新登場 Veeam Availability Console

仮想、物理、クラウドベースのワークロードにオールインワンの管理と可視性を

お客様のVeeamアベイラビリティ・ソリューションを

無償で容易に展開、管理、監視

ITとアベイラビリティのインフラストラクチャの管理にかかるコストの削減や時間の短縮には、あらゆる組織が強い関心を抱いており、それを実現する手段として実証されているのが、マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)のスキルの活用です。実際に、Microsoftの委託で451 Researchが実施した調査1では、マネージド・サービスを利用する回答者の56%が、2017年中にマネージド・バックアップ・サービスの活用を計画していると答えています。

今すぐ開始する

ステップ1: Veeam Cloud & Service Providerプログラムに申し込みます。 無償です!
ステップ2:承認後に、 無償のレンタル・キーを取得します
ステップ3: プライベート・インフラストラクチャまたはパブリック・クラウドに展開します

すでにVCSPの場合無償キーを今すぐ入手する

サービス・プロバイダー向けの無償の、クラウド対応管理プラットフォーム

business_growth.svg

事業拡大に必要なものすべて

お客様の仮想、物理、クラウドベースのVeeamアベイラビリティ・ソリューションをプロビジョニングして管理することで、売上を伸ばし付加価値を創出

managed_backup.svg

マネージド・バックアップ・サ
ービスを容易に

お客様のバックアップとレプリカをマルチテナントのWebベースのポータルで一元的に管理、監視して、生産性と効率を最大化

visibility.svg

貴社とお客様の環境の完全な可
視性

お客様の仮想、物理、クラウドベースVeeamインフラストラクチャのリアルタイムの監視とレポート作成、さらには自動請求により、ビジネス全体を詳細に把握

マネージド・サービスのセットアップの簡素化

Veeam Availability Consoleの柔軟なインストール・オプションは、実績豊富なサービス・プロバイダーにとっても、これからサービスを開始する方々にとっても理想的です。自社のプライベート・インフラストラクチャへも、パブリック・クラウドへのパブリック・アプライアンスとしても展開できます。この組み込みのサービス・プロバイダー・ポータルにより、新規顧客のアカウント作成、サービスのプロビジョニング、および顧客への課金と請求の管理が今まで以上に簡単になります。 

Veeamバックアップ・エージェントを自動でリモートで展開

ネットワークベースのIP範囲の検出、Active Directory、または.csvファイルを使用することで、仮想、物理、クラウドベース、これらの混在を問わず、お客様のVeeam環境内の全コンポーネントを容易に検出できます。検出されると、Veeam Availability Consoleで簡単にエージェントを展開して、お客様の Veeam Backup & Replication™ 環境と Veeam Agent for Microsoft Windows 環境の可視化、管理、監視ができるようになります。

バックアップとレプリカのリモートでの監視と管理

単一の、強力な、WebベースのUIの中からお客様のバックアップ環境すべてを完全に可視化できます。さらにVeeam Availability ConsoleはVeeamクラウド・ゲートウェイの機能を活用するため、安全な単一ポートのTLS接続による、バックアップとレプリカのリモートでの監視と管理が簡単です。VPNは不要です。

自動化された費用請求サービス

複数のソリューションを統合したり、スプレッドシートの数字を手動で計算したりする必要はありません。強力なネイティブのレポート作成・費用請求エンジンによって、サービス・プロバイダーはビジネスとお客様について詳細に把握できます。サービスごと、またはお客様ごとに価格を設定するだけで、残りはVeeam Availability Consoleによって処理されます。

すでに自社のレポート作成アプリケーションや請求アプリケーションをお使いですか?Veeam Availability ConsoleのRESTful APIを使用すると、貴社のビジネスでお使いの他のアプリケーションに機能を簡単に統合できます。

マルチテナント方式のカスタマー・ポータル

バックアップ正常性の監視、クラウド・リポジトリ使用量の管理、請求書管理などの基本的なセルフサービス機能を備えた安全なマルチテナント方式のポータルを通じて、よくある電話やサポート・チケットが最小限に抑えられ、お客様が安心してサービスを利用し続けられます。ポータルに貴社のロゴを載せて、親しみやすくすることもできます。

Backup as a Service(BaaS)およびDisaster Recovery as a Service(DraaS)への 拡張

Veeam Availability Consoleは Veeam Cloud Connect Backup for Service ProvidersVeeam Cloud Connect Replication for Service Providers と緊密に統合されているため、お客様のアベイラビリティ・インフラストラクチャをリモートから監視して管理できるだけでなく、そのバックアップとレプリカをホステッド・クラウド・インフラストラクチャに送信することもできます。

リセラーとして自社のマネージド・バックアップ・サービス・ビジネスの立ち上げを ご検討中でしょうか?

自社のインフラストラクチャを使用する場合も、パブリック・クラウドを利用する場合も、競合との差別化や新たな収益源の確保に必要なものが、新製品 であるVeeam Availability Consoleにすべて揃っています。.

ただし、その前にVeeam Cloud & Service Provider(VCSP)プログラムに加入する必要があります。VCSPプログラムは、広範な成長中のVeeamクラウド・エコシステムに参入するための切符であり、マネージド・バックアップ・サービスの継続的収益を追加するのに有効な手段です。加入は無料で、わずか数分で済みます。購入義務はありません。
csp_partner_program_logo_portrait.svg
今すぐサインアップ

無料。書類不要。短時間で完了。

貴社では分散されたVeeam環境を一元管理する計画はありますか?

Veeam Availability Console for the Enterpriseは、サービス・プロバイダー向けの製品と同等の機能を備えているため、オンプレミス、ハイブリッド・クラウド、およびリモートのワークロードを容易に導入管理、監視できます。
1 451 Research, 2017 – Microsoft Hosting and Cloud Study