https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy92ZWVhbS1hbm5vdW5jZXMtbmV3LWF3cy1iYWNrdXAtYW5kLXJlY292ZXJ5LWNhcGFiaWxpdGllcy1mb3ItY29zdC1lZmZlY3RpdmUtYW5kLXNlY3VyZS1iYWNrdXAtd2l0aC1hbWF6b24tcmRzLmh0bWwiLCJoYXNoIjoiMzAwMGIzYjAtN2UzOS00NzVmLThhNzctYWQ3Y2E2NDlhMmFjIn0

Veeam、Amazon RDSで費用対効果の高いセキュアなバックアップを 実現する新しいAWSバックアップ&リカバリ機能を発表

「Veeam Backup for AWS v3」がAWS向けバックアップおよびリカバリ戦略をさらに強化、 Amazon RDSおよび Amazon EKS、Kasten K10搭載のKubernetes などのサポート追加

クラウド・データ・マネジメント™を実現するバックアップソリューションのリーダー企業であるVeeam® Software(以下 Veeam)は、Veeam Backup for AWS の最新バージョンの一般提供開始を発表しました。Veeam Backup for AWS v3は、Amazon Web Services(AWS)ユーザー向けに構築された、完全自動化機能を備えたネイティブバックアップとディザスタリカバリソリューションで、Amazon Elastic Cloud Compute (Amazon EC2)や Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)に簡単に保護機能や管理機能を追加できます。Veeam Backup for AWS v3は信頼性、コスト効率、安全性を最優先に開発され、AWS上のデータのデータ損失のリスクを大幅に低減、最小化できます。今回新たに追加されたサポートおよび機能はパッケージオプション2種類です。お客様は自社のニーズに最適なデータ保護ソリューションを選択することができます。

l  Veeam Backup for AWSは、AWS向けのスタンドアロンのAWSバックアップおよびリカバリソリューションとしてAWS上のデータを保護します。

l  Veeam Backup & Replication™は、バックアップおよびリカバリソリューションをクラウドや仮想、物理データと統合し、クラウド・仮想・物理間の環境移行をシームレスにサポートするクラウドモビリティとデータポータビリティを実現します。

Veeamの最高技術責任者(CTO)兼製品戦略部門シニアバイスプレジデントのダニー・アラン(Danny Allan)は、次のように述べています。「VeeamはVeeam Backup for AWSの最新バージョンでAmazon RDSのサポートを提供できることを非常にうれしく思います。これはVeeamのお客様や導入を検討する企業から最も要望の多かったサポートであり、AWSのアクティブユーザー数が100万[i]を超えていることを考えれば当然と言えます。本製品には非常に大きな市場機会があります。それだけでなく、Veeamにとっては今こそが、お客様の大きなニーズを満たし、時代の一歩先を行くべき時だと考えて今回の提供に踏み切りました。Veeamは今年、Kastenを買収し、お客様の事業変革を支援して将来に備えたアーキテクチャに移行していくための取り組みをさらに強化しています。この最新バージョンの提供によって、Kasten K10のデータマネジメントプラットフォームを介し、AWSのKubernetesワークロードの保護とモビリティの実現も行えるようになります。これが大きな差別化の切り札になります」

Veeam Backup for AWS v3は、AWSネイティブバックアップとリカバリをAmazon RDSのデータベースに提供できるようになりました。Veeamのソリューションに対するお客様の期待に応える信頼性と費用対効果、セキュリティ面のメリットを備えています。ユーザーはAmazon RDSのバックアップを完全に自動化して、柔軟なポリシーとスケジューリングで実現できます。高速なリカバリオプションによってわずか数秒で正確なタイミングでデータベース全体を復元し、あらゆるデータ損失を解消することができます。最新バージョンには以下の新機能が含まれます。

l  Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)内でバックアップとリカバリをサポートし、AWSアカウントおよびAWSリージョン全体を通じたトラブルシューティングや災害復旧、開発/テストにも対応できます。

l  ロールベースのアクセス制御で、バックアップとリカバリの運用のための役割とアクセス許可のデリゲートを作成します。運用効率を向上させながら、セキュリティやコンプライアンス規則に適合したデータ保護を確実に実現します。

l  AWS Outpostsをサポートし、オンプレミスで実装されたAWS Outpostsと同じようにVeeamのAWSネイティブバックアップとリカバリを利用できるようになります。

Veeam Backup for AWSにはスタンドアロンでクラウドバックアップソリューションを提供する無償版(AWS 10インスタンスまでのバックアップと無制限のリカバリ)、有償版のスタンドアロン・クラウドバックアップソリューション(AWS 1インスタンスにつき年間40ドル~、メータリング使用可能な従量課金制)、またはVeeam Backup & Replicationの一部として無制限のデータポータビリティオプションを備えたハイブリッドやマルチクラウドの包括的な戦略を提供する3つのエディションがあります。詳細についてはwww.veeam.comをご覧ください。

コメント

Amazon Web Services 米州ISV担当ディレクター、サビーナ・ジョセフ(Sabina Joseph)氏

「常に変化する今日の環境においては、お客様の要件に速やかに対応できる能力が必要です。Amazon RDSデータベースのクラウドネイティブなバックアップやリカバリ対応を提供し、AWS OutpostsのサポートやAWSにおけるKubernetesワークロード保護が提供できることによって、Veeamはクラウドのスピードで運用でき、ダイナミックなお客様のニーズに対処できることを証明しました」

Evaluator Group シニアアナリスト、クリスタ・マッコーマー(Krista Macomber)氏

「顧客はますます幅広い範囲でクラウドアプリケーションやインフラストラクチャを活用して、ミッションクリティカルなデータを生成するようになっています。その結果、とくにサイバー脅威の増加や厳格化するコンプライアンス要件を考えると、マルチクラウドのデータ管理や保護が極めて重要になってきています。しかし、顧客はマルチクラウド環境にまたがるデータの一元的な可視化や管理に苦労しており、高速レベルのリカバリが提供できないでいます。Amazon RDSデータベースのバックアップやリカバリを追加して、AWSデータをオンプレミスやクラウドの他のソースと一体化して保護することは、Veeam がこの問題を認識し、その解消に取り組んでいることを示すものだと言えます」

Sopra Steria CTO、ティエリ・リュック(Thierry Luc)氏

「Sopra Steriaのオペレーションチームは、多数のプロジェクトに効果的にサービスを提供しながら、Kubernetesの俊敏性とコスト効率を実現することを目指していました。Kasten K10プラットフォームによってシンプルで拡張性の高いソリューションが得られ、当社のAWSワークロードやRed Hat OpenShiftクラスタに最適なデータマネジメント能力を提供できます。さらに、こうしたことを開発者の変更やトレーニング、専門サービスをまったく行うことなく、ほんの数分で実現できます。信じられないほど使い方が簡単なのに、しっかりと機能しています」

Voxelcare 開発マネージャー、フアン・セビーリャ(Juan Sevila)氏

「Voxelcareではオンプレミスのデータセンターに残ったワークロードの保護だけでなく、AWS上のデータ保護にもVeeamを採用しています。Veeamのソリューションは常に柔軟性や信頼性が高く、使い方も信じられないほど簡単です。リリース前にVeeam Backup for AWS v3を試してみる機会がありましたが、これを使用して当社のAmazon RDSデータ保護も行えることを楽しみにしています」


[i]  「Amazon Web Servicesの概要」、AWS ホワイトペーパー(英語). https://docs.aws.amazon.com/whitepapers/latest/aws-overview/global-infrastructure.html