https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvd3AtdmlydHVhbGl6aW5nLWV4Y2hhbmdlLTIwMTYtcmlnaHQtd2F5Lmh0bWwiLCJoYXNoIjoiZmU0YTg3NjItMDZiNi00Zjg4LWJlZWMtZDU0NTU2NGI1YmQ4In0
ホワイト・ペーパー
August 24, 2016

【ホワイトペーパー】Exchange 2016の仮想最適化

登録して読む

英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
By registering you agree to the Veeam Privacy Policy.
登録することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.

Microsoft Exchange Serverと仮想化は、両者とも登場してから長い月日が経ちましたが、Exchangeの仮想化はいまだに大きな議論を呼んでいます。それは、Exchangeの仮想化を成功させる方法について、ハイパーバイザーの観点から見たベストプラクティスと推奨事項は、必ずしもMicrosoftの観点によるものと一致しないためです。結果として、管理者は虚無感を抱くことが多くなり、どのアプローチが最適なのかを考え続けることになります。

このホワイト・ペーパーでは、基礎となるプラットフォームに関係なく、展開のサポート性を追跡しつつもExchangeを最適に仮想化する方法をお伝えします。ここで仮想化をしない理由は十分にありますが、適切な条件の下では、Exchangeが仮想化にうってつけであることを認識しておくことが重要です。

ここでは、アプリケーションの観点から、Exchange 2016を最適に仮想化する方法、およびさまざまな推奨事項やサポート声明について述べ、これらの推奨事項が非常に重要である理由について説明します。推奨事項と合致しない可能性はありますが、柔軟性には十分な余裕があるため、仮想化で提供される最適な機能を利用することができます。

このホワイト・ペーパーをお読みいただくと、次のことが可能になります。

  • 仮想化すべき時期と仮想化すべきでない時期の把握
  • Microsoftのベスト・プラクティスに従った、仮想化されたExchange 2016サーバーの適切な展開
  • Exchangeの組み込み機能によってデータを保護する方法、およびVeeam® Backup & Replication™を使用して簡単にデータを復元する方法の理解

About the Author

Michael van Horenbeeck
Microsoft Certified Solutions Master, an Exchange Server MVP
Michael Van Horenbeeck is a Microsoft Certified Solutions Master (MCSM) and Office Servers & Services MVP from Belgium, placing him amongst a handful of experts, world-wide, to hold both the MCSM certification and MVP award at the same time.

Follow Michael on Twitter @vanhybrid
Show less Show more