ホワイトペーパー
December 8, 2017

【ホワイトペーパー】マルチクラウド戦略の増加している傾向について

登録して読む

英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
登録することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

【ホワイトペーパー】マルチクラウド戦略の増加している傾向について

ほとんどの組織が現在Infrastructure as a Service(IaaS)またはPlatform as a Service(PaaS)の形態でパブリック・クラウド・インフラストラクチャを利用しており、効果的なアベイラビリティ戦略を策定することが、優先事項となりつつあります。

ESGは、マルチクラウド戦略の採用に関する最新の傾向について理解を深めるため、先頃、北米地域における318名の中小企業向け市場およびエンタープライズ市場のITに関するディシジョン・メーカーを対象に、調査を実施しました。パブリック・クラウド・インフラストラクチャの採用が増加していることに加えて、オンプレミスからオフプレミスにワークロードが移行していることが、現在の大半の企業が本質的にマルチクラウドである主な理由となっています。 

新しいESGのサマリーをお読み頂くことで、以下の内容についてご理解いただけます。

·         クラウド・コンピューティング・サービスの利用計画における傾向

·         組織が現在利用しているサービス・プロバイダーの平均数

·         クラウド・サービス選定時によく検討される戦略

·         その他多数