データ回復力におけるNo.1 グローバルリーダー
Veeam Data Platform

Linuxサーバーのセキュアなバックアップと復元

高速で包括的なLinuxのバックアップに、影響の少ない復元
特長

Linuxバックアップをコントロール

今日のビジネスにおいて、データベースやファイルサーバー、トランザクションの多いアプリケーションにLinuxサーバーを使用することは当たり前になっています。Veeamでは、特殊なLinuxサーバーを安心して保護・復元・管理できるよう各種ツールをご用意しています。
Linuxエコシステム全体の保護

重要なLinuxワークロードをバックアップして復元します。

管理も導入も一元的に

Linuxバックアップをその他のハイブリッドクラウドのワークロードと共に管理します。

ポリシーベースのセキュアな保護

主要なLinuxディストリビューションでイミュータブルな保護を使用できます。

機能

Veeam Backup for Linuxの利点

高速で包括的なバックアップ

VeeamのLinuxカーネルモジュールにはファイルシステムのスナップショット機能が組み込まれており、Linux仮想マシン(LVM)スナップショットを使用する場合でも、サービスを中断することはありません。

影響度の低い、一貫性のある復元

Veeamのバックアップには、拡張ファイル属性を含む全ての情報が維持されるため、柔軟性の高い復元で、必要なものを必要なとおりに復元できます。また、高度なアプリケーション処理により、アプリケーションの整合性を維持したイメージを作成することもできます。

サイバー攻撃の脅威から保護

Veeamのイミュータブルな強化リポジトリに直接バックアップすることで、Linuxバックアップを攻撃から保護します。

変更ブロック追跡(CBT)とスナップショットドライバ

高速で一貫性のある増分バックアップがLinuxで実行可能に。ホストやネットワークに必要以上影響を及ぼすこともありません。

オブジェクトストレージにLinuxを直接バックアップ

クラウドストレージやオンプレミスのオブジェクトストレージに直接バックアップしたり、オブジェクトストレージベースのVeeamリポジトリを選択したりできます。

Linuxのセキュアな復元

時間制限付きの共有可能なアクセスキーまたは復元トークンを生成。これにより、ベアメタル復元の実行時にVeeamリポジトリに直接接続できます。

最新リリース

Veeam Data Platform

NEWオブジェクトストレージへのダイレクトバックアップ

信頼できるイミュータビリティ

サイバー回復性

ハイブリッドクラウドに最適化

FAQ

Linuxサーバー全体をバックアップする方法を教えてください。

UnixとLinuxの設計の仕組みにより、ハードウェア・デバイス・ドライバとディスクパーティションがその他の特殊なデバイスファイルと共に表示されます。これらは、他のファイルと同様にファイルシステムに直接あります。そのため、誰でも簡単に、これらのファイルをバックアップとして別の場所にコピーすることができます。とある場所のファイルを別の場所にコピーするだけでよいのであれば、しっかりと検証されているDDコマンドとrsyncを使用するとよいでしょう。しかし、これらのコマンドを扱う場合は注意も必要です。正しく実行されなかった場合、保護するつもりだったデータが意図せず削除される可能性もあります。

Veeam Backup & Replicationは、Veeam Agent for Linuxによって、Linuxサーバーのバックアップの水準を引き上げます。安全性と信頼性に優れ、豊富な機能を備えた設計で、何年もそこにある巨大なLinuxファイルコピーにも対応できます。Veeam Backup & Replicationでは、GUIを利用して管理や導入を一元的に実行できるほか、必要に応じてコマンドラインインターフェイスも使用できます。Linuxバックアップジョブの作成もリストア操作も簡単に実行することができ、さらにはLinuxサーバーのバックアップに関する追加機能のエコシステムも丸ごと活用できます。

Linuxシステムのリストア方法を教えてください。

リストア方法は複数あり、必要に応じて選択できます。ベアメタルリストアが必要だったり、ボリュームのリストアが必要な場合もあるでしょう。一部のファイルやフォルダだけをリストアすればよい場合もあるかもしれません。いずれの操作もそれぞれの道筋と手順がありますが、途中で重複したり、場合によっては合わさったりすることもあります。ベアメタルリストアを実行するには、復元ISO、または手動で再インストールしたベースディストリビューションが必要で、これらはファイルのリストア先として使用します。一部のファイルやフォルダのみが必要な場合は、復元メディアを使用してファイルレベルの復元を行うことができます。あるいは、組み込みのファイル復元ウィザードを使用しても構いません。次に、Linuxサーバーを仮想サーバーに移動または変換する場合は、仮想ディスクとしてエクスポートしたり、仮想マシン(VM)へのインスタントリストアでP2Vを実行したり、パブリッククラウドに直接リストアしたりすることも可能です。Veeam Backup & Replicationなら、全ての復元オプションを網羅しており、あらゆるワークロードに対応できます。

Linuxのバックアップが実行されているかどうかを確認する方法を教えてください。

バックアップが実行されているかどうかは、コマンドでパイプを使って進捗を有効にすると確認できます。ただし、この方法は1つのジョブに対しては有効ですが、ジョブが10や20、50もある場合はそうはいきません。Veeam Backup & Replicationのコンソールを使用すれば、複数のバックアップの進行状況や詳細なジョブの統計も非常に簡単に確認することができます。また、Veeam Backup & Replicationでは、メールによる通知とレポートも有効にできるので、バックアップの進行状況や結果について最新の情報を得ることができます。

まずはこちらから

お問い合わせ

お問い合わせ

貴社に最適なソリューション選びをサポートします。

5つの理由

テクニカルサポート

Veeamの技術マニュアルでご不明点についてお調べいただけます

5つの理由

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

送信することで、Veeamのプライバシー通知に従って当社が個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシー通知に従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したものと見なれます。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシー通知に従って当社が個人情報を管理することに同意したものと見なされます。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシー通知に従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したものと見なれます。
製品のダウンロードを続行するにはメールアドレスを確認します
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください