Veeam Cloud Connect

Veeam Backup & ReplicationのためのオフサイトバックアップとDRaaS

高速で安全なバックアップとDRを、お好きなクラウドに

Veeam® Cloud Connectでは、バックアップサービス(BaaS)プロバイダーやディザスタ・リカバリ・サービス(DRaaS)プロバイダーを利用して、バックアップやレプリカをオフサイトで簡単に保護することができます。2つ目のインフラストラクチャを管理するという複雑な作業や、それに関連するコストは発生しません。

操作は簡単で、グローバルに展開するVeeamのパートナーネットワークからサービスプロバイダーを選択して、バックアップジョブやレプリカジョブの実行先にクラウドを指定するだけ。わずか数クリックで完了します。個別のコンソールはなく、データは全ての段階において完全に暗号化されます。バックアップは専用のオフサイトリポジトリに保存するのと同じ安全性と機密性が確保されるため、あらゆるタイプのデータを徹底的に保護し、復元も簡単に行うことができます。

Product launch v11 - Veeam Cloud Connect

Veeamによる、エンタープライズクラスのバックアップと復元

Veeam Cloud Connectは、サーバーやワークステーション、クラウドなど、その保存場所を問わず、データを常に利用可能な状態で徹底的に保護。エンタープライズレベルの機能やSLAを犠牲にすることなく、シンプルで包括的なバックアップと復元を実現します。
1

オフサイトバックアップ

物理や仮想のバックアップを、ホストされるクラウドリポジトリにオフサイトで保護。詳細な可視性とエンドツーエンドのセキュリティも提供します。

2

ディザスタ・リカバリ・サービス(DRaaS)

VM全体でも、1つのファイルでも、わずか数クリックでオフサイトのクラウドリポジトリに高速かつ柔軟、安全にフェイルオーバーします。

サービスプロバイダー:お客様に合ったBaaSやDRaaSを構築

1

マルチテナント・クラウド・
ゲートウェイ

SSL暗号化で保護されたTCPポート1つで、パワフルなマルチテナントのクラウドバックアップとレプリケーションを実現します。

2

あらゆるワークロードを
バックアップ

クラウド、仮想、物理のワークロードに対応。高速で柔軟性と信頼性に優れたバックアップを一元的に管理できます。 

3

VMware Cloud Directorの統合

VMware Cloud Directorをネイティブにサポート。パワフルなセルフサービスのバックアップと復元機能を提供します。

エンドユーザー:クラウドへの高速かつ安全なバックアップとレプリケーション

1

データセンター向けBaaS

バックアップをオフサイトに格納することで、データの保持や安全なリカバリなどが可能。ハイブリッドクラウド戦略をシームレスに実行できます。

2

エンドポイント向けBaaS

クラウドに直接バックアップすることで、様々な場所で業務にあたるスタッフや分散されたインフラストラクチャを全て保護します。

3

DRaaSで実現する回復性

リモートのDRサイトへのサイト全体のフェイルオーバーやサイトの一部のフェイルオーバーも、場所を問わず、安全なWebポータルから何度かクリックするだけで実行できます。

BaaSとDRaaSでITの戦略的価値を築く
5つの方法

1

BaaSとDRaaSでは、組織が必要としている重要なサポートが提供されます。組織は全精力を維持管理に費やすことがなくなり、将来を見据えた活動に着手できるようになります。こちらのホワイトペーパーでは、BaaSソリューションやDRaaSソリューションへの投資によってITの戦略的価値の構築を可能にする5つの方法をご紹介します。

電子書籍

Conversational Disaster Recovery as a Service

1

ディザスタリカバリ(DR)ソリューションの構築と維持には、手間もコストも非常にかかります。 本ebookでは、DRとDisaster Recovery as a Service(DRaaS)について理解しておかなければならないことと、DRソリューションを管理するうえで、サービスプロバイダーと連携することが組織にどのようなメリットをもたらすかということを説明します。

ebookをダウンロード

FAQ

Baas、DRaaSとは何ですか?
バックアップサービス(BaaS)およびディザスタ・リカバリ・サービス(DRaaS)とは、バックアップデータをクラウドで保存したりリストアしたりする手法を用いる事業継続性ソリューションで、通常、サービスプロバイダーによって管理されます。BaaSおよびDRaaSソリューションでは、完全に管理、監視された安全な方法で重要データを守ることが可能で、オフサイトリポジトリの保守は一切必要ありません。
現在、Veeamを利用しています。Veeam Cloud Connectを使用するにはどうすればよいですか?

Veeam Cloud Connectは、Veeam Availability Suite™、Veeam Backup & Replication™、Veeam Backup Essentials™、Veeam Agent for Microsoft Windowsに含まれており、追加料金なしで利用できます。

利用の手順としては、まずVeeam製品を使用したサービスのディレクトリからサービスプロバイダーを選択します。次に、いくつかの簡単な手順に従ってバックアップジョブやレプリカジョブの実行先にクラウドを指定します。サービスの利用開始や技術面での不明点については、サービスプロバイダーがサポートいたします。また、その他データ保護戦略の構築や最適化に利用できる方法についてもご相談いただけます。

詳しくは、『テナント向けVeeam Cloud Connectガイド』を参照してください。

Veeamのサービスプロバイダーです。Veeam Cloud Connectを使用するにはどうすればよいですか?

サービスプロバイダーの場合、Veeam Cloud Connectを利用することでオフサイトでホストされるクラウドリポジトリを簡単に提供できるため、ユーザーはリカバリサイトの構築や保守をする必要もなく、クラウドの強みを利用することができます。

Veeam Cloud Connect Backupは、Veeam Cloud & Service Provider(VCSP)プログラムの登録パートナー様専用に提供している無償製品です。Veeam Cloud Connect Replicationについては、30日間無償でお試しいただける評価版をご用意しています。また、ライセンスは手軽で柔軟性の高いレンタルライセンスモデルを採用しています。

VCSPプログラムには、無料でご登録いただけます。購入の義務もありません。

30日間の無料評価版をダウンロード

VCSPプログラムの詳細はこちら

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

今すぐ評価版をダウンロード

アカウントをお持ちの場合はログインしてください
送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
Veeamの製品に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください