アナリスト・レポートライブラリ‐Veeam Software

検索

並べ替え

ハイパーバイザー

アプリケーション リカバリ

バックアップに関するトピック

資料の種類

言語

製品

Community Podcast
(英語)
ホワイトペーパー
2020年12月22日
Microsoft MVPであるBrien Posey氏が、Microsoft Teamsデータの保護に関する知識を余すことなくお伝えします。

Conversational Geek ebookでは、以下について解説しています。
  • Microsoft Teamsでバックアップすべきデータの種類
  • Microsoft Teamsのバックアップが重要である6つの主な理由
  • なぜOffice 365のネイティブバックアップ機能では十分でないのか
詳細についてはこちら

Office 365データの保護が大切な理由を、わかりやすくレポートにまとめました。このレポートでご紹介する内容は、次のとおりです。

  • Office 365に対するMicrosoftの責任とIT組織の責任の確かな理解
  • Office 365のバックアップが重要である7つの理由
  • Office 365データを管理するのは誰か
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年11月19日

Microsoft Office 365データ保護のベストガイド

データ消失やセキュリティ違反、プライバシーの侵害が新たな常識となった今、ITプロフェッショナルの役割はかつてないほど重要になっています。

このebookでは、すぐに使えるOffice 365のセキュリティ機能や、効果的なバックアップと復元戦略を実現するために対応しなければならない盲点についてご紹介し、今日のコンピューティング環境におけるデータセキュリティの課題を考察します。

詳細についてはこちら
Veeam®のオフサイトバックアップによる収益の向上と顧客のアカウント価値の構築。
顧客と協力してデータのバックアップおよび保護戦略を最新化して最適化する際、復元のサービス・レベル・アグリーメント(SLA)に対応するシンプルで、柔軟な、信頼できるソリューションを提供することが重要です。
このeBookを読んで、効率的に管理されたデータ保護についてお客様との会話を促進する方法を学んでください。
  1. 3-2-1ルールの価値の紹介
  2. クラウドベースのオフサイト・バックアップ・サービスの効率化
  3. 長期間の保持の最新化
  4. パブリッククラウドの複雑さの簡素化
  5. テープの煩わしさの排除
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年8月13日

Microsoft MVP 2人によるAzureバックアップベストプラクティスTop10の解説

パブリッククラウドが主流になり始めると、オンプレミスで稼働するリソースに適用するベストプラクティス(およびツール)に加えて、クラウドリソースも適用する全く異なるベストプラクティスの検討が求められるようになりました。 現在、業界では組織のITリソースの保存されている場所にかかわらず、共通のベストプラクティスを適用できる状況に変わってきています。本eBookは最新情報を交えて10のベストプラクティスを解説していきます。

詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年7月23日

Forrester社が提供するこのガイドでは、ソリューション選びの際に注目すべき機能をご紹介し、次のようなデータニーズを評価するためにITの意思決定者や担当チームが検討すべき内容についてご説明します。

  • 包括的な保護
  • 自動化およびオーケストレーション
  • データの再利用、信頼性、復元

Forrester社が提供する、データ保護およびバックアッププラットフォームのバックアップバイヤーズガイドを参考に、より高度なクラウド・データ・マネジメントに備えましょう。

詳細についてはこちら
Frost & Sullivan社によるデジタル変革についての調査の結果、企業の99%がこの変革のいずれかの段階にあることがわかりました。しかし、デジタル変革には次のような課題が伴います。
  • 57%のITリーダーが、デジタル変革に関する取り組みの導入を阻む要因として、「専門知識が不十分」を挙げています
  • ランサムウェア対策コストは、2021年までに200億ドルに達すると予測されています
  • 52%のITリーダーが、ITの取り組みを妨げる主な課題として、「クラウドへのアプリケーションやデータの移行」を挙げています このような課題を解決し、停滞するデジタル変革の取り組みを前進させ、企業の成功に必要な結果を得るには、どうすればいいでしょうか?
Frost & Sullivan社による新しいエグゼクティブブリーフでは、バックアップモダナイゼーション、データのセキュリティとコンプライアンス、ハイブリッドクラウドへの加速化を実現する方法をご紹介します。是非、ご一読ください。 詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年4月27日

AWSバックアップの究極ガイド

データは自分で自分を保護してくれるわけではありません。Amazon Web Services(AWS)は、安全で信頼性の高いコンピューティングプラットフォームですが、データの消失が絶対に起こらないとは言い切れないのです。AWSバックアップに関する入門書の電子ブックを読み、データの保護について計画を立てる際には、ベストプラクティスを導入しましょう。 詳細についてはこちら
現在、多くの組織が仮想化されたITインフラストラクチャに依存しています。Veeam®は、それらの組織が自社のシステムで稼働する重要なワークロードのアベイラビリティを実現し、向上できるよう支援します。様々な要因により、仮想化できない物理サーバーや、仮想化されたシステム向けに構築されたバックアップソリューションを利用することで全体を保護できなくなるエンドポイントがあります。そのため、接続の切断、ハードウェアの不具合、ファイルの破損などの日常的に発生する障害のほか、ランサムウェアや盗難さえも、組織のデータを危険にさらす可能性があります。 Veeam Agent for Microsoft Windowsは 、大規模な物理および仮想の混在環境を運用する企業が抱えるギャップを解消することでこのような問題を解決し、クラウドベースのワークロードでアベイラビリティを実現することでワークロードのモビリティをさらに向上させます。
この資料では、以下について説明します。
  • Veeam Agent for Microsoft Windowsの主な概念
  • Veeam Backup & Replication™への統合によってエージェントを一元管理する方法
  • その他多数
詳細についてはこちら
ホワイトペーパー
2020年3月4日

皆様の企業では、テクノロジーの停止に伴う収益や生産性の損失が発生しても平気ですか?競争の激しい市場において、そのような企業はほとんどありません。ITプロフェッショナルの多くは、ビジネスのダウンタイムという問題は、ワークロードをクラウドに移動さえすれば対処できるはずだと考えています。これは、クラウドプロバイダのセンターにある顧客のデータは、当然、クラウドプロバイダが保護してくれるだろうと考えているためです。しかし、実際は、企業のデータを保護するためにクラウドプロバイダができることには限りがあり、基盤となるインフラストラクチャに対してのみ責任を負うクラウドプロバイダがほとんどです。このようなバックアップ手法は、停止や障害発生時のデータ保護に適切な手段としては設計されていません。こちらのホワイトペーパーでは、クラウドのデータ保護に対する企業の責任についてご説明します。

  • 多数のクラウドプロバイダが採用している一般的な責任共有モデルなど、IaaSパブリッククラウド環境におけるデータ保護の必要性について
  • バックアップと復元の戦略として、クラウドプロバイダを利用するだけでは不十分な理由
  • 責任共有モデルが災害復旧とセキュリティの両方に与える影響とは
  • その他
詳細についてはこちら
もっと見る