NEW Veeam Agent for Microsoft WindowsおよびVeeam Agent for Linux

パブリック・クラウドおよび物理ワークロードにアベイラビリティを提供

 

物理およびクラウドベースのサーバーとワークステーションにアベイラビリティを提供するには、オンプレミスであれリモートであれ、組織は次のような課題を克服しなければなりません。

  • クラウドで稼動するWindowsおよびLinuxインスタンスのバックアップや復元に関わる面倒で費用のかかるプロセス
  • 仮想化できない物理サーバーおよびワークステーションに堅牢なバックアップを提供する際の、複雑なハードウェア構成や規制コンプライアンス要件への対応
  • 移動中のユーザーやホーム・オフィスのユーザーが持ち運ぶノートPCやタブレットのRPOの短縮

さらに、接続の切断、ハードウェアの不具合、ファイルの破損などの日常的に発生する障害のほか、ランサムウェアや窃盗であればいっそう、組織のデータをリスクにさらす可能性があります。

Veeam Agent for Linux
無償評価版をダウンロードする

体験版では機能制限はありません

Veeam Agents
6か月間無料のライセンスを入手

現在Veeam製品をご利用のお客様に制限はございません

Veeam Agent for Linux
無償評価版をダウンロードする

体験版では機能制限はありません

Veeam Agents
6か月間無料のライセンスを入手

現在Veeam製品をご利用のお客様に制限はございません

Microsoft WindowsやLinuxのワークロードへのアベイラビリティの拡張

NEW Veeam® Agent for Microsoft WindowsおよびVeeam Agent for Linuxにより、WindowsベースおよびLinuxベースの物理またはパブリック・クラウド上のワークロードでのダウンタイムやデータ損失を迅速かつ簡単に予防できます

Veeam Agent for Microsoft WindowsおよびVeeam Agent for Linuxにより、次のことが可能になります。

  • 費用を抑え、複雑さを軽減すると同時にクラウド環境のWindowsおよびLinuxのアベイラビリティを確保
  • 仮想化することのできない物理サーバーとワークステーションのアベイラビリティを実現
  • 企業ネットワーク外にあるデスクトップ、ノートPC、タブレットに対してRPO要件を達成し、データ損失のリスクを軽減

Veeam Agent for Linux

Veeam Agent for Linuxは、Linuxベースのサーバーおよびワークステーションにアベイラビリティを提供するために設計されたシンプルなバックアップ・エージェントです。オンプレミスまたはパブリック・クラウドのどちらで稼動している場合にも対応します。

詳細はこちら

Veeam Agent for Microsoft Windows

Veeam Endpoint Backup™ FREEで導入された技術を基盤として開発されたVeeam Agent for Microsoft Windowsは、Windowsベースのサーバーおよびワークステーションにアベイラビリティを提供します。オンプレミスまたはパブリック・クラウドのどちらで稼動している場合にも対応します。

ベータ版提供開始

Veeam Availability Platform

Veeam Availability Platform for the Hybrid Cloud(ハイブリッド・クラウド向けのVeeam Availabilityプラットフォーム)は、Always-On Enterprise™を実現するための次世代のアベイラビリティを提供します。企業規模を問わず、以下を通じて仮想、物理、クラウドベースのワークロードにアベイラビリティを確保するための手段を提供します。エンタープライズ・レベルの継続性、ワークロードのモビリティ、コンプライアンスと可視化

仮想、物理、およびクラウドベースのワークロード向けの次世代のアベイラビリティにより、Always-On Enterpriseを実現。