Google Cloudの
バックアップと復元

シンプルでスケーラブル、投資対効果とセキュリティにも優れた
Googleネイティブのバックアップと復元

今すぐ無料で導入

Compute Engineを10インスタンスまで無料でバックアップ

No.1のGoogle Cloudバックアップ

新バージョンのVeeam® Backup for Google Cloud Platform v2では、Googleネイティブかつ完全自動型のバックアップと復元で、Google Cloud Platform(GCP)データ全体の保護と管理が手軽に行えます。ネイティブのスナップショット、複数のオブジェクトストレージクラスへのバックアップ、柔軟な復元オプションを利用することで、コストを大幅に抑えながら、全てのGCPデータに対して、たとえ大規模なものであっても、データ消失のリスクを取り除くことが可能です。

Google Cloud向けのシンプルながらもパワフルなバックアップ

設定したらあとはおまかせ

ネイティブのスナップショットとバックアップをポリシーベースで自動化することで、Google Cloudバックアップがシンプルに。

高速で柔軟性のある復元

インスタンス全体から個々のファイルやフォルダまで、ほぼゼロのRTOを実現。

超低コストのアーカイブストレージ

クラウドのコストをコントロールしながら、保持やコンプライアンスの目標にも対応。

優れたセキュリティとコンプライアンス

Google Cloudのベストプラクティスに対応。ランサムウェアやサイバー脅威から大切なデータを保護します。

ワンプラットフォーム

Google Cloudバックアップを、他のクラウド、仮想、物理、SaaS、Kubernetesの環境と一元管理。

クラウドモビリティ

クラウド、仮想、物理の環境をまたいだバックアップ、復元、移行。

ネイティブ、高い投資対効果、安全、ハイブリッド対応

Googleネイティブ

ネイティブのスナップショットを利用することで、エージェントがなくても驚くほど低いRPOを実現します。

シンプルなセットアップ

GCP Marketplaceから簡単に導入でき、データ保護をすぐに始められます。

完全な自動化

ポリシーベースの自動化とラベルで、大規模なデータも全て難なく保護できます。

迅速な復元

復元は柔軟性に優れており、インスタンスレベル、ボリュームレベル、ファイルレベルで可能。どんなデータ消失も迅速に解決します。

コスト計算

業界初のコスト計算ツールで、クラウドに係るコストの超過を防ぎつつもSLOを達成します。

低コストの階層化

スナップショットを低コストのストレージクラスに自動で階層化することで、保持とコンプライアンスの対応も可能。

プロジェクト間、リージョン間

本番環境からバックアップを分離することで、組織内外の脅威からデータを安全に守ります。

権限チェック

バックアップや復元の操作に関するクラウドのIAM権限について、検証や修復も簡単に実行。

RESTful API

Google Cloudのバックアップをほかのワークフローやアプリと統合して自動化します。

アプリやデータのモビリティ

制限のないデータポータビリティで、GCPやオンプレミス、その他パブリッククラウドの間を自由に移動できます。

マルチクラウド対応

ほかのワークロードと共にGoogle Cloudのバックアップも1つのプラットフォームで一元管理できます1

最新リリース

マルチクラウド対応

ほかのワークロードと共にGoogle Cloudのバックアップも1つのプラットフォームで一元管理できます1

超低コストのアーカイブ
ストレージ

GoogleネイティブのバックアップをGoogle Cloud Archive Storageに自動で階層化することで、最も低コストの保持が可能に。

RESTful API

独自のアプリやワークロードとGoogle Cloudのバックアップを安全に接続・統合し、管理できます。

1 Veeam Backup & Replication™ v11a以降と併用した場合

動作のしくみ

  • スナップショットやバックアップの自動化
  • GCP内での復元
  • GCP外での復元
  1. ポリシーベースによるスナップショットとバックアップの自動化
  2. Google Cloudのオブジェクトストレージクラスにバックアップを階層化
  1. スナップショットからCompute Engineインスタンス全体またはボリューム全体の復元がインプレースまたはアウトオブプレースで実行
  2. オブジェクトストレージのバックアップからCompute Engineインスタンス全体またはボリューム全体の復元がインプレースまたはアウトオブプレースで実行
  3. スナップショットからのファイルレベルの復元
  4. オブジェクトストレージのバックアップからファイルレベルの復元を実行
  1. オンプレミスのバックアップリポジトリへのバックアップコピーのジョブ
  2. インスタントVMリカバリ
  3. オンプレミスのVMに復元
  4. AWSまたはMicrosoft Azureに直接リストア

* Veeam Backup & Replication v11以降が必要です

パッケージと価格

  Veeam Backup for Google Cloud Platform
Veeam Backup & Replication
  Google内のみのGoogleワークロードをバックアップ・復元するスタンドアロンソリューション ハイブリッド/マルチクラウド環境のデータの保護と管理を統合する、No.1のバックアップと復元ソリューション

Google Cloudのバックアップと復元

   
クラウドコストの管理    
セキュリティとコンプライアンス    
無制限のデータポータビリティ    
ハイブリッド/マルチクラウド管理    
Veeam Backup for Google Cloud Platformは、GCP Marketplaceからのみご利用いただけます。無償版とBYOL版のご用意があり、導入はどちらも同じページから行います。

Google Cloudのバックアップと復元を他のワークロードと統合

Veeam Backup & Replication

ワンプラットフォームで、Google Cloudバックアップを、その他のクラウド、仮想、物理、SaaS、Kubernetesの環境と併せて、共通のパワフルなインターフェイスで一元管理

Google Cloud Platform向けのBackup as a Service(BaaS)

よくある質問

Google Cloudをバックアップするには、どうすればよいですか?

Google Cloud Platformデータのバックアップ方法を論じる際に取り上げられることが多いのが、クラウドネイティブのツールです。これを使うと、(VMの実行場所である)Compute Engineインスタンスを、Googleのネイティブスナップショットで保護できます。

GoogleのEngineインスタンスをバックアップするネイティブのサービスは存在していて、Google Cloud Platformをバックアップするためのエージェントベースのアプローチについては、数多くのベンダーが提供しています。しかし、クラウドでのデータ保護は必ずしも簡単ではなく、機能が限られているバックアップやレガシーバックアップを利用した場合、問題が生じる可能性もあります。

まず、Google Compute Engineインスタンスのスナップショットは、実質的にバックアップではなく、長期にわたるデータの保持や復元に利用できません。古いスナップショットは、Google Cloud Storageでの保持期間が数日を超える場合、コストも高くなります。スクリプトを手動で作成して、Google Cloudインスタンスのスナップショットをスケジュールに従って自動的に取得するという手法は、特に大規模な環境の場合、短期間できわめて複雑なものになる可能性があります。

次に、エージェントの場合はリソース集約型の環境が必要になるため、エージェントベースのアプローチでGoogle Cloud Platformをバックアップするという選択肢は、最善とは言えません。エージェントは適切にスケーリングすることが難しく、追加的なCompute Engine領域も必要になります。

Veeam Backup for Google Cloud Platformでは、Compute Engineインスタンス(および接続されたディスク)を対象として、仮想マシン(VM)の設定を含め、スナップショットとバックアップの作成と管理を自動で行えます。バックアップチェーンは、イメージレベルのバックアップ、またはスナップショットで作成できます。全体のスナップショットが最初に作成され、その後の各スナップショットには、変更部分のみが増分として格納されます。Veeamでは、Google Cloudのバックアップにエージェントを使用していません。代わりに、Veeamによるバックアップのイメージデータをスナップショットから生成する間、またはリストアの実行中に限って、ワーカーと呼ばれる一時的なインスタンスが導入されます。

イメージレベルのバックアップには、Google Cloud Platformデータのフルバックアップと増分バックアップを含めることが可能です。

スナップショットとバックアップは、階層構造に整理してGoogle Cloud Storageに保存できます。なお、バックアップについては、必ず本番環境から隔離された場所に保存することをお勧めします。Veeam Backup for Google Cloud Platformは、プロジェクト間およびリージョン間のどちらのデータ階層化にも対応しているため、バックアップの保護が容易です。

復元に関しては、Veeam Backup for Google Cloud Platformでスナップショットとバックアップの両方からファイルをリストアできるため、ファイルレベルの復元をオンデマンドで迅速に実行できます。復元の実行中に起動されるワーカーインスタンスは、Google Cloudのスナップショットまたはバックアップに含まれているポイントインタイムに接続します。そこで提供されるWebコンソールとファイルシステムを使用して、必要なファイルを参照し、リストアすることが可能です。Google Cloud Platformでは、全体レベルまたはファイルレベルで復元を実行して、数秒で完了できます。

Google Cloud Platformにバックアップサービスは用意されていますか?

Google Cloud Platformでは、基盤となっているGoogle Cloud Platformインフラストラクチャのセキュリティと保護が保証されているほか、Google Compute Engineインスタンスのバックアップを実行するためのネイティブの手段が提供されています。これらの手段には、永続的なディスクスナップショットまたはマシンイメージを作成する機能が含まれます。スナップショットチェーンには、全体のスナップショットと後続の増分スナップショットが保持されます。また、スケジュールを作成して、Google Cloud Platformデータのスナップショットを定期的に取得することも可能です。

Google Cloud Platformのネイティブツールを使用すると、特定のVMのフル・イメージ・ファイルと増分イメージファイルも作成できます。

スナップショットまたはVMイメージを作成した後は、「cp」コマンドを使用して、それらのファイルを本番環境からGoogle Cloud Storageに移動します。

これらの方法は、ごく小規模の環境や、テスト用として指定されている環境の場合に便利です。ただし、規模が比較的大きな本番環境では、SLAと照らし合わせながら実施することが重要になります。Google Cloud Platformのバックアップと復元に関する堅牢な戦略を着実に実践するには、別のツールを導入しなければならない場合もあります。スナップショットとイメージのみでは、長期にわたって保持する場合や、古いスナップショットを数日間以上保存することが要件になる場合、最適な解決策と言えません。コストが短期間で上昇する可能性があるためです。スナップショットは、本番環境から自動的に隔離されることもありません。これは、セキュリティ上のリスクや、災害発生時のデータ消失リスクを生む原因になり得ます。最後に指摘すべき点として、Google Cloud Platform環境の規模を拡大する場合は、ファイルレベルの復元を含む高度な復元オプションと、スナップショット以外も対象になるスケジューリングオプションを導入することが必要です。

どのような支援をお求めですか?

販売

見積もりを依頼し、Veeam Softwareの詳細をご確認いただけます

テクニカル・サポート

Veeamの技術マニュアルで疑問に対する答えを見つけられます

Veeam R&Dフォーラム

ご利用のVeeam製品やソフトウェアに関するサポートを受けることができます

カスタムデモを申し込む

送信することで、Veeamのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を管理することに同意するものとします。
送信することで、Veeamの製品やイベントに関するお知らせを受け取ること、また、プライバシーポリシーに従ってVeeamが個人情報を管理することに同意したことになります。
Veeamの製品に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
次のメールアドレスに確認メールを送信しました:
  • 認証コードが間違っています。もう一度入力してください。
認証コードのメールを次のメールアドレスに送信しました:
コードを受信していない場合は、クリックして秒後に再送信してください。
コードを受信していない場合は、クリックして再送信してください。

ty icon

Thank you!

We have received your request and our team will reach out to you shortly.

OK

error icon

問題が発生しました。

時間をおいて、再度お試しください