Veeam Software 役員紹介

Veeam Softwareについて

役員紹介

William H. Largent

財務および報酬委員会会長

30年以上もの間いくつもの成長企業で運営に携わり、リーダーシップを発揮してきた経験豊富なWiiliam Largentは、Veeamの財務および報酬委員会会長を務めており、戦略面および財務面での意志決定を統括します。

2006年の創設以来、Veeamの成長に貢献しているほか、複数の企業において30年を超える運営およびリーダーシップの経験を有し、成長に導いてきました。Veeam入社前は、以前NASDAQ(米国の株式市場システム)で取引されていたApplied Innovation, Inc.のCEOを務めていました。Aelita Software社にも在籍し、現在はVeeamの経営陣である他の役員と共に同社の運営に携わり、最高執行および財務責任者を務めていました。Aelita入社以前は、Plug PowerのCFOを務め、Goldman, Sachs & Coを主引受会社として最初の株式公開を成し遂げ、1億5千万ドル以上の収入を得た実績があります。

Touche Ross & Co.(現在はDeloitte社)でキャリアをスタートさせ、Liebert Corporation社やMetatec Corporation社など、数々の企業で役員を務めました。

Peter McKay

共同最高経営責任者兼社長

共同最高経営責任者兼社長ならびに役員会の一員であるPeter Mckayは、Veeamのセールス、セールス・オペレーション、マーケティング、財務、および人事部門の責任者であり、Veeamを更なる発展へ導くことを目標としています。

Peter Mckayは、Veeamに入社する前は、VMwareのアメリカ地域の各部門で数々の優れたリーダーシップを発揮してきました。VMwareでは、セールス、エンドユーザー・コンピューティング、アメリカ地域担当副社長を務めた後、アメリカ地域担当最高執行責任者(COO)に昇格し、すべての市場開拓機能の整合性と統合の最適化に尽力し、アメリカ地域エンタープライズ担当上席副社長、そして最終的にはアメリカ地域担当上席副社長兼ゼネラル・マネージャーとなりました。

Peter Mckayは、2010年から2013年10月まで社長兼CEOを務めていたDesktoneの買収により、VMwareに加わりました。Peter Mckayは、2001年から2008年7月までセキュリティ・ソリューション・プロバイダーのWatchfire(2007年にIBMにより買収)、そして1998年から2001年までeCredit(Internet Capital Groupにより買収)に勤務しており、ベンチャー・キャピタルより支援を受けた2社で社長兼CEOを務めていました。また、Peter Mckayは、Insight Venture Partnersの“Executive-in-Residence”を務めていました。

Andrei Baronov

共同最高経営責任者兼共同創設者

Andrei Baronovは、世界をリードするシステム管理のエキスパートです。Veeam Softwareの共同最高経営責任者兼共同創設者として、製品戦略と研究開発を全面的に統括します。また、業界で有数の革新的かつ先見性のある製品ポートフォリオの一部を担当しています。

1997年、Veeamの社長兼CEOであるRatmir Timashevと共同でAelita Software社を創設しました。Baronovの専門知識と洞察力により、革新的なアーキテクチャとコア技術に基づいた製品ファミリを作り出すことができました。これらの製品は数々の賞を獲得し、競合他社製品の先駆けとなりました。

2004年、Aelita社がQuest Software社に買収された後、Quest社のマイクロソフト事業部のR&Dディレクターの地位に就き、ロシア製品開発チームを主導してきました。Timashevと協力してABRT Venture Fundを運営している間も、知識を積み上げ、仮想化などの新しい分野の研究を怠りませんでした。Veeam初の仮想サーバー管理製品であるFastSCPは、業界で広く受け入れられ、BaronovによるAvailability for the Always-On Enterpriseのビジョンは、現在では世界各国の20万社を超える企業に採用されています。

1990年、モスクワ物理工科大学で修士号を取得。1995年同大学で物理技術学の博士号を取得。

Ratmir Timashev

共同創設者

マーケティングおよびコーポレート開発担当上席副社長

Ratmir Timashevは、すでに実証済みのビジネス手腕に加えて、先見の明のある技術知識や市場ビジョンを合わせ持つ類まれなる人物です。20年以上にわたって起業家としての経験を積み上げ、テクノロジー企業を成功に導くための助言や投資を行っています。Timashevは、Veeam Softwareの共同創設者兼マーケティングおよびコーポレート開発担当上席副社長として、Veeamの潜在市場規模(TAM)を拡張し、マーケティング計画と戦略の実行においてVeeamグローバル・マーケティング組織を構築し先導するべく、買収と投資における戦略とプロセス実行の責任を担っています。

Timashevは1997年、数々の賞を獲得したWindows Serverシステムの管理ソフトウェアを開発していた企業である、Aelita Software社を創設しました。Aelita社は2004年にQuest Software社に買収されましたが、同社の製品と戦略はQuest社に引き継がれ、その成功を確実なものとしました。その後、最新の仮想化データセンター・インフラストラクチャ向けに同様のシステム管理ソリューションを提供するために、Veeam Softwareを創設しました。Timashevのビジョンと意欲により、ここ10年でVeeamは世界最大の民間ソフトウェア企業の1社となり、全世界で3,000名の従業員を抱え、2018年の収益は10億ドルに達すると予想されています。Veeamは、Availability for the Always-On Enterpriseという新しい市場カテゴリを作り出すことで、データ管理とデータ保護のリーダー兼革新的プロバイダーとなりました。

Timashevは、1995年にオハイオ州立大学で化学物理学の修士号を取得しています。今もなお、その知識やアイデアを広め、世界中の革新的なITソリューションに刺激を与え続けています。

Mark Faris

最高財務責任者

最高財務責任者を務めるMark Farisは、Veeamの財務及び管理面を担当するだけでなく、Veeamグループが新しい地域の市場に参入するための支援も行っています。ハードウェア事業、ソフトウェア事業、サービス事業など、IT業界の幅広い分野で15年以上も財務担当役員を務め、豊富な経験を持っています。

Veeam入社以前は、Citrix Systems社で国際ビジネス(EMEAとAPAC)の上級財務ディレクターを務めていました。それ以前は、Sun Microsystems社(現在は、Oracle社の一部)に8年間在籍し、財務部門で数々の役職を歴任し、リーダーシップを発揮しました。それまでの経歴としては、Hewlett Packard社で財務マネージャーを務めたこともあります。

また、PricewaterhouseCoopers社にも11年間在籍し、保険とコンサルティングの分野でさまざまな役職を歴任しました。ヨハネスブルグのウィットウォータースランド大学で商学士の(優等)学位を取得し、公認会計士の資格を保有しています。

Funda Saltuk

最高人事責任者

作为 Veeamの最高人事責任者を務めるFunda Saltukは、採用プロセスの管理と強化や社員教育プログラムの開発促進など、グローバル人事に関わる日常的な業務の管理を行います。また、経営上層部の一員として、人事担当職全般を統括します。

Veeam入社以前は、Alcatel-Lucent社に8年間勤務し、人事管理の分野では20年以上もの経験があります。ドクズ エイリュル大学卒業。経営工学の学士号と修士号を取得しています。