https://login.veeam.com/jp/oauth?client_id=nXojRrypJ8&redirect_uri=https%3A%2F%2Fwww.veeam.com%2Fservices%2Fauthentication%2Fredirect_url&response_type=code&scope=profile&state=eyJmaW5hbFJlZGlyZWN0TG9jYXRpb24iOiJodHRwczovL3d3dy52ZWVhbS5jb20vanAvbmV3cy92ZWVhbS1yZWFjaGVzLTQwMDAwMC1jdXN0b21lcnMtYXMtZGF0YS1iYWNrdXAtbGVhZGVyLWVuYWJsZXMtZW50ZXJwcmlzZXMtdG8tcHJvdGVjdC1tYW5hZ2UtYW5kLXVubGVhc2gtdGhlaXItZGF0YS5odG1sIiwiaGFzaCI6IjI1YmRmNzdhLTE2ZDEtNDk0NS04OGE2LTcyM2IyYmRjMmI3YSJ9
 

・サブスクリプションが飛躍的に増加、市場をリードする成長を継続 ・Kasten買収により新たにKubernetes関連技術をプラットフォームに追加

クラウド・データ・マネジメント™を実現するバックアップ・ソリューションのリーダー企業であるVeeam® Software(以下 Veeam)は、2020年第3四半期業績を発表しました。年間経常収益(ARR)は前年同期比21%増と、引き続き2ケタ成長を遂げています。Veeamの顧客数は全世界で40万社を突破し、中核となるデータセンターのバックアップおよびリカバリー市場でシェアを獲得し続けています。一方で、企業内のクラウド上でのデータ保護ニーズに応える新しいソリューションを採用し、成長を加速させています。Veeamで最も急成長している製品であるVeeam Backup for Microsoft Office 365は、製品成長が前年同期比85%と力強い成長を続けています。

IDCが発表した最新の「20年上期IDC Semi-Annual Software Tracker for Data Replication & Protection」は、上位5社やその他のベンダー、市場全体の平均値と比べてVeeamが、前年同期比最速ペースで売上の伸びを達成したと示し、Veeamの成長軌道を明らかにしています。

Veeamの最高経営責任者(CEO)であるビル・ラージェント(Bill Largent)は次のように述べています。

「私たちは、人だけでなく、データがビジネスにとって最も重要な資産であることを理解しています。お客様がデータを保護できるよう支援することが、私たちの使命です」

「クラウド、サイバーセキュリティ、モダン・データ保護は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進基盤を形成する3つの柱です。これらは組織におけるデータパワーの発揮、豊かな顧客体験の提供を可能にします。Veeamは、クラウド、Kubernetesを問わず革新を続け、一歩先をリードし続けています。今回のKastenの買収がその証となり、第3四半期の業績は非常に好調でした。お客様のニーズに合わせた新しいソリューションを発表し続けるとともに、2020年が有終の美を飾れることを楽しみにしています」

Veeamは、Kubernetes環境向けのデータバックアップや災害復旧(DR)市場のリーダー企業Kastenの買収を通じ、今後クラウド・データ・マネジメント・プラットフォームに統合していきます。これにより企業のデータマネジメントは抜本的に簡素化されます。企業のオペレーションチームは、KastenのK10データマネジメントプラットフォームによって、Kubernetesバックアップおよびアプリケーションモビリティのための使いやすく、拡張性があり、安全なシステムと、唯一無二のシンプルな運用を実現できるようになります。

このようなコンテナ環境自体やKubernetesに深く統合されたデータのマネジメントに対する重要性の高まり、さらに品質向上のためのDevOps拡大が、インフラの拡張性のニーズを高めていくとVeeamは考えています。さらに、運用においては、日常業務の負荷を減らしつつ、アプリケーションデリバリーの高速化をいかに実現していくのが課題になっていくとも考えています。

ビル・ラージェントは、「Veeamは、仮想化およびクラウド環境におけるデータ保護のリーダー企業となっています。Veeamとしてはクラウドとコンテナに注力する第2幕『Act II』に移行しており、お客様のデータをしっかり保護して、お客様がデータを利活用し、競争優位性を勝ち取ることを支援していくことをこれからも続けていきます。そして新たな人材の登用を促進し、社内の昇進も継続して組織力をさらに高めていきます」と述べています。

その他の2020年第3四半期業績

l  VeeamのCisco、HPE(Hewlett Packard Enterprise)、NetApp、Lenovoとの技術提携再販契約は前年同期比17%を記録し、その契約数は前四半期比20%伸長。

l  2月の提供開始以来、50万人以上のお客様がVeeam Backup and Replication™ v10をダウンロードしています。v10には、最新のNASサポート、インスタントVMリカバリ、ランサムウェア対策の強化など150以上の新機能と機能強化を加え、クラウド・データ・マネジメントの可用性、ポータビリティ、拡張性を向上させるデータ保護機能を実現しています。

l  Veeamは「Forbes Cloud 100」に5年連続の選出。

Bessemer Venture PartnersとSalesforce Venturesが発行する米Forbes誌が発表する世界の民間クラウド企業トップ100社の重要ランキング

l  Veeamは世界中で40万社の顧客を獲得。Fortune Global 500企業の83%、Forbes Global 2000企業の69%がVeeamを採用。

コメント

IDCリサーチ・ディレクター フィル・グッドウィン(Phil Goodwin)氏

「現在進行中のパンデミックおよび、パンデミックが世界中の企業や個人に与えた課題があるにもかかわらず、Veeamは成長を加速させ、顧客基盤の拡大に成功しました。VeeamのKasten買収には、クラウドネイティブのコンテナアプリケーションや仮想または物理ワークロードといったアプリケーションの種類を問わず、データとアプリケーションを保護するための単一ソリューションを求める顧客の需要の高まりに対応するVeeamの方向性が表れています」

アルファバンク ITシステム部門アシスタントマネジャー エフティミオス・ベカス(Efthymios Bekas)氏

「Veeamは、銀行業務およびデータ保護、事業継続や障害復旧、法規制コンプライアンス、総保有コストといったビジネス上の最優先事項について、最小限の労力で最高レベルのサポートを提供してくれます」

DSMグループビジネスサービス ローカルビジネスアプリケーション部門デリバリーコーディネーター マーセル・ジャンセン(Marcel Janssen)氏

「100年以上の歴史を持つDutch State Mines(DSM)は、世界中で2万3000人の従業員を擁し、健康、栄養、素材分野の持続可能なソリューションに特化した、パーパスドリブンなサイエンス企業へと進化しました。Veeamとの提携により、物理、仮想、パブリッククラウド環境にわたるエンタープライズアプリケーションを保護する統合データ管理プラットフォームを組織的に整備しました。さらに、Veeam v10の強化機能により、アップタイムおよびデータ復旧性が確実になり、お客様の健康と幸福に役立つ製品の提供にいっそう自信をもって集中できるようになりました」

Hertz IT システムマネジャー アサフ・フリード(Asaf Frid)氏

「災害時には、障害復旧サイトのレプリカにフェイルオーバーし、プロダクションサイトにフェイルバックして、迅速にビジネスを再開することができます。Veeamなしでは、どうしたらよいかわかりません」

欧州ラボバンク ストレージ&コンピュートマネジャー コリン・シャトリエ(Colin Chatelier)氏

「Veeamは、銀行業界のお客様のニーズを満たすために必要なエンタープライズ向けの拡張性と成熟した製品を提供してくれます。お客様が100%のデータ保全性を期待する中、Veeamはそれを実現する能力を支えてくれています」

Shell Information Technology International  Functional Expert PCD-IT  ニルス・スパイアード(Niels Spieard)氏

「世界に通用する安全かつ信頼性の高い生産オペレーションは、シェルのビジネスの中核となるものです。生産オペレーションを直接監視、制御、保護するプロセス・コントロール・ドメイン(PCD)アプリケーションは、効率的な世界水準のパフォーマンスを実現するために重要なものです。Veeam v10の物理から仮想へのリストア機能には、特定のハードウェアに固定されることなく、業務を再開する柔軟性があります」