https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvb3JhY2xlLWJhY2t1cC1yZWNvdmVyeS1leHBsb3Jlci5odG1sIiwiaGFzaCI6ImFlZGEwZDllLWY1OWYtNGQzYi1iZjVjLThiOGZkMTViZTcyNiJ9

Veeam Explorer for Oracle

  • Oracleの柔軟な復元
  • ポイントインタイムの復元
  • Oracle RMAN統合
  • ログの切り捨てでストレージを節約
評価版をダウンロード

30日間全ての機能を使用できます

Oracleデータベースの高速なトランザクションレベルの復元

Oracleデータベースを実行するのがLinuxか、Windowsか、Solarisかに関わらず、Veeam®はOracleデータベースのイメージレベルのバックアップを取得する前に、Oracleが提供するいずれかの手法を使用してホット・バックアップ・モードを自動的に有効にすることにより、トランザクションの整合性を維持したOracleデータベースバックアップを実行します。サポート対象オペレーティングシステムおよびハイパーバイザーを実行し、トランザクションログのバックアップとリプレイ機能を備えたOracleデータベースの信頼性の高い、エージェントレスのイメージ・レベル・バックアップの提供により、Oracleデータベースを正確な時点や特定のトランザクションに簡単にリストアできます。これには以下が含まれます。

  • トランザクションログのレビューによるトランザクションレベルの復元。
  • 単一パスのイメージバックアップからのトランザクションログのリプレイによるポイントインタイムのデータベースの復元。
  • アーカイブログの管理によるバックアップからの過剰な蓄積の回避と、バックアップに使用されるストレージ容量の最大化。
  • データベースをRMANバックアップとしてパブリッシュまたはエクスポート。

これらの高度な機能により、Oracleデータベースの専門知識がなくても、Veeam Explorer™ for Oracleを使用することにより、誰でも数回のクリックで処理を行うことができます。

Oracleトランザクションログのバックアップとリプレイ

Veeam Explorer for Oracleは、トランザクションログを人が判読できる形式で提供できます。これにより、望ましくない操作を含むトランザクションの直前のトランザクションを検出してリストアするタスクを容易に行うことができます。Veeam Explorer for Oracleでは以下を行います。

  • 単一のイメージベースのバックアップからのポイントインタイム復元
  • オンラインREDOログファイルのバックアップリポジトリへの定期的なコピー
  • 特定のトランザクションを検出してリストアするタスクの簡素化
  • その他多数

Oracleデータベースサーバー全体を復元する必要がある場合、インスタントVMリカバリ(Instant VM Recovery™)を使用することにより、最も短時間でサーバーをオンラインに戻すことができます。

ユーザーとデータベース管理者にネイティブの柔軟な制御

Veeam Explorerに加え、Veeam Plug-in for Oracle RMANではOracle Recovery Manager(RMAN)のネイティブのバックアップと復元機能を使用し、バックアップをVeeamバックアップリポジトリに転送します。Oracleデータベース管理者はRMANの能力を活用してバックアップと復元を容易に実行できますが、Veeam Explorerにより、緊急時には、データベース管理者以外のユーザーがシンプルなユーザーインターフェイスを使用してそれらのRMANバックアップからデータベースの復元を実行できます。

以下の主な機能を活用できます。

  • Oracle DBAがRMANによりバックアップと復元プロセスを完全に制御
  • 物理サーバー上のOracle RACおよびASMディスクのバックアップと復元を完全にサポート
  • 既存のOracle RMANスクリプトや外部のスケジューラの使用によりプロセスの中断を最小限に抑制

データベースのパブリッシュ

データベース仮想マシン(VM)ディスクをバックアップファイルからOracleデータベースサーバーに直接マウントして接続することで、ディザスタリカバリ(DR)を迅速に実行します。これにより、ネイティブのOracleデータベースツールを使用して、スキルを活用する必要な操作を実行できます。

データベースのエクスポート

Oracleデータベースをバックアップから直接(RMANバックアップとして直接)エクスポートすることで、時間の短縮と本番への影響を活用できます。これにより、Oracleデータベースを復元または移行する際に必要な柔軟性が得られます。

アーカイブログの管理

Veeamなら、バックアップの後にログが自動的に切り捨てられ、アーカイブログの管理に複雑でエラーが起きやすいスクリプトを作成、展開、管理する必要がないため、Oracleデータベース・サーバー・ディスクがログでいっぱいになる心配はありません。

主な特長:復元

よくある質問

Veeam Backup & ReplicationではOracleデータベースをどのようにバックアップしますか。
  1. Oracleサーバーをバックアップするには、Veeam Backup & Replicationで新しいバックアップジョブを作成します。
  2. 必要なVMを追加します。
  3. バックアップ・ストレージ・リポジトリを指定します。
  4. バックアッププロセス中に、Veeam Backup & ReplicationがVMに接続され、VMコンテンツを調査します。Oracleデータベースが検出されると、Veeamはアプリケーション認識イメージ処理(バックアップでのアプリケーションとデータベースの整合性を維持する特別なメカニズム)を開始します。
  5. または、Veeam Backup & Replicationリポジトリに保存可能な、Oracleデータベース用のOracle Recovery Manager(RMAN)バックアップジョブを作成することもできます。
Veeamが提供しているOracleデータベースの復元では、どのようなことができますか。
Veeam Explorer for Oracleでは、Veeam Backup & ReplicationやRMANで作成されたバックアップからOracleデータベースをリストア、エクスポート、パブリッシュできます。
Veeamが提供しているOracleデータベースのレプリケーションでは、どのようなことができますか。
バックアップから直接レプリケーションを実行するVeeamの組込済みのWANアクセラレーション機能は、WAN接続または低速接続によるOracleバックアップレプリケーションの速度を最大50倍向上させる一方、帯域幅の使用量をrawデータのコピーと比較して最大20分の1に削減します。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeamコミュニティ・フォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。
vector.svg

Veeam Explorer for Oracleにご興味をお持ちいただき、
誠にありがとうございます。

メールをご確認のうえ、検証用リンクに従ってください。

製品のダウンロードは、検証後にご利用いただけます。

We're working on it please try again later