https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy92ZWVhbS1hbm5vdW5jZXMtZ2VuZXJhbC1hdmFpbGFiaWxpdHktb2YtbmV3LXZlZWFtLWJhY2t1cC1mb3ItbWljcm9zb2Z0LWF6dXJlLmh0bWwiLCJoYXNoIjoiOGY0MGRjY2EtMjA2Yy00MzkwLThlZTEtMDgwNjk3OWRiOWRlIn0

Veeam、Veeam Backup for Microsoft Azureを一般提供開始

アプリケーションとデータのMicrosoft Azureへの移行を支援、クラウドデータ損失を削減、 コストとセキュリティを管理

クラウド・データ・マネジメント™を実現するバックアップソリューションのリーダー企業であるVeeam® Software(以下 Veeam)は、バックアップとリカバリのためのエンタープライズ向けソリューション、「Veeam Backup for Microsoft Azure」の一般提供開始を発表しました。これにより、企業やサービスプロバイダーは、より多くのアプリケーションおよびデータをクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」に移行し、高い投資対効果でセキュアかつ簡単にクラウドプラットフォーム上のアプリケーションとデータを保護できるようになります。さらにVeeamの移行可能なバックアップフォーマットにより、マルチクラウド環境全体にわたるバックアップ、リカバリ、マイグレーションといった包括的なCloud Mobilityが実現します。

Microsoft Azureをはじめとするパブリッククラウドプラットフォームが提供するIaaS(Infrastructure as a Service)は、本番ITワークロードの適用に伴い急速に増加し続けています。パブリッククラウドIaaSでも、インフラストラクチャのアップタイムはサービスプロバイダーが保証する一方で、企業は依然として、自社のクラウドデータそのものの保護に加えて、オンプレミスのデータと同様にランサムウェア、意図せぬ削除、データ破損、不正ユーザーといった脅威からのデータ保護を担う責任があります。Veeam Backup for Microsoft Azureは、Microsoft Azureのアプリケーションやデータのバックアップとリカバリをネイティブに行う包括的なエンタープライズ対応ソリューションを提供し、幅広いプラットフォームのサポートを強化します。

Veeamの最高技術責任者(CTO)であるダニー・アラン(Danny Allan)は、次のように述べています。「Veeamクラウド・データ・マネジメント・レポートによると、あらゆる企業がクラウドデータの損失を経験しています。それがエラーや意図せぬ削除、ランサムウェアやマルウェアなどのセキュリティ脅威、保持ポリシーのギャップのいずれによるものであっても、オンプレミスかクラウドかを問わず、お客様は自社のデータを保護する責任を負っています。VeeamとMicrosoftは、信頼性の向上、コストの削減、復元時間の短縮を実現するソリューションによって、ITプロフェッショナルが直面する課題や複雑さを軽減します。Veeam Backup for Microsoft Azureは、お客様のコスト管理ならびにさらなる削減を可能にするとともに、クラウド、仮想、物理的なアプリケーションやデータと並行してAzureを保護管理することで、クラウドデータのコントロールを可能にします。」

企業はVeeam Backup for Microsoft Azureにより、オンプレミス環境のVeeamプラットフォームと同じ信頼性をMicrosoft Azureにシームレスに拡張し、より多くのアプリケーションとデータを移行できます。Veeam Backup for Microsoft Azureのメリットは以下のとおりです。

  • Microsoft Azureとの統合強化によりAzure Marketplaceからのターンキー導入で数分以内にデータ保護を開始、さらに多くのリストアポイントに対するネイティブスナップショットの自動化、Azure Blob Storageへのバックアップ、高速な完全復元、ファイルレベルの復元。
  • クラウド/仮想/物理環境にわたってバックアップ、復元、移行を可能にするVeeamのユニークなポータブル・バックアップ・フォーマットにより、マルチクラウド環境でCloud Mobilityを実現。
  • 過剰な手数料や想定外の手数料を避けるためにポリシーを最適化する業界初のバックアップコストカルキュレーターによるクラウドのTCO削減と、投資対効果の高いAzure Blob Storageの長期的な保持を実現。
  • サブスクリプション間およびリージョン間のバックアップや、サイバー攻撃に対する防御レイヤーとしての多要素認証でセキュリティを向上させるために、バックアップデータを本番環境から分離

 

価格および提供開始時期

Veeam Backup for Microsoft Azureは、無償版と有償版のいずれもAzure Marketplaceから簡単に導入できます。無償版はリストアが無制限で、Azureで稼働する仮想マシンを10台までバックアップ可能です。有償版はVeeamユニバーサルライセンス(VUL)でのライセンス供与となり、単一プラットフォームでの柔軟性に優れたCloud Data Managementソリューション向けに、Veeam Backup & Replication™との統合が可能です。

コメント

日本マイクロソフト株式会社 ISVビジネス統括本部 統括本部長 野中 智史氏

「日本マイクロソフトは、この度のVeeam Backup for Microsoft Azureの一般提供開始を心より歓迎します。Veeamの調査によると、日本企業のデータマネジメントに関連する投資は拡大しているとのことです。Veeamのソリューションによって、日本企業は、シンプルかつ安全にデータやワークロードをMicrosoft Azureに移行し、クラウド上で保護・管理することが可能になります。Veeamソリューションでデータマネジメントを推進し、お客様のビジネスをさらに強化できることと確信します」

Microsoft Azure/Storage/Media/Edge担当コーポレート・バイス・プレジデント、タッド・ブロックウェイ(Tad Brockway)氏

「Veeam Backup for Microsoft Azureは、企業のいかなるクラウドデータ消失時にも、数分で簡単に復元できるようにします。また、Veeam BaaS(Backup as a Service)プロバイダーは、Azure Lighthouseとの統合により複数の顧客にわたる管理機能をAzureベースのバックアップソリューション上に構築して、顧客のコスト削減とクラウド移行を支援できるようになります」

ESG シニア・アナリスト、クリストフ・バートランド(Christophe Bertrand)氏

「ベンダー・ロックインを回避し、コスト節減を維持するために、企業はインフラストラクチャの多様化を続けています。ビジネスは、ワークロードがある場所を問わず、バックアップベンダーのサポートを信頼できなければなりません。Veeam Backup for Microsoft Azureのリリースによって、Veeamは動的なインフラストラクチャと進化する顧客ニーズのサポートに対するコミットメントを示し続けています」

Brainlink International CTO、ラジ・ゴエル(Raj Goel)氏

「Brainlinkのお客様は、マネージド・サービスプロバイダーとして生産性と効率性を向上させる一方で、データの確実な保護を求めています。Veeamの幅広いサポートとMicrosoft Azureとの統合という強力な組み合わせにより、手頃な価格で超高速のバックアップとリカバリを提供するAzure向けの戦略を実行できます。VeeamのVeeam Backup for Microsoft Azureによるサポート拡大を大変嬉しく思います。これにより、Azureで稼働する仮想マシンをネイティブに保護するとともに、お客様が期待するセキュリティと投資対効果を実現するために、さらなるポートフォリオ拡大が可能になります」