https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvd3AtZXNnLXZlZWFtLXByb3RlY3RzLXZpcnR1YWxpemVkLWl0LWVudmlyb25tZW50cy5odG1sIiwiaGFzaCI6IjhhZWE0ZDA2LTEzZDUtNDcwMC05YTRjLWYwZmFlYWQ1MGNlMyJ9
ホワイト・ペーパー
January 13, 2017

ESGアジア太平洋地域調査:Veeamによる仮想化IT環境の保護

登録して読む

英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

5つ星のうち5(評価数:1件)
ご協力ありがとうございました。
An error occurred during voting. Please try again later.

ESGの調査によると、仮想化されたIT環境におけるデータ保護の課題としてアジア太平洋地域で共通しているのは、データの復元性です。 アジア太平洋地域の組織は、データ・バックアップ・ソリューションを選定する際に以下の3つの課題をクリアーできるか確認する必要があります。

  • アプリケーションの整合性、継続可能な保護プロセス、インスタント・リカバリ・オペレーションに関する堅牢な保護とリカバリ
  • 自動保護、統合などに関する容易な管理
  • クラウドへの接続とクラウド利用

しかし、すべてのベンダーがこれらの機能を提供しているわけではありません。とりわけVeeam®は、「バックアップ」の提供だけにとどまらず、究極の成果であるアベイラビリティを実現できるよう組織を支援しています。

アジア太平洋地域のIT組織がバックアップとリカバリを最新化する際の検討事項(What Asia-Pacific IT Organizations Should Consider When Modernizing Backup and Recovery)をご覧ください。