ホワイトペーパー
2020年8月13日

Azureバックアップのベストプラクティス

登録して読む

登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
Veeamの製品に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

Azureバックアップのベストプラクティス

Microsoft MVP 2人によるAzureバックアップベストプラクティスTop10の解説

パブリッククラウドが主流になり始めると、オンプレミスで稼働するリソースに適用するベストプラクティス(およびツール)に加えて、クラウドリソースも適用する全く異なるベストプラクティスの検討が求められるようになりました。 現在、業界では組織のITリソースの保存されている場所にかかわらず、共通のベストプラクティスを適用できる状況に変わってきています。本eBookは最新情報を交えて10のベストプラクティスを解説していきます。