの記事で詳しく紹介しています。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2019年3月6日
著者: Rick Vanover, VMware vExpert, MCP, MCITP, MCSA and Veeam Director of Technical Product Marketing & Evangelism

まもなく実施されるMicrosoft Windows Server 2008 R2のサポート終了に伴い、組織はこの古いオペレーティング・システムへの対応について計画する必要に迫られています。このホワイト・ペーパーでは、Microsoft Windows Server 2019をはじめとする新しいプラットフォームへのアップグレードに組織がどのように備えればよいかについて説明します。また、Veeam® DataLabsの詳細とMicrosoft Azureの使用に関するVeeamの追加資料もご紹介します。

このホワイト・ペーパーを読むと、Veam DataLabを使用する一般的なユースケースについての理解を深めることができます。これにより、古いオペレーティング・システムを削除し、自信を持ってアップグレードを行うことができます。このホワイト・ペーパーで説明されている主な学習トピックは、次のとおりです。

  • Veam DataLabの仕組み
  • Windows Serverのアップグレードの仕組み
  • プロセスのテスト方法 
詳細についてはこちら

このホワイト・ペーパーは、現実に即した具体例を通じて、Pure Storage FlashArray、Veeam® Backup & Replication 9.5™、およびPure Storage FlashBladeのデータ・ソリューションを使用したデータのバックアップとリストアの容易な統合、ベスト・プラクティス、および期待されるパフォーマンスの結果についてお伝えすることを目的としています。

これらの革新的な100%フラッシュベースのソリューションを組み合わせることで、最高のパフォーマンスと共に以下が実現します。

  • 最高レベルのレジリエンス
  • 容易な導入
  • 最も重要なワークロードでのRTOとRPOの大幅な低減
  • その他
詳細についてはこちら

これまでに、テープが使用されなくなり、クラウド・バックアップが最も使われるようになったことについて聞いたことが多くあると思います。しかし、まだテープをやめる段階ではないかもしれません。

バックアップに対するハイブリッド・アプローチは、激動の環境の中でデータを保護するスマートな方法です。本文書をお読みいただき、以下をご確認ください。

  • オフラインのテープ・バックアップがランサムウェアとの闘いにどのように役立つか
  • 多様なバックアップ媒体が、最先端のデータセンターにおいて魅力的である理由
  • その他多数の機能
詳細についてはこちら

最先端のデータセンターを構築すると同時に、サーバー仮想化、最先端のストレージ・アプリケーション、およびクラウドベースのサービスにも投資を行っています。しかしながら企業は、エンド・ユーザーの新たな要求に直面しており、中にはダウンタイムやデータ消失が発生することなくデータやアプリケーションに常にアクセスできる状態を求める声もあります。企業はデータセンターの近代化を進め、次を実現しました。

  • ITサービスのプロビジョニングの高速化
  • セキュリティと管理の強化
  • 運用コストの削減

ソリューション:Veeam Availability Solution for Cisco UCS

Veeam®とCiscoが提携して、Cisco UCSとVeeamテクノロジーをベースとした、事前構成済みの統合データ・アベイラビリティ・ソリューションを提供します。Veeam Availability Solution for Cisco UCSはすぐに導入可能であり、VeeamとCiscoが共同で検証しています。

Veeam Availability Solution for Cisco UCSは、仮想環境でエンタープライズ・クラスの高度なデータ・アベイラビリティ・ソリューションを必要とするお客様に最適な、最高のターンキー・ソリューションです。注文、導入、管理が簡単で、需要の増加に応じて徐々に容易に拡張できます。

詳細についてはこちら

Veeam®とNutanixは、デジタル・トランスフォーメーション[TM1] [TM2] の実現を支援するために、展開を加速させ、ハイブリッド・クラウド環境全体でビジネス・アプリケーション・リソースの管理を簡素化します。このVeeamとNutanixによるソリューションブリーフでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • ビジネス・アジリティの向上
  • Webスケールでの弾力性と柔軟性の実現
  • IT運用管理の合理化
  • エンタープライズクラスのクラウド機能の活用
詳細についてはこちら
著者: Brian Maher, Senior Manager, HPE Alliance Product Marketing, Veeam Software

ランサムウェアは強力なサイバー脅威へと進化しており、強固なセキュリティ・ソリューションを打破できます。ランサムウェア攻撃は範囲を広げ、より高度な攻撃へと変化しつつあり、重大な財政上の損失、ブランド・アイデンティティへのダメージ、ビジネスにおけるデータの消失などを世界中で引き起こしています。

ランサムウェアの脅威に対する強固なデータ保護には、事前対応型のアプローチ、注意深い計画、そして3-2-1バックアップ・ルールのような業界のベスト・プラクティスの実装が必要です。このルールを活用することで、IT管理者は高レベルの冗長性を確保でき、アプリケーションの稼働時間およびデータ保護を最大化できます。そうすることによって、組織はサイバー攻撃を受けた場合に身代金の支払いを回避でき、強力なデータ・アベイラビリティ・ソリューションの恩恵を受けられます。

VeeamとHewlett Packard Enterprise(HPE)のソリューションは簡単に展開して使用でき、テスト環境、迅速なデータのリストアおよびリカバリ、インフラストラクチャのロックダウンなど、エンタープライズクラスのデータ・アベイラビリティ・ソリューションを実現するとても便利な機能を備えています。

このVeeamとHewlett Packard Enterprise(HPE)による共同のランサムウェア・ソリューションの概要では、ランサムウェア攻撃の増加と、ビジネスおよびITにおけるランサムウェアのリスクについて詳述し、HPEストレージ・プラットフォームとVeeamソフトウェアとの統合ソリューションを展開してハッカーによるあらゆるランサムウェア脅威

と闘う方法について説明します。

詳細についてはこちら

企業が仮想化されたプライベート・クラウド環境にアプリケーションのワークロードを統合する中で、予測可能なパフォーマンスやハイパー・アベイラビリティ、シンプルな管理に対するニーズがますます高まっています。このVeeam®とPure Storageのソリューション・カタログでは、以下を実現する方法をご紹介します。

  • Pureの新しいスナップショット統合を活用してアプリケーションのSLAを一貫して達成
  • IT投資からより高いROIを実現
  • ITの運用管理を合理化
  • その他多数
詳細についてはこちら
もっと見る
本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

本日はどのようなサポートをお求めでしょうか?

素敵な年末年始を

チャットは現在オフラインになっています。フォームに入力してください。後ほど、担当者よりお電話を差し上げます。

技術関連

全般およびライセンス

販売

パートナーシップ

保守更新

問題が発生した場合、または販売後の技術サポートが必要な場合
*適切な製品の選択に関してサポートが必要な場合は、「販売」チャットをお選びください

Webサイトについての説明、アップグレードのヒント、ライセンスやアカウントに関するサポート

追加ライセンス、価格の詳細、製品情報に関するお問い合わせ、その他の販売関連のご質問

パートナー登録のご依頼、または既存パートナー様からのサポートのご依頼

保守更新に関してご質問がございますか? 最長5年間分の保守費用を前払いすることで、費用を削減することが可能です。

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

チャットを開始する

申し訳ございませんが、現在このチャットはご利用いただけません

プライバシー通知。個人情報を送信するとVeeamプライバシー・ポリシーに同意したことになります。
戻る

メッセージをお願いいたします


ご依頼をいただき、ありがとうございました。

Veeamの営業担当者からすぐにご連絡を差し上げます。

お問合せ先  new message