https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvd3AtMjAxNi1hdmFpbGFiaWxpdHktcmVwb3J0Lmh0bWwiLCJoYXNoIjoiZDA2YTk1ZWMtNzc3OS00NzhkLThkODMtMWJlMWFiNGYyNmQ2In0
ホワイト・ペーパー

2016 Availability Report

2016 Availability Report
この記事はどの程度役に立ちましたか。
5つ星のうち5(評価数:1件)
ご協力ありがとうございました。
An error occurred during voting. Please try again later.
公開日: 2016 年 03 月

2016年版のVeeamアベイラビリティ・レポートは、24か国1,140人のIT部門の上級意思決定者(ITDM)の見識をまとめたものです。このレポートには、Always-On Enterprise™のニーズが満たされていないこと、そして、企業には戦略的優先順位が必要で、さもなければ毎年1,600万ドルの減収のリスクがあることが記されています。

2014年の結果との比較

  • 不測のダウンタイムの増加。
    • ミッションクリティカルなアプリケーションにおいて1.4時間から1.9時間に増加。
    • ミッションクリティカルでないアプリケーションにおいて4.0時間から5.8時間に増加。
  • ミッションクリティカルなアプリケーションの平均的な目標復旧時間(RTO)が3.0時間であるのに対し、サービスレベル・アグリーメント(SLA)に必要な時間は1.6時間。同様に、現在の目標復旧ポイント(RPO)は4.2時間、理想は2.9時間。
  • 年間のダウンタイム・コストは12か月間で600万ドルもの増加。

今すぐ調査レポートのサマリと完全版をダウンロードしましょう。そして、自社環境が可用性のギャップによる財政上の破綻を回避し、Always-On Enterprise、すなわち常時稼動を実現するために必要なソリューションへの課題や解決策を得られるようにしましょう。

2016年版のVeeamアベイラビリティ・レポートは、24か国1,140人のIT部門の上級意思決定者(ITDM)の見識をまとめたものです。このレポートには、Always-On Enterprise™のニーズが満たされていないこと、そして、企業には戦略的優先順位が必要で、さもなければ毎年1,600万ドルの減収のリスクがあることが記されています。

2014年の結果との比較

  • 不測のダウンタイムの増加。
    • ミッションクリティカルなアプリケーションにおいて1.4時間から1.9時間に増加。
    • ミッションクリティカルでないアプリケーションにおいて4.0時間から5.8時間に増加。
  • ミッションクリティカルなアプリケーションの平均的な目標復旧時間(RTO)が3.0時間であるのに対し、サービスレベル・アグリーメント(SLA)に必要な時間は1.6時間。同様に、現在の目標復旧ポイント(RPO)は4.2時間、理想は2.9時間。
  • 年間のダウンタイム・コストは12か月間で600万ドルもの増加。

今すぐ調査レポートのサマリと完全版をダウンロードしましょう。そして、自社環境が可用性のギャップによる財政上の破綻を回避し、Always-On Enterprise、すなわち常時稼動を実現するために必要なソリューションへの課題や解決策を得られるようにしましょう。

この記事はどの程度役に立ちましたか。
5つ星のうち5(評価数:1件)
ご協力ありがとうございました。
An error occurred during voting. Please try again later.