https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvYmFja3VwLXNhcC1oYW5hLXBsdWdpbi5odG1sIiwiaGFzaCI6IjBlZjczODMxLWM0MzMtNDE4OS04NGRmLTFlNTQxNjRiYmJiOSJ9

信頼できるSAP HANAの保護、Veeam Plug-in for SAP HANA

SAPの管理者には、対処すべき課題が多数あります。たとえば、信頼性の維持や、ダウンタイムの短縮、必要なときに必要なインテリジェンスの提供などがありますが、これら全てに対応しつつ、ビジネスインテリジェンスに依存した、異なる複雑なシステムやレイヤーも管理しなければなりません。

Veeam®が提供するSAP認定のバックアップと復元ソリューション、Veeam Plug-in for SAP HANAなら、ネイティブのSAP HANA Backintバックアップと、業界をリードするVeeam Backup & Replication™ソリューションをシームレスに統合することができます。この連携により、SAPの管理者は、パフォーマンスが求められるミッションクリティカルなSAP HANA環境をバックアップし、アプリケーションやデータのアベイラビリティに対する厳しい要求にも適切に対応することができます。

Veeam Plug-in for SAP HANA では、次の操作も簡単に実行できます。

  • Studio、Cockpit、SQLコマンドなどのSAP HANAツールを用いた、SAP HANAのネイティブな保護
  • Backintとの統合による、設定したバックアップ間隔に基づいたバックアップログの処理
  • DBAの特別なトレーニングを必要としない、ネイティブのSAP HANAツールを用いた復元の実行

柔軟性の活用

Veeam Plug-in for SAP HANAでは、SAP HANA Backint処理とのシームレスな統合によって、バックアップをVeeamのバックアップ先に転送することができます。これによって、SAP Basis管理者によるバックアップが可能になります。バックアップと復元については、SAP HANA Studioなどの既存のネイティブなSAPワークフローを引き続き使用できます。イメージレベルのバックアップやストレージスナップショットのバックアップで、高速なインスタントリカバリとSAP HANAのきめ細かいリストアが可能で、さらに迅速に対応できます。

SAP HANAバックアップの再利用

データに完全に依存している現代において、ビジネスを可能にするにはデータを再利用することが重要です。新しいSAP HANA製品バックアップデータを真に活用できる主な領域としては、セキュリティテスト、IT管理タスク、開発、テスト、分析があります。Veeam DataLabs™には、隔離されたネットワークのバックアップのコピーまたはレプリカからSAP HANAデータベースインスタンスのコピーを直接実行し、本番環境以外で実際のデータに対してこのようなタスクを安全に実行できる優れた機能が備わっています。

管理の煩わしさを軽減

SAP HANA Studioといった、既存のネイティブのSAPワークフローを用いてバックアップと復元を行いつつ、Veeam Backup & Replicationのインテリジェントなストレージ管理機能も活用。

ほぼ無限のスケーラビリティ

VeeamのScale-out Backup Repository™でスルー
プットを最大化して、SAP HANAの重要なバック
アップやリストア操作に対してクラウドへのほぼ
無限のスケーリングを実現。

アーカイブログの管理

Backintによるログのバックアップを有効にすると、ログのバックアップ間隔に従って、またはログファイルがいっぱいになった際や閉じられた際に、SAP HANAが自動でログをバックアップ。

主な特長:復元

よくある質問

Veeam Backup & Replicationでは、SAP HANAデータベースをどのようにバックアップしますか?

Veeam Plug-inを構成すると、SAP HANAバックアップツールを使用してデータベースをバックアップすることができます。Veeam Plug-inによって、データがVeeamバックアップリポジトリに自動で送信され、Veeam独自のフォーマットで保存されます。バックアッププロセス自体はSAP HANA Backintによって実行されます。

SAP HANAバックアップの構成は、SQLコマンドやスクリプト、SAP HANA Studio、SAP HANA Cockpitを用いて直接行えます。SAP HANAのジョブは全て、データセンターのバックアップと共に、Veeam Backup & Replicationコンソールで監視できます。

Veeamが提供しているSAP HANAデータベースの復元では、どのようなことができますか?
構成済みのVeeam Plug-inによって、Veeamバックアップリポジトリに格納されているバックアップからSAP HANAデータベースをリストアすることができます。リストア操作は全てSAP HANA側で実行されます。データベースのリストアには、SAP HANA Cockpit、SAP HANA Studio、またはHDBSQLを使用できます。
Veeamが提供しているSAP HANAのバックアップ保持では、どのようなことができますか?
Veeam Plug-in for SAP HANAを使用する場合、ネイティブのSAP HANAツールで保持ポリシーを設定する必要があります。この設定は、SAP HANA Studioから手動で行うか、またはSAP HANA Cockpitで設定された保持を介して行えます。また、Veeam Backup & Replicationコンソールを使用してバックアップリポジトリからバックアップを手動で削除したり、Veeam Plug-inの強制削除機能を有効にしたりすることもできます。強制削除機能では、管理者によって指定された日数を超過したバックアップファイルが自動的に強制削除されます。

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
英数字と特殊文字(&+-._!'`())のみを使用してください。
送信することにより、Veeamがお客様の個人情報をプライバシーポリシーに従って管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やサービス、イベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人データの管理をすることに同意したことになります。
vector.svg

ありがとうございました。

メールをご確認のうえ、検証用リンクに従ってください。

製品のダウンロードは、検証後にご利用いただけます。

error icon

Oops! Something went wrong.

Please go back try again later.