ホワイトペーパー

Veeam Backup & ReplicationによるTier-1ビジネス・アプリケーションのためのアイテムレベル復元

Kirsten Stoner, Product Strategy Coordinator

詳細についてはこちら 詳細についてはこちら

登録してダウンロードする

サインインまたは登録

ソーシャルアカウントを使用してすべての無償の製品およびリソースへ即時アクセス

Veeam Backup & ReplicationによるTier-1ビジネス・アプリケーションのためのアイテムレベル復元

How helpful is this article: 0 / 5 (0 votes cast)

Tier-1ビジネス・アプリケーションを展開する際、ハードウェア依存関係の低下、ワークロードの統合、可搬性、およびアプリケーション・パフォーマンスの向上など、多くの理由から大部分の管理者は仮想化を選択します。仮想化は、Microsoft Exchange、Active Directory、SharePoint、およびSQL Serverなどの重要なビジネス・アプリケーションをデータ損失なしで24時間365日利用できるようにする、適切な復元ツールを持っていることも意味します。

アプリケーションの整合性を維持したバックアップ・ツールは、Microsoft Exchange、SharePoint、SQL Server、およびActive Directoryなどのアプリケーションに対して有益です。これらはデータが肥大化する可能性があり、組織の運営に非常に重要なため、バックアップ中や復元中でもシステムを止めないことが求められます。データ全体の復元は必ずしも必要ではなく、むしろ完全な復元はダウンタイムやデータ損失をもたらす可能性があります。アイテムレベルの復元では、管理者はシステムを止めることなく1つまたは複数のアイテムをバックアップ・ファイルから選択できます。

このため、すべての管理者にとってアイテムレベルの復元が一番頼れる手段でしょう。Tier-1アプリケーション全体のリストアには非常に時間がかかりますが、ほとんどの場合では不要です。Tier-1の復元要求を満たすために、Veeam®が提供するアプリケーション専用のExplorerを使用し、アプリケーション特有の方法で個々のアイテムを復元することができます。

このホワイト・ペーパーを読んで、特定のアプリケーション・ワークロードの詳細と、Veeamを使用したアイテムレベルの復元方法を確認してください。その他、以下の点についても説明しています。

  • Veeamが提供する47の復元シナリオ
  • Tier-1アプリケーションのアイテムレベルの復元方法
  • データ損失の回避
  • その他、多数
詳細についてはこちら

著者について

登録してダウンロードする

サインインまたは登録

ソーシャルアカウントを使用してすべての無償の製品およびリソースへ即時アクセス